TOP > エンタメ・雑学 > 2016年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
エンタメ・雑学

2016年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。

2016年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
日本最大級の競走馬セリ市セレクトセールが行われた先週の競馬界。一方その頃…あの馬は? 1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】ポッドジーニーが人気に応えて快勝

inyofu 7月16日、函館競馬場で開催された第5R・メイクデビュー函館(新馬、芝1200m)は、1番人気ポッドジーニー(牝2、美浦・伊藤伸)が、好スタートから主導権を握ると、直線ではさらに脚を伸ばし後続を寄せ付けることなく押し切り勝ちを収めた。勝ちタイムは1分10秒9(良)で、鞍上は松岡騎手。
動画を見る
ストリートセンス産駒のポッドジーニーが新馬戦で後続に2馬身差を付け快勝した。ストリートセンスは先月にもロジセンスなどの勝ち馬を輩出しており絶好調といえる。日本ではまだ主だった産駒は居ないが、今年の2歳世代には期待できそうだ。

メジャーエンブレム 左トモの痛み引かず 秋の予定は再検討

inyofu NHKマイルC(GI、芝1600m)など、ここまでGIを2勝しているメジャーエンブレム(牝3、美浦・田村)につき、左トモの半腱半膜様筋の痛みが引かないため、今後の予定が再検討となることがわかった。
秋華賞を目標に調整されていたメジャーエンブレムだが、左トモの半腱半膜様筋の痛みが引かないために秋の予定を白紙に戻した。秋華賞ではジュエラー、シンハライトとの3強対決に注目が集まっていただけに残念だ。

リオンディーズ 天皇賞・秋へ

inyofu 昨年のJRA賞最優秀2歳牡馬であるリオンディーズ(牡3、栗東・角居)は、この秋、M.デムーロ騎手とのコンビで天皇賞・秋を目標にすることがわかった。管理する角居師が昨日、明らかにしたもの。
2歳王者リオンディーズは菊花賞ではなく天皇賞(秋)に向かうと発表があった。日本ダービーを賑わした4強だが、マカヒキは凱旋門賞に向かうと発表があったため、菊花賞はサトノダイヤモンドとディーマジェスティの2強対決となりそうだ。

エイシンヒカリが129ポンドで単独世界1位をキープ

inyofu IFHA(国際競馬統括機関連盟)から最新のロンジンワールドベストレースホースランキングが発表され、イスパーン賞(シャンティイ、GI、芝1800m)を10馬身差で圧勝したエイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口)が前回に引き続き129ポンドで世界ランク1位の座をキープした。
前走プリンスオブウェールズSでは6着に敗れたエイシンヒカリだが、ロンジンワールドベストレースホースランキングでは引き続き世界ランク1位の座をキープした。2位にはドバイワールドC勝ちのカリフォルニアクロームと、メトロポリタンHでGI2勝目を挙げたフロステッド、現在9連勝中のウィンクスの3頭がランクイン。
JRA所属馬ではチャンピオンズマイルを制したモーリスが124ポンドで5位タイに入ったほか、先日引退を発表したドゥラメンテと本年のダービー馬マカヒキが121ポンドで14位タイとなっている。

【セレクトセール2016】当歳馬セール終了 “サトノ”里見氏が2億8000万円馬2頭を落札

inyofu 日本最大級の競走馬セリ市セレクトセール(主催:日本競走馬協会)が全2日間の日程を終了した。2日目の本日7月12日は、当歳馬のセリが行われ232頭が上場、うち173頭が落札された。本日1億円以上の落札額となった馬は9頭。うち2億超えは4頭おり、いずれも父ディープインパクトの牡馬だった。2日目の売り上げは68億1150万円で、当歳セッションとしては史上最高。またセール全体の合計売り上げ149億4210万円も、史上最高の金額となっている。
inyofu 母は仏1000ギニーなど重賞を4勝。イルーシヴウェーヴの2016(牡、父ディープインパクト)は、2億8000万円で“サトノ”の冠号で知られる里見治さんが落札した。
inyofu 同じく2億8000万円で落札されたのがマルペンサの2016(牡、父ディープインパクト)。母はアルゼンチンの重賞馬で、全兄に日本ダービー2着のサトノダイヤモンドがいる血統だ。兄と同じ里見治さんが落札。
inyofu 重賞2勝、皐月賞で2着があるワールドエースの全弟、マンデラの2016(牡、父ディープインパクト)は2億4000万円で、大塚亮一さんが落札している。
inyofu 母は米オークス馬。カンビーナの2016(牡、父ディープインパクト)は2億3000万円で、“トーセン”の冠名で知られる島川隆哉さんが落札している。
例年以上の盛り上がりを見せたセレクトセール2016は大盛況のうちに幕を閉じた。ディープインパクト産駒以外にも、ホエールキャプチャの2016(牡、父オルフェーヴル)は1億7000万円、アドマイヤテレサの2016(牡、父ジャスタウェイ)は1億4000万円で落札された。
三冠馬オルフェーヴルや元世界1位ジャスタウェイの産駒など、新たな世代の息吹が感じられた今年のセレクトセール、これら若駒の活躍が今から楽しみだ。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!7月17日の結果発表!

inyofu 函館12R
◎⑪サブライムカイザー
○⑥アルカサル
▲⑤デンコウインパルス
△⑨ケルンダッシュ
△④ジューヴルエール
△①エアカーディナル
△⑩トウキョウタフガイ

ここ目標に乗り込んでいるので休み明けでも力は出せる。馬券は絞りたい。
inyofu 中京12R
◎④スマートカルロス
○⑬ニシノラッシュ
▲⑮メラグラーナ
△⑩ブラッククローバー
△⑫アルティマブラッド
△③レッドラウダ
△②グレイトチャーター

1番人気で勝った前々走、同条件でタイム差無しの2着だった3走前を考えても、降級プラス距離短縮は魅力。人気も落ちて美味しい。
inyofu 福島12R
◎⑪レンブラント
○⑩レッツゴースター
▲⑮ディアドナテロ
△⑫ロードシャリオ
△⑦サンペドロ
△⑥ワイドリーザワン
△④ブレイジングサン

揉まれ弱いので外枠は有利。ブリンカー効果がいい方に出ればチャンスはある。
あまりの暑さにじゃいさんも夏バテ!?
中京12Rでは▲⑮メラグラーナが1着で単勝490円的中だったものの、全体としてはいまひとつ。
次回に期待したい。

2016年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。 
1つの重賞が行われた先週のJRAだが
函館記念では3番人気マイネルミラノが制した。
近年では荒れる傾向にある函館記念。
1着馬こそ順当だが2着には13番人気ケイティープライド、3着には9番人気ツクバアズマオーが入線した。
これにより馬連のオッズは1万890円、3連単のオッズは23万3010円と高配当が飛び出し、夏競馬を盛り上げた。
勝ったマイネルミラノは11度目の重賞挑戦で悲願の初タイトルを奪取、6歳馬ながら歳を感じさせない力強い走りを見せており、今後も要注目の馬だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line