TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り映像&タイムまとめ【第52回函館記念】
予想/馬券

最終追い切り映像&タイムまとめ【第52回函館記念】

2016年7月17日(日)に行われる函館競馬場のメーンレース【第52回函館記念】今回も有力馬中心に追い切り情報や全16頭の映像&タイム等をまとめてみた。
dollar, glasses  and alarm clock

最終追い切り情報 2枠3番 レッドレイヴン

inyofu 函館競馬場Wコースでレッドシャンクス(7歳1600万)を2馬身追走し、直線ではペースメーカー役の相手を置き去り。5F71秒0~1F12秒4(馬なり)。追い切り後はゲート確認も行い、万全の態勢を整えた。騎乗した池添は「中1週なので、強いのはいらない。行く気に任せてサーッと。やればいくらでも動きそうな感じ。いい状態をしっかりキープしている」と手応えを得ていた。

3枠6番 マイネルミラノ

inyofu マイネルミラノ(牡6、相沢)は丹内騎手が乗り、ウッドでタマムーンフェイス(3歳未勝利)を5馬身後ろから追走。 ごちゃついて併せる形にはならなかったが、シャープな伸び脚で6馬身先着した。5ハロン67秒5-12秒1の動きに丹内も「いい動き。しまいの反応が良かった。ハナが理想だが、自分のリズムで走れれば」

2枠4番 バイガエシ

inyofu バイガエシは、Wコースでメローブリーズ(2歳OP)を3馬身追走し、4コーナーで内から並びかけ、ラスト1ハロンは12秒3としっかり伸びて併入でフィニッシュした(5ハロン68秒4)。 「中1週だけど、ここまでの過程や、この動きをみれば能力は出せる。大丈夫」と作田調教師。

8枠16番 ファントムライト

inyofu ファントムライトは、芝コースで2歳新馬に半馬身遅れ。それでも、陣営のトーンは力強かった。 「きょうは2歳馬のパートナー的な追い切りで、最後は半馬身くらい(後ろから)つつく感じでやった。動きはよかったし、馬が軽くなっている。いい感じで、できました」。田中博助手が満足そうにうなずいた。

8枠15番 ダービーフィズ

inyofu 前年覇者ダービーフィズは主戦・岩田を背にWコースで5F64秒9~1F11秒9の好時計。ゴール前で他厩舎の2頭を内から豪快に抜き去った。 小島太師は「最近は飽きっぽい面があるので、チークピーシーズを初着用。やめるような面もなかったし、実戦でも着ける予定」と新兵器効果にご満悦。

6枠12番 ネオリアリズム

inyofu 初来日したティータン騎手が騎乗。じっくりウオーミングアップしてから函館の芝コースに入った。5Fからホーリーフルーツを1馬身追走し、4角で内から馬体を並びかけてそのまま併入。手綱はギュッと引き絞られたままで、追えば弾けそうな絶好の手応えを見せた。久々ぶりでも太め感はなく、好仕上がりだ。 「スムーズに折り合えたし、直線でもしっかり手前を替えてバランス良く走っていた。男らしい力強さがある。当日もリラックスして走れればいい競馬ができそう」

3枠5番 マテンロウボス

inyofu 巴賞2着のマテンロウボスが、リベンジへ態勢を整えた。13日、四位騎手が騎乗し、函館ウッド単走。直線で仕掛けられると瞬時に反応しラスト1ハロン12秒0で伸びた。史上5人目の函館3重賞(函館SS、函館記念、函館2歳S)完全制覇が懸かる鞍上も「間隔が詰まっているので強い調教は必要なかった。いい動きだった」と前走以上の手応えを伝える。

その他出走馬追って一言

inyofu ▼オツウ(須貝師)息を整える程度の調整。何が何でも行った方がいい。

▼ケイティープライド(浜中)負荷はかけていないが力む面はなかった。自在性があるので展開に注文は付かない。

▼ツクバアズマオー(原田)しまいだけ軽く伸ばす指示。前走の疲れも見られず、上積みはありそう。普段はおとなしいけど、乗るとピリッとする。

▼トゥインクル(勝浦)先週も動きは悪くなかったが、きょうはしまいも伸びた。消耗戦になってくれれば。

▼フェイマスエンド(三浦)余裕残しだった前走と比べ、フットワークが軽くなった。上向いた感じがある。今回は楽しみ。

▼マイネルフロスト(松岡)いつもの休み明けと違って、背中に緩さがないのでいきなりでも動けそう。このメンバーなら、負けられない。

最終追い切りタイム一覧

inyofu オツウ 牝6 52 *北村友一 13日函芝良:67.1-51.4-38.4-12.4:一杯

ケイティープライド 牡6 52 *浜中俊 13日函W良:67.6-52.5-39.4-13.0:馬也

ダービーフィズ 牡6 57 岩田康誠 13日函W良:64.9-50.9-37.8-11.9:一杯

ツクバアズマオー 牡5 55 吉田豊 13日函W良:71.5-55.0-40.7-12.7:馬也

トゥインクル 牡5 56 勝浦正樹 13日函W良:69.6-53.9-38.9-12.6:強め

トーセンレーヴ 牡8 57.5 *ホワイト 14日函W良:71.4-56.5-42.1-13.4:強め

ネオリアリズム 牡5 55 *ティータ 14日函芝良:66.4-49.8-36.7-11.8:馬也

バイガエシ 牡4 54 藤岡佑介 13日函W良:68.4-52.7-37.9-12.3:強め

ファントムライト 牡7 55 *内田博幸 13日函芝良:69.0-51.6-37.5-11.7:強め

フェイマスエンド 牡5 54 三浦皇成 13日函W良:65.5-51.0-37.7-12.4:強め

ホッコーブレーヴ 牡8 56 *丸田恭介 13日函芝良:69.6-52.0-37.9-12.6:馬也

マイネルフロスト 牡5 57 *松岡正海 13日函W良:68.9-53.2-39.2-12.3:一杯

マイネルミラノ 牡6 56 *丹内祐次 13日函W良:67.5-52.6-38.4-12.1:強め

マデイラ 牡7 52 古川吉洋 13日函W良:66.0-52.0-38.1-12.5:強め

マテンロウボス 牡5 55 *四位洋文 13日函W良:71.7-54.9-40.1-12.0:強め

レッドレイヴン 牡6 57 池添謙一 14日函W良:71.0-56.4-41.4-12.4:馬也

最終追い切り映像

動画を見る

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎マイネルミラノ
 ダービーフィズ
 マテンロウボス
 フェイマスエンド
 バイガエシ

特にマイネルミラノは、函館W併せ。ラチ沿いを通って内で逃げる相手を追いかけ、直線は1馬身差追走。外を周回しながらダイナミックな動きで最後までグングン伸びてきた印象だ。元々追い切りはよく動く馬だが、ここまで仕上がった内容を見せられると重い印を打つ必要があるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line