TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~函館編~【7月16日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~函館編~【7月16日版】

抱きしめて!ミスターP
どうも皆さんこんばんは。
覆面馬主・データの8号です。

まずは先週日曜日の函館で好走したミスターPを振り返りましょう!

1R・3着マイネルヘミニス(アイルハヴアナザー)
2R・1着トルシュローズ(アグネスデジタル)
2R・2着フレッシュギャル(サウスヴィグラス)
7R・2着マダムアグライア(ケイムホーム)
8R・1着ミッキーロケット(キングカメハメハ)
10R・2着アズマクィーン(アドマイヤムーン)
12R・1着マキマムドパリ(キングカメハメハ)

日曜日に紹介していたマイネルヘミニスやトルシュローズを含めて多くのミスターPが好走!特に2Rは上位独占!

そして、土曜日の函館に出走するミスターPは30頭!

エンパイアメーカー(5頭)
ワークフォース(5頭)
ヴァーミリアン(3頭)
キングカメハメハ(3頭)
サウスヴィグラス(3頭)
アイルハヴアナザー(2頭)
プリサイスエンド(2頭)

以上が複数頭の産駒が出走するミスターPの種牡馬たち。

では、気になるミスターPをご紹介します!

■アグネスデジタル産駒

函館1R・⑥フレンドパリ
前走の後で松岡騎手が“ダートの方が…”ということを言っていたみたいですね。芝5着の新馬戦からダートで変身の可能性を見込めるはずです。


■マイネルラヴ産駒

函館3R・⑦アムールブラン
前回は7ヶ月振りの10着。前々走は5ヶ月振りの9着。どちらも参考外でしょう。今回は中1週。久々に順調に使われます。状態も良くなっているようですし、ここは楽しみですね。


■ワークフォース産駒

函館6・⑪ワークショップ
母は短距離重賞で活躍したジョリーダンスですが、父ワークフォースに母父ダンスインザダーク。父の母父サドラーズウェルズですので、血統的に十分に2600mは対応できるはず。それにこの馬自身、距離を伸ばして安定感が増してきましたから今回の2600mは十分に狙える条件でしょう。


■ウォーエンブレム産駒

函館7R・⑧ウォークロニクル
ハピネスダンサーの半妹ですね。地方戻りです。今回は芝からダートへの変更。ダートの方が合いそうな血統ですし、こちらも条件変わりで変わり身を期待。


ということで、函館は以上!

抱きしめて!ミスターP~中京編~
抱きしめて!ミスターP~福島編~


 
※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line