TOP > 競走馬 > 【2014年オークス】ハープスターに借りを返す! フォーエバーモア
競走馬

【2014年オークス】ハープスターに借りを返す! フォーエバーモア

阪神JFでは圧倒的一番人気ハープスターともタイム差なしの好競馬をしたフォーエバーモア。果たして今回は逆転することができるのか。
競走馬

上がり最速タイ! サフラン賞

動画を見る
フォエーバーモアが三番手好位のインにつけ直線で先頭に立ち快勝した。直線残り200mというやや早めに先頭に立ったものの上がり最速タイを使い駆け抜けた、好内容のレースであった。

あと一歩届かず… 阪神JF

動画を見る
inyofu 見せ場たっぷりの3着だ。道中は5、6番手で絶好の手応えだったフォーエバーモアが直線、いったん先頭へ。上位2頭の決め手に屈したが粘り強さが光った。蛯名は「ホウライアキコが前で踏ん張ってくれると思って併せにいったけど並んだら向こうは止まった。最後はその分かな」と悔しそう。鹿戸雄厩舎は昨年のレッドセシリアに続く3着でトレーナーは「勝ったかと思ったけどね」と苦笑い。今後は放牧を挟み、次走はクイーンC(2月15日、東京)が候補に挙がっている。
初重賞、初GIにあと一歩届かず涙をのんだフォーエバーモア。タイム差なしのクビプラスアタマ差に泣いた。しかしレース内容は抜群で、直線で上位二頭よりも早く先頭に立ち粘りこんだ。蛯名騎手が言うように他馬に併せに行ったところで相手の馬が止まっていなければ勝っていたのではないか、と思える内容である。上位二頭は桜花賞でも1、2着を独占する強豪なだけにハイレベルなレースであった。

クイーンC

動画を見る
フォーエバーモアが力の違いを見せつけた。スタート後2番手につけたもののややかかり気味であり、一瞬不安がよぎった。しかしそんな不安を最後はみじんも感じさせない脚を使い勝利した。結果的に2着マジックタイムにクビ差に迫られたが、もしきちっと折り合っていればもっと楽勝できただろう。この馬の底知れぬ力を予感させるレースであった。

東京は絶好の舞台!

フォーエバーモア競走馬データはこちら↓
オークスが行われる東京の舞台はフォーエバーモアにとって絶好の舞台である。フォーエバーモアは今まで東京で2戦し、共に勝利を挙げている。また新馬戦では新潟においても勝利している。つまり左回りは3戦して3勝、という最高の環境なのだ。この舞台ならば桜花賞の差を縮めることができるだろう。

調子は絶好調!? 条件は整った!

inyofu 鹿戸雄調教師「折り合いはつくタイプだし、父親がダービー馬ネオユニヴァース。少なくとも同世代の牝馬同士なら距離適性はむしろ上のはず。短期放牧でリフレッシュされて今は本当にいい状態。スムーズな競馬ができれば巻き返しは可能でしょう」
鹿戸調教師もオークス勝利に向け自信があるようだ。先のクイーンCではややかかり気味であったものの、その後の桜花賞ではきちっと折り合えていたし、もう心配はないだろう。そして血統的にも父親がダービー馬ネオユニヴァースであるフォーエバーモア。ダービーと同じ距離、舞台であるオークス。フォーエバーモアの適性は抜群である。

阪神JFではGIまであと少しで差され負けているフォーエバーモア。しかしタイム差はなく、圧倒的一番人気と思われるハープスターとも力差はないことを証明している。今回の舞台は今まで2戦2勝という絶好の舞台、東京。血統的にも父親がダービー馬であり、問題はないだろう。ハープスターに借りを返す条件は整った。あと一歩でGI載冠へ涙をのんだ借りを返すべく、フォーエバーモアの逆襲が始まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line