TOP > エンタメ・雑学 > 2016年7月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年7月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年7月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
戸崎騎手とデムーロ騎手が2週連続の重賞勝ちを決めた先週の競馬界。一方その頃…あの馬は?1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】ダンビュライトが5馬身差の圧勝V

inyofu 7月9日、中京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー中京(新馬、芝1600m)は、道中先団を見る形で運んだ3番人気ダンビュライト(牡2、栗東・音無)が、3~4コーナーにかけて抜群の手応えで進出。直線入り口であっという間に先頭に立つと、最後は流す余裕を見せて初陣を飾った。勝ちタイムは1分40秒7(不良)で、鞍上は松若騎手。
動画を見る
ルーラーシップ産駒のダンビュライトが新馬戦で圧勝劇を演じた。いとこにはマリアライトやリアファルがいる良血で、最後の直線でも力強く脚を使って後続を圧倒した。話題の母系に話題の新種牡馬と注目度が高いダンビュライト、今後の活躍が楽しみだ。

【JRAサマーシリーズ】七夕賞を制した戸崎騎手が暫定1位に浮上!

inyofu ■サマージョッキーズシリーズ
1位 戸崎圭太騎手    11pt(七夕賞/1着、函館スプリントS/7着)

2位 M.デムーロ騎手   10pt(CBC賞/1着)
2位 丸田恭介騎手    10pt(函館スプリントS/1着)

4位 藤岡康太騎手     7pt(函館スプリントS/4着、CBC賞/3着)

5位 岩田康誠騎手     5pt(函館スプリントS/2着)
5位 小牧太騎手      5pt(七夕賞/2着)
5位 松若風馬騎手     5pt(CBC賞/2着)

8位 内田博幸騎手     4pt(七夕賞/3着)
8位 吉田隼人騎手     4pt(函館スプリントS/3着)

10位 柴田大知騎手    3pt(七夕賞/4着)
10位 C.ルメール騎手    3pt(CBC賞/4着)
暫定リーディングジョッキーの戸崎圭太騎手が、サマージョッキーズシリーズでも暫定首位に躍り出た。2位には重賞連勝中のデムーロ騎手がランクインしており、1週毎に大きな順位の変動があるだろう。

藤田菜七子騎手 園田競馬初参戦も落馬で2鞍乗り替わり

inyofu 7月6日、園田競馬に初参戦となった藤田菜七子騎手(18、美浦・根本)は計2鞍に騎乗した。第7Rでは3番人気クリノエベレスト(牡6)の手綱を握り、勝負どころ手前から外を回って一気に進出。直線では渋太い脚で勝ち馬を追い詰めクビ差2着と奮戦し、観客を沸かせた。が、その直後にクリノエベレストから振り落とされ左足を負傷。痛みが激しいとのことで、予定していた残りの2鞍は乗り替わりとなっている。
中央、地方を含めて関西圏は初見参となった藤田菜七子騎手だが、園田競馬7Rで2着入線後に落馬する事態となった。その際、左足を負傷した為、予定していた残りの2鞍は乗り替わり。幸い大事には至らなかったが、今週末の中央競馬での騎乗に関しては未定となっている。

セレクトセール2016落札馬ニュース

inyofu 日本最大級の競走馬セリ市・セレクトセールが開幕し、本日は1歳馬のセリが行われている。16時15分現在、1億円を超えた落札馬は13頭で、うち10頭がディープインパクト産駒。
inyofu 母はBCジュヴェナイルフィリーズを勝ち、米2歳女王に輝いた名牝。オーサムフェザーの2015(牡、父ディープインパクト)は、2億6000万円で株式会社KTレーシングが落札した。これがここまでの最高落札額。
inyofu 母がエイコーンSなどGIを2勝、叔父にベルモントSを勝ったルーラーオンアイスがいるシャンパンドーロの2015(牡、父ディープインパクト)は2億3500万円で株式会社キーファーズが落札した。
inyofu 母はBCフィリー&メアスプリントなど北米で12勝。ドバイマジェスティの2015(牡、父ディープインパクト)は、2億2000万円で株式会社ダノックスが落札した。
7月11日、日本最大級の競走馬セリ市・セレクトセールが開幕し大盛況のうち幕を閉じた。2億超えした3頭はすべてディープインパクト産駒で、この日の最高額は2億6000万円、またディープインパクト産駒以外にもキングカメハメハ産駒最高額が1億4000万円、ハーツクライ産駒最高額が1億1500万円と高額落札された。

雑誌には掲載されない花火大会

7月10日(日)レース開催のない東京競馬場では今年も地元ではおなじみの花火大会が行われた。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!7月10日の結果発表!

inyofu 函館12R
◎⑧パワーウーマン
○⑦フライングレディ
▲⑫マキシマムドパリ
△⑩エイシンノーティス
△①ベストセラーアスク
△③ヤマニンバステト
△⑤エテルナミノル

タフな中京で2連勝。洋芝も合いそう。前走函館勝ちのフライングレティも差のない対抗。
inyofu 中京12R
◎⑱ライザン
○②ダノンブライト
▲①スマートスペクター
△⑬メイショウラバンド
△⑭サトノワイバーン
△④ゲンキチハヤブサ
△⑪サプルマインド

ここ目標で最近の中では1番の出来。展開ハマれば面白い。
inyofu 福島12R
◎④キタサンガンバ
○⑪セルメール
▲③レッドマジュール
△⑩ノミネーション
△②ピュアノアール
△①リップルトウショウ
△⑧ハヤブサライデン

デビュー勝ちの1200メートルに戻るのは好材料。2戦連続二桁着順で人気落ちてれば面白い。
福島12Rでじゃいさん大爆発!
◎④キタサンガンバ 1着
▲③レッドマジュール 2着
△⑩ノミネーション 3着
で、単勝770円・馬連1,900円・三連単は36,910円と高配当を叩き出した!

2016年7月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
七夕賞では3番人気アルバートドック
プロキオンSでは1番人気ノボバカラ
がそれぞれ制した。
4走前の小倉大賞典は勝利したものの、近走では精彩を欠いていたアルバートドックが復活の狼煙をあげた。
様々な不利が叫ばれていたものの、蓋を開けてみれば強い競馬で押し切り、後続のダコールに半馬身差を付けて勝利。
今後は中距離路線を歩んで、秋の最大目標を天皇賞にする予定だという。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line