TOP > JRA競馬場/WINS > 【2016年セレクトセール】高額馬続出!結果まとめ
JRA競馬場/WINS

【2016年セレクトセール】高額馬続出!結果まとめ

毎年恒例の『セレクトセール』ですが、7月11日・12日の日程で開催された今年も大盛況!
2日で約150億の総売り上げも、1頭あたりの平均落札価格約3831万円も過去最高額をマーク。億超えの馬も続々登場し、計23頭となっています!

というわけで今回は、2億超えの馬の落札者6名と、1億超えの馬を落札した中から特に目立った3名が『他にどんな馬を落札しているか』をまとめてみました。
かなり血統の良い馬も多いですが、果たしてこの中に【未来のダービー馬の馬主】はいるのでしょうか・・・・・?
馬キュレ
動画を見る
動画を見る

落札者⇒里見治氏(冠名『サトノ』)

【落札額2億8000万円】イルーシヴウェーヴの2016(牡・父ディープインパクト)
【落札額2億8000万円】マルペンサの2016(牡・父ディープインパクト)
【落札額1億7000万円】シャムロッカーの2015(牡・父ディープインパクト)
【落札額1億2500万円】クリームオンリーの2015(牡・父ディープインパクト)

事前に『【2016年セレクトセール】高額落札が予想される馬まとめ』で予想していたとおり、フランス1000ギニー勝ち馬イルーシヴウェーヴの2016とマルペンサの2016(サトノダイヤモンドの全弟)が揃ってセール最高額をマーク。両方とも『サトノ』でお馴染みの里見氏の所有馬となりました。
里見氏は他にも

【落札額8000万円】トレアンサンブルの2015(牡・父キングカメハメハ)
【落札額8000万円】カトマンドゥの2016(牝・父ディープインパクト)
【落札額7000万円】クライウィズジョイの2015(牝・父ディープインパクト)
【落札額6200万円】ミスエマの2016(牡・父ディープインパクト)
【落札額6000万円】ビタースウィートの2016(牡・父ディープインパクト)
【落札額3500万円】ライジングクロスの2015(牡・父ダイワメジャー)
【落札額3200万円】キャッチザゴールドの2016(牡・父ノヴェリスト)
【落札額2700万円】オルトリンデの2016(牡・父ノヴェリスト)
【落札額2600万円】ハニーパイの2015(牡・父シニスターミニスター)

など、『父ディープインパクト』を中心に大量落札。
総額13億2700万円(税抜き)、本気でダービーを狙っていることが非常によく解る布陣となっています。

落札者⇒(株)KTレーシング

【落札額2億6000万円】オーサムフェザーの2015(牡・父ディープインパクト)
【落札額1億円】プリティカリーナの2016(牡・父オルフェーヴル)

2010年アメリカ2歳女王の仔でディープインパクト産駒の「オーサムフェザーの2015」と、オルフェーヴル産駒の「プリティカリーナの2016」。
落札した(株)KTレーシング(代表・黒川哲美氏)は比較的最近参入してきた新進気鋭の馬主で、今回は他にも

【落札額8200万円】フィロンルージュの2016(牡・父キングカメハメハ)
【落札額7200万円】レーゲンボーゲンの2015(牡・父ルーラーシップ)
【落札額7200万円】ムーンライトダンスの2016(牡・父ハーツクライ)
【落札額5400万円】ダートムーアの2016(牡・父ゴールドアリュール)
【落札額4900万円】ガラアフェアーの2016(牝・父ルーラーシップ)
【落札額2900万円】ステージヴァージンの2015(牡・父ドリームジャーニー)

と、ディープインパクト産駒以外の馬を多数落札していました。

落札者⇒大塚亮一氏

【落札額2億4000万円】マンデラの2016(牡・父ディープインパクト)

大塚亮一氏が今回のセールで落札したのは「ワールドエースの全弟」であるこの1頭のみ。それもそのはずインタビューによると大塚亮一氏はこの馬が『思い入れのあるワールドエースの全弟だから』欲しかったそうで(サンデーレーシングで募集されていたワールドエースの一口馬主で、命名も大塚亮一氏とのこと)、他の良血馬には目もくれず、この馬1頭に全力投球。無事に落札となりました。

落札者⇒(株)キーファーズ

【落札額2億3500万円】シャンパンドーロの2015(牡・父ディープインパクト)

現役所有馬が10頭に満たない新進気鋭の馬主、(株)キーファーズ。落札後に「武豊騎手で凱旋門賞に行きたい」と話していましたが、所有馬の鞍上が『ほぼ武豊騎手(たまに武幸四郎騎手、どちらもいなかった今年7月2日の函館で初めて藤岡佑介騎手を起用)』という徹底した【武兄弟最優先主義】でも知られています。他には

【落札額3300万円】ファニーストーリーの2015(牡・父スマートファルコン)

を落札。こちらも恐らく鞍上は武豊騎手でしょう。

落札者⇒島川隆哉氏

【落札額2億3000万円】カンビーナの2016(牡・父ディープインパクト)

今年のセレクトセールではかなり後半になるまで島川隆哉氏の落札が無かったため、「過去に落札した高額馬を使った自家生産に本格移行か!?」などと言われていましたが、一発目の落札がこちらの高額馬で存在感をアピール。この落札を皮切りに「島川隆哉」名義で

【落札額5400万円】ブライトメッセージの2016(牡・父ヴィクトワールピサ)
【落札額2100万円】ローズジプシーの2016(牝・父ヴィクトワールピサ)
【落札額850万円】アドマイヤラックの2016(牡・父トーセンジョーダン)
【落札額500万円】フェリスホイールの2016(牡・父トーセンジョーダン)

の4頭を続々落札。経営している会社(株)ジャパンヘルスサミット名義でも

【落札額2300万円】センティナリーの2016(牡・父キンシャサノキセキ)
【落札額1100万円】エンプレスティアラの2016(牝・父ジャスタウェイ)

の2頭を落札していました。ちなみにトーセンジョーダン産駒は2頭しか上場されていなかったので買い占め状態です。

落札者⇒(株)ダノックス(冠名『ダノン』)

【落札額2億2000万円】ドバイマジェスティの2015(牡・父ディープインパクト)
【落札額1億8000万円】セリメーヌの2016(牡・父ディープインパクト)
【落札額1億6000万円】ゼラスキャットの2015(牡・父ディープインパクト)

冠名『ダノン』でお馴染みの(株)ダノックスは、億超えのディープインパクト産駒を3頭落札。他にも

【落札額8800万円】マンビアの2016(牡・父Kingman)
【落札額5000万円】マネーペニーの2015(牡・父ディープインパクト)
【落札額4100万円】メジロシャレードの2015(牡・父シンボリクリスエス)
【落札額3700万円】デアリングワールドの2015(牡・父スクリーンヒーロー)
【落札額2000万円】ファイブスターの2016(牡・父ロードカナロア)

といった注目牡馬を多数落札していました。ちなみに奥方の野田みづき氏(冠名『ミッキー』)も

【落札額6800万円】ブロームフォンテンの2016(牝・父ディープインパクト)
【落札額6200万円】マラコスタムブラダの2016(牡・父ブラックタイド)
【落札額5600万円】レディドーヴィルの2015(牡・父オルフェーヴル)
【落札額5200万円】エピックラヴの2016(牡・父ディープブリランテ)
【落札額4700万円】スターシンフォニーの2015(牝・父ルーラーシップ)
【落札額4500万円】ディナシーの2016(牡・父ノヴェリスト)
【落札額4200万円】ローザボニータの2015(牡・父ノヴェリスト)
【落札額4000万円】メジロルバートの2015(牡・父ヴィクトワールピサ)

・・・・・と、億単位の超高額馬こそいないもののなかなか面白そうな血統の馬を多数落札。クラシック路線で『ダノン』対『ミッキー』の夫婦対決が起きるかも・・・・・?


『2億超えの馬』の落札者は以上となります。
1億超えは数が多いため、『複数落札』『有名馬主』『注目血統』に絞って3名を紹介いたしましょう!


落札者⇒(有)ビッグレッドファーム(冠名『コスモ』)

【落札額1億7000万円】ホエールキャプチャの2016(牡・父オルフェーヴル)

両親ともにGI馬、サンデーサイレンスの3×3という注目血統のこの馬を落札したのは、『マイネル軍団』を率いる岡田繁幸総帥でした。コスモ冠名で総帥個人の馬になることもあるビッグレッドファーム名義での落札ですが、どうやら『マイネル軍団』入りが内定しているとか。一口投資したい人は動向に要注目ですね!
なお他にも(有)ビッグレッドファーム名義で

【落札額4,500万円】エーシンメンフィスの2015(牡・父オルフェーヴル)
【落札額1,600万円】マーゼリンの2015(牡・父ハーツクライ)
【落札額800万円】エーピーサルートの2015(牡・父ネオユニヴァース)

の3頭を、系列の(有)コスモヴューファーム名義で

【落札額1,200万円】リバランの2016(牡・父ジャスタウェイ)
【落札額1,100万円】ガッツマンテンの2015(牡・父スクリーンヒーロー)

の2頭をそれぞれ落札しています。

落札者⇒金子真人ホールディングス(株)

【落札額1億4000万円】ランニングボブキャッツの2015(牡・父ヘニーヒューズ)
【落札額1億4000万円】ミラクルレジェンドの2015(牡・父キングカメハメハ)
【落札額1億1500万円】ハヤランダの2015(牡・父ハーツクライ)

今年のダービー馬マカヒキの他、ディープインパクトやキングカメハメハといった現人気種牡馬を多数所有。あまりにも良い馬が多いせいか、金子氏が落札しようと手を挙げただけで「あの馬は走るに違いない!」と競りかけて来る人がいるほどだとか・・・・・。

【落札額9400万円】シャムロッカーの2016(牡・父オルフェーヴル)
【落札額8600万円】アガルタの2015(牡・父マンハッタンカフェ)
【落札額7000万円】カリフォルニアネクターの2016(牡・父ハーツクライ)
【落札額7000万円】ペイトンドーロの2016(牡・父ディープインパクト)
【落札額6800万円】マンドゥラの2016(牡・父マンハッタンカフェ)
【落札額5400万円】モンローブロンドの2015(牡・父ロードカナロア)

2億超えこそいないものの、1億台が3頭。他の落札馬も実績豊富な手堅い種牡馬の産駒が多めですが、新種牡馬ロードカナロアと産駒未出走のオルフェーヴルが1頭ずついるのが気になります。もしかしてこの2頭が『セールに出ていた産駒の中で一番良く見えた馬』なのでしょうか・・・・・!?

落札者⇒近藤利一氏(冠名『アドマイヤ』)

【落札額1億4000万円】アドマイヤテレサの2016(牡・父ジャスタウェイ)

アドマイヤテレサの2008年の産駒は、オーストラリアのコーフィールドCを制したアドマイヤラクティ。続くメルボルンC後に心臓発作を発症し日本に帰ってくることが出来ませんでしたが、馬主の近藤氏がどんな気持ちだったかはこの落札からも良く解ります。

【落札額3800万円】フサイチエアデールの2015(牡・父ノヴェリスト)
【落札額3400万円】エンジェルフォールの2016(牡・父ノヴェリスト)
【落札額3200万円】サザンスピードの2015(牡・父ロードカナロア)
【落札額2800万円】コルカロリの2015(牡・父タートルボウル)
【落札額2100万円】ストレイトフロムテキサスの2015(牡・父ヴィクトワールピサ)

他の落札馬はノヴェリスト産駒やタートルボウル産駒など、一発がありそうな血統ばかり。高額馬を多数落札していた数年前とは違って渋い顔ぶれですが、だからこそ尚のこと『アドマイヤテレサの2016』が目立ちますね。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line