TOP > コラム > 昭和オヤジの枠連☆酒場【7月16日版】
コラム

昭和オヤジの枠連☆酒場【7月16日版】

枠連酒場
これは、いまだに昭和の時代を生きる、馬券大好きオヤジの激闘コラムである。

その主人公は、塩谷氏という60代後半のエネルギッシュな人物である。
通称、塩爺(シオジイ)

特技は、初対面の人に対しても、「おまえさぁ、どうなの?おいしい話ねえのかよ?」といった感じで、失礼このうえない。
いつも、部下の若者を連れてるが、基本は、部下からバカにされている。が、本人は気づいていない。

その塩爺、馬券がメシより好きだが、枠連しか買わない。
馬連だと、頭数が多くて絞れないと思っている。
枠連は、8枠までしかないので、当たりやすいと本気で信じている。

1号の大先輩で、馬主でもある。
1号と同じ馬に乗ってる場合もあり、1号は、気を遣っている。

1号「あのお、先輩、馬券のコラムやってもらいたいんですけど・・。」
塩爺「え~、なんだよ、それ。おまえも珍しいね、そんな金にならないことやっちゃって。」
1号「まあ、いきがかり上、やってるんですが、書いてると結構面白くて。」
塩爺「そんなめんどくせえな、で、何すればいいんだよ。」
1号「あの、先輩、毎週、土日すべて馬券買いまくってますよね?しかも、枠連で。」
塩爺「そうだよ、オレが、JRAの枠連売り上げを支えてるんだからな。」
1号「それ、なんか、コラムにしたいんで、毎週電話で教えてもらえませんか?」
塩爺「え?何だよ、それ、ギャラとかあるんだろうな・・。」
1号「執筆料がちょこっとだけ、ま、馬券当てれば金入るからいいじゃないすか。」
塩爺「わかったよ、そのかわり、オマエが今度良い馬買ったら、必ずオレを乗せろよ。分かってんだろうな?」
1号「もちろんですよ、分かりました。」

という運びになった訳である。

いまでも、酔っ払うと、女の子相手に、「コマネチッ!」ってギャグや、「ガチョ~ン」ってギャグをかます、愛おしい塩爺の渾身の買い目を、これから、紹介していこうと思う。

で、1回目の明日なんだけど・・

■函館8レース!3歳上500万下!

このレース、走りそうな馬が、7枠に同居している。
塩爺が狙うのは、こういうレース。
7枠のどちらかが必ず絡む、という見立てから、馬券を構成する。

買い目

3-7・・・5万
7-7・・・3万
4-7・・・2万
6-7・・・2万

という感じで、12万の勝負!
確かに、こう言われると、当たりそうだけどな・・・!

さ、果たして、塩爺の枠連は、当たるのかな???
乞うご期待。



※【うまヨミ】の登録はこちらより 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line