TOP > レース > 重賞2勝目アルバートドックが勝利!【第52回七夕賞】レース結果まとめ
レース

重賞2勝目アルバートドックが勝利!【第52回七夕賞】レース結果まとめ

2016年7月10日(日)福島競馬場で行われたG3【第52回七夕賞】のレース結果をまとめた。
馬キュレ

七夕賞はアルバートドックが優勝

inyofu 7月10日、福島競馬場で開催された第11R・七夕賞(GIII、芝2000m)は、道中中団に構えていた3番人気アルバートドック(牡4、栗東・須貝)が、勝負どころで先団めがけ一気に進出。直線半ばで抜け出すと、そのまま押し切り快勝した。勝ちタイムは1分58秒4(良)で、鞍上は戸崎騎手。半馬身差の2着は中団のインでロスなく運び、3~4コーナーで勝ち馬に連れるように動いた5番人気ダコール、2着に3馬身差の3着は後方待機からコーナーワークを利してインをスルスル進出し、直線は馬場の外めから渋太く伸びた11番人気オリオンザジャパンが入っている。なお、1番人気に支持されたシャイニープリンスは直線で伸びを欠き9着に敗れた。

▽配当
単勝8 590円
馬連4-8 2290円
馬単8-4 4250円
3連複4-8-12 2万4200円
3連単8-4-12 9万6740円
(8.アルバートドック、4.ダコール、12.オリオンザジャパン)

▽【アルバートドック】
父ディープインパクト
母ゴールデンドックエー
母父Unusual Heat
通算17戦5勝(うち重賞2勝)
動画を見る

レース後コメント 戸崎圭太騎手「踏ん張れると思っていた」

inyofu 「力のある馬だとは思っていましたが、位置取りが後ろになることがあったので、スタートを出ればいつもより前で競馬をしようと考えていました。最後は外からダコールが来ていましたが、この馬もリズム良くいい感じで走っていたので、踏ん張れると思っていました。2周連続で重賞を勝つことが出来てうれしいです」
小倉大賞典に続いて重賞2勝目での勝利を挙げた3番人気アルバートドック。鞍上の戸崎騎手は2週連続の重賞制覇であった。

能力は足りてる ダコール

inyofu 小牧騎手(ダコール=2着)「能力は十分足りているけど、(自分が)馬に負けている。どうしてもフワッとしてしまう。馬群の間を割るような競馬をした方がいいのかもしれない」
小倉大賞典と同じくアルバートドックに敗れる形での2着だったダコール。次こそリベンジに期待したい。

よく頑張った オリオンザジャパン

inyofu 後方から上がり3F最速(35秒4)の末脚を繰り出して波乱を演出した。内田は「無理に付いていくと脚がなくなるので内を回った。上位2頭は強かったが、馬をほめてあげて」とパートナーの奮闘をねぎらった。
11番人気から見事3着に入賞をして波乱を演出したオリオンザジャパンであった。

その他着順&コメント

inyofu ▼4着マイネルラクリマ(柴田大)もう少し斤量が軽ければ。いい競馬をしてくれたので、まだ頑張ってくれるでしょう。

 ▼5着クリールカイザー(田辺)切れ味勝負になると分が悪い。ハンデの分もあったかな。

 ▼6着マーティンボロ(鮫島駿)イメージ通りの位置で運べた。小回りコースにも対応できた。

 ▼7着バーディーイーグル(吉田豊)少し忙しかった。それでも最後は伸びてきている。

 ▼8着ルミナスウォリアー(柴山)中団から運びたかったが、進んでいかなかった。きれいな馬場でやらせてあげたい。

 ▼9着シャイニープリンス(北村友)体が絞れていたのに、動きが重苦しかった。

 ▼10着ヤマニンボワラクテ(藤懸)体が減っていたのは想定内だが、3角から手応えがなくなるような馬ではない。

 ▼11着メイショウナルト(津村)力んで走っていた分、最後お釣りがなくなった。

 ▼12着マジェスティハーツ(森助手)スタートを出たら前で運ぶつもりだったみたいだが、モタれて進んでいかなかったようだ。

 ▼15着ステラウインド(蛯名)狙った競馬をしたが、いい頃の感じではないのかな。

 ▼16着ナカヤマナイト(柴田善)3角から手応えがなかった。

七夕賞を制したのは3番人気、重賞2勝目のアルバートドックであった。2着には小倉大賞典でも同じ着順だったダコールが入賞、3着は「七夕」賞ということで星つながりで11番人気オリオンザジャパン(オリオン座)が入賞した。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line