TOP > 予想/馬券 > 内寄りの馬番が好成績!?【第52回函館記念】予想まとめ
予想/馬券

内寄りの馬番が好成績!?【第52回函館記念】予想まとめ

2016年7月17日(日)函館競馬場で行われるGIII【第52回農林水産省賞典函館記念】はサマー2000シリーズの第2戦であり、夏の函館競馬を彩る名物ハンデキャップ重賞として親しまれている。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
Portrait of two young women patting a horse

過去10年の傾向(2009年の札幌競馬場も含む)

inyofu ハンデ55.5kg以上の馬が優勢

過去10年の出走馬の負担重量別成績を調べると、「57kg以上」・「55.5~56.5kg」の2グループが20%を超える3着内率をマークするなど、好走率で上位となっている。それに対し、「53kg以下」からは優勝馬が出ておらず、2・3着に入ったのも4頭だけだ。このレースでは、重いハンデを課せられた実績上位の馬を重視した方がよさそうだ。
inyofu 内寄りの馬番が好成績

札幌競馬場で行われた2009年を除く、2005年以降過去10回の函館記念を対象に馬番別成績を調べると、3着内率で「1~3番」・「4~6番」の2グループが30%以上の数値をマークするなど、内寄りの馬番が好走率で上位の数値をマークしている。しかも、優勝馬は8番より内の馬番からしか出ておらず、13番より外の馬番からは2着馬も出ていない。今年もこの傾向が続くのか、馬番にも注目すべきだろう。
inyofu 過去2走の着順をチェック

2011年以降の函館記念の出走馬について、過去2走の最高着順を調べると、優勝馬5頭はいずれも過去2走で3着以内に入ったことのある馬だった。勝ち馬を検討する際は、過去2走で3着以内に入った実績があるかどうかに注目したい。
inyofu ×単勝50倍以上
(0-0-0-32)
×関東馬で当日10番人気以下
(0-0-0-30)
×54kg以上で単勝オッズ30倍以上
(0-0-0-34)
△追込
(0-0-2-39)
×前走10番人気以下且つ当日8番人気以下
(0-0-0-24)
×前走2200m以上だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-19)

函館2000m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 岩田康誠(11-9-7-29)19.6% 35.7% 48.2%
丸田恭介(5-6-6-37) 9.3% 20.4% 31.5%
三浦皇成(4-9-9-44) 6.1% 19.7% 33.3%
四位洋文(4-6-1-29) 10.0% 25.0% 27.5%
古川吉洋(4-2-2-26) 11.8% 17.6% 23.5%

丹内祐次(3-4-1-38) 6.5% 15.2% 17.4%
池添謙一(2-3-5-17) 7.4% 18.5% 37.0%
勝浦正樹(1-5-3-46) 1.8% 10.9% 16.4%
松岡正海(1-2-0-9)  8.3% 25.0% 25.0%
北村友一(1-1-1-4) 14.3% 28.6% 42.9%

藤岡佑介(1-0-1-19) 4.8% 4.8% 9.5%
内田博幸(1-0-0-3) 25.0% 25.0% 25.0%
浜中俊 (1-2-0-3) 16.7% 50.0% 50.0%
吉田豊 (0-0-0-4)  0.0% 0.0% 0.0%
ホワイト(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%

ティータ(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%
inyofu キングカメハメハ (11-7-7-48)15.1% 24.7% 34.2%
ネオユニヴァース (4-8-6-45) 6.3% 19.0% 28.6%
ディープインパクト(4-4-4-46) 6.9% 13.8% 20.7%
ハーツクライ   (4-3-2-22) 12.9% 22.6% 29.0%
ジャングルポケット(4-1-4-48) 7.0% 8.8% 15.8%

ステイゴールド  (3-1-6-47) 5.3% 7.0% 17.5%
クロフネ     (1-2-4-17) 4.2% 12.5% 29.2%
オペラハウス   (1-2-0-8)  9.1% 27.3% 27.3%
ブラックタイド  (1-0-2-8)  9.1% 9.1% 27.3%
マーベラスサンデー(1-0-1-9)  9.1% 9.1% 18.2%

Smart Strike   (0-1-1-2)  0.0% 25.0% 50.0%
シルクフェイマス (0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%

絶好の機会 レッドレイヴン

inyofu オープン3勝馬。巴賞は7番手追走、3角過ぎからロングスパートで追い込み4角直線にさしかかるとこで3番手まで順位を上げた。直線では35秒4に末脚で差し快勝。昨年函館記念は差のある5着だったが、その後強豪揃いのGⅡで厳しいレースを経験でき中山記念や大阪杯でも大負けしていない。充実期の今が重賞制覇の絶好の機会。
前走の巴賞を、危なげない競馬で快勝。6歳を迎えて円熟期に入った感があり、今回、堂々の主役として重賞初制覇に挑む。

勢いある4歳馬 バイガエシ

inyofu 前走はこの函館記念と同じ舞台で、2着馬を5馬身差引き離し完勝を収めています。クラスこそ1000万下ではありましたが、上のクラスでも十分にやれるのではないかと思える勝ちっぷりでしたので、相手は一気に強化されますが、勢い、4歳馬というところでも期待したい部分がありますね。
前走洞爺湖特別(1000万下)を勝ちあがったばかり。今回格上挑戦で斤量も恵まれて上位争いするレベルにあるだろう。

力をつけてきている マイネルミラノ

inyofu ステイゴールド産駒。母の父Polish Precedent。 昨年函館記念は2番人気に支持されたが8着。前走のエプソムCはスタートダッシュして逃げたが直線で交わされて3着、インでスムーズな走りができたことは大きな収穫だった。先年は巴賞を勝っているので洋芝とコース適性に懸念はなく重賞初制覇できる力をつけてきている。
前走エプソムカップ3着からの参戦。前走は勝ち馬ルージュバックには離されるも、2着フルーキーとはクビ差と、力があるところを見せている。

いきなりの好走も有り得る ダービーフィズ

inyofu 札幌記念で3着に好走してから6戦連続で凡走しております。 昨年の勝ち馬であり、洋芝適性が高いと見て問題ないと思います。まぁ、昨年の函館記念は岩田騎手の好騎乗での勝利でもありますが。斤量も54㎏と軽かったですしね。 昨年の秋冬G1戦線は天皇賞秋、JC、有馬記念と皆勤賞でした。どれも惨敗でしたが。 もし、この馬が洋芝専用機または滞在競馬が抜群に合う馬で合った場合はいきなりの好走も有り得ると思います。
昨年の本レースで重賞初制覇を飾ると、続く札幌記念でも3着に好走して、サマー2000シリーズのチャンピオンに輝いた。

重賞でも好勝負になりそう マテンロウボス

inyofu 巴賞ではラストまでしぶとく伸びて、勝ち馬には離されたがきっちり2着を確保した。2勝を挙げている2000mに距離が延びるのはプラスで、ある程度前が流れて差しが届く展開になれば重賞でも好勝負になりそう。あとは馬場の外に出したがる四位Jの騎乗がどう出るか。
前走の巴賞を3コーナー10番手から追い込み、勝ち馬レッドレイヴンと同タイムの上がり3F35秒4に末脚を2着。ここでも好勝負が期待される。

函館芝も合うはず トーセンレーヴ

inyofu 以前はマイル~芝1800mで好走していましたが、昨年秋に芝2000mのOP特別で2連勝、有馬記念でも小差の6着と善戦したように距離適性が中距離~中長距離寄りに変化しています。そもそもOP特別を5勝、G3を1勝しているように持続力の高さはメンバー最上位クラスで、ディープインパクト産駒としてはキレでやや劣るトーセンレーヴにとって良馬場の函館芝も合うはず。小回りに不安はありますが、斤量差をあまり気にしなくて良いレースなので、人気を落とすなら積極的に狙いたいです。
昨年秋にオープン特別を連勝し、連闘で臨んだ有馬記念でも0秒3差の6着とあらためて地力を示した良血馬。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回の七夕賞は軸馬ヤマニンボワラクテは10着と先行積極策も実らず惨敗
結果的に道中もう少し我慢できれば、もう少し順位は上がっていただろうが、
まだまだ重賞では力が足りないようにも思えた。

今回の「函館記念」も波乱傾向
ここ5年で、1番人気は馬券に絡まないことから難解な一戦だろう

印は

◎マイネルミラノ
○レッドレイヴン
▲トーセンレーヴ
△マテンロウボス
×バイガエシ
☆ダービーフィズ
 ファントムライト
 ネオリアリズム
 マイネルフロスト

本命はマイネルミラノ

昨年の函館記念は早々と脱落して8着に沈んでいるが、
前走のエプソムカップのように前半の流れが落ち着けばしぶとく粘れる。
同型のオツウが外枠に入ったことによって5分のスタートなら単騎逃げの可能性もあるだろう。
斤量56kgも過去10年で5勝、鞍上だけが心配だが余計な小細工なしで逃げて欲しい。

対抗はレッドレイヴン

洋芝適正ならこちらの方が上だが、ここ6年巴賞から勝ち馬が出てないことから割引き
距離も1800mが得意なだけに距離延長は少し疑問
函館舞台では大崩れがないのは魅力。

単穴はトーセンレーヴ

昨年2000mを連勝して距離適性外の有馬記念を連闘して6着。それより先着したのは、
ゴールドアクター、キタサンブラック、ラブリーデイ、マリアライトとGI馬ばかり
GIIIのこのメンバーなら十分やれてもおかしくない
函館コースは初めてだが、時計がかかり力のいる芝はプラス材料になりそうだ。

馬券は◎→○▲△馬連

3連複◎1頭軸で、もちろん人気薄を含めた印の馬に流し

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line