TOP > 地方競馬 > 地方競馬も見逃せない!穴を出すリーディング上位ジョッキー
地方競馬

地方競馬も見逃せない!穴を出すリーディング上位ジョッキー

夏休みは、毎日開催されている地方競馬を満喫するチャンス!
地方競馬は、現地ではもちろんネットでの投票と無料のライブ映像でも楽しめる。
また、ナイター競馬を開催している大井・川崎・船橋・門別・帯広・高知・金曜日の園田では、昼間の用事や仕事が終わった後にエンジョイできるのも魅力だ。
インターネットの拡充にともない売り上げも伸び、2016年の上期1月~6月における売り上げは、全国の合計が2,274億円を超え、そのうち南関東競馬(大井・川崎・船橋・浦和)の合計が1,277億円強と半分以上を占める。
1日当たりの売り上げは全国平均が3億7千万円を超え、南関東競馬の1日平均は9億8千万円超えとなった。

そんなホットな地方競馬には、見ごたえ抜群のレースがあり、見事な手腕を見せてくれる騎手たちがいる。
そこで、この夏の南関東競馬で目を離せない、2人のジョッキーに注目してみた。

馬キュレ
2016年7月21日に通算300勝を達成した中野省吾騎手(24歳)と、
2016年8月12日まで南関東競馬で期間限定騎乗する、高知競馬所属の赤岡修次騎手(39歳)。

今、注目したい2人の騎手は、穴を出すことも度々ある、リーディング上位のジョッキーだ。
Twitterからも熱い視線が注がれているのがわかる。

「天才」との声多数!中野省吾騎手

中野 省吾(なかの しょうご)騎手
inyofu 生年月日:1991年11月1日
出身地:富山県
所属:渡邊薫厩舎(船橋)
初騎乗:2009年5月4日 船橋2Rフジハマカゼ(8着)
初勝利:2009年6月8日 船橋2Rフジハマカゼ
成績:3,350戦300勝(2016年7月21日 第6R終了時点)
中野騎手は2016年7月21日、船橋競馬の第6Rでスタチュー(14頭立、単勝5番人気、オッズ13.1倍)に騎乗して1着となり、通算300勝を達成した。


inyofu 名馬・名ジョッキーが生まれる船橋ケイバのホープ。昨年、勝ち鞍を著しく伸ばすと、高知で行われる名物レース『全日本新人王争覇戦』を総合優勝と、勢いに乗っている。
新人の頃から船橋競馬のホープとして存在感を放っていた中野騎手。
全国の選抜若手騎手たちが競う、高知で開催される名物レース「全日本新人王争覇戦」の第25回に出場し、新人王の称号を手にしている。
中野騎手は2015年10月28日に浦和で開催された「埼玉新聞栄冠賞(OP)」(ダート1900m)で、2016年に引退したカキツバタロイヤルに騎乗して優勝したことでも注目を集めた。
動画を見る
カキツバタロイヤルは「埼玉新聞栄冠賞(OP)」で勝利した2015年時点で9歳となっており、2012年の5月以来優勝から遠ざかっていた。「埼玉新聞栄冠賞(OP)」は5度目の挑戦であり、中野騎手の騎乗で挑戦するのは初めてであったが、念願の勝利を獲得。そしてこのレースは中野騎手の重賞初制覇でもあった。

数々の驚きを競馬ファンに提供してくれる中野騎手。その手腕は目を見張るものがある。
6月23日の船橋競馬で中野騎手は8レースに騎乗。その全てのレースで掲示板を外さなかった。1着でゴールした7R「紅花特別」(12頭立て)のキャッスルクラウンは7番人気であり、単勝は4,130円、三連単は3着に1番人気馬が入って101,810円だった。

中野騎手には「天才」という言葉がお似合いか。

「神騎乗」と評されるレースも頻繁に見受けられる。

毎日のように少しでも上位入線を目指して競う、競争の激しい競馬界だが、中野騎手は同じく船橋競馬所属でリーディング上位の森泰斗騎手とも仲が良いそう。
inyofu レースではよく競り合っているから猿犬の仲のように見えますが、実はすっごく仲が良いの。先月、落馬負傷したしょーごが、タイティに「おまえほどのスキルだったら、あの落馬は避けられたはずだ」と叱られていました。
森騎手も中野騎手のスキルを認めている様子。
強いジョッキー同士で切磋琢磨し合い、2人ともさらに腕をあげて凄いレースを見せてくれるかもしれない。

デビュー以来目を離せない中野騎手だが、競馬の世界に足を踏み入れる前から馬に親しんでいたようだ。
inyofu 中野省吾騎手はなんと、「日本一小さな村」として有名な富山県中新川郡舟橋村の出身。 1991年生まれで私と同い年でもあります。 小学校・中学校時代に立山町の立山乗馬クラブに通い、中学時代には県乗馬育成馬術大会で優勝した実績もあります。
乗馬を通して子供のころから馬に乗ってきたことは、騎手としても心強い面があるかもしれない。
馬の特徴を捉えたり馬と一心同体になるなど、引き続き抜群のセンスを発揮してくれそうだ。
中野省吾騎手の今後の活躍にもぜひ注目したい。

3,000勝達成!赤岡修次騎手

赤岡 修次(あかおか しゅうじ)騎手
inyofu 生年月日 昭和52年3月15日
勝負服  白、胴青たすき、袖青二本輪
初出走  平成6年10月10日 サファリジャム
初勝利  平成6年10月16日 パリスドラゴン
通算成績 14,164戦3,035勝(平成28年6月3日現在)
現所属きゅう舎  高知競馬場 工藤 真司 きゅう舎
期間限定騎乗所属きゅう舎  川崎競馬場 内田 勝義 きゅう舎
期間限定騎乗期間  平成28年6月13日~平成28年8月12日
赤岡騎手は2016年4月9日、高知競馬でヴィクトリーノヴァに騎乗して勝利し、通算3,000勝を果たした。高知競馬の騎手としては初の快挙。
inyofu 2016年4月9日の高知競馬第7レースで、地方通算3000勝を達成した赤岡修次騎手。高知競馬のリーディングジョッキーとして長年君臨していましたが、昨年からは新たな場所でもその実力と存在感を示しています。公私ともに絶好調です!!
inyofu 南関の良いところは、1つのレースの中でタイム差が少ない馬が多いということ。何か1つが違うと本命でも飛ぶという印象がありました。だから工夫しだいで変わる。それが自分の結果に繋がったというのもありますね。
名ジョッキーとして名高い赤岡騎手。高知県外の新たな場所でも、工夫して結果に繋がったという。
2015年、南関東の期間限定騎乗(5月11日~7月10日)では31勝をあげ、期間限定騎乗での最多勝記録を樹立した。
inyofu 全国区で躍進したのが高知の赤岡修次騎手。南関東での期間限定騎乗(5月11日~7月10日)で挙げた31勝は、南関東における初めての期間限定騎乗での最多勝記録とのこと。これをきっかけに重賞でのスポット騎乗も増えた。

目覚ましい成果を残してきた赤岡騎手は、この夏の南関東競馬でも期間限定(2016年6月13日~8月12日)で騎乗する。
動画を見る
そして赤岡騎手はすでに何度か大穴馬券の立役者になり、気にせずにはいられない存在となっている。
赤岡騎手で高配当を得た幸運な人たちがいるようだ。
7月6日の川崎競馬5Rではエースゼウス(12頭立、単勝9番人気、オッズ34.9倍)に騎乗し、1番人気のエイシンアンカーに3馬身の差をつけて勝利した。

翌日の7月7日も赤岡騎手は活躍。
川崎12R「鵠沼(くげぬま)特別」でトキノサンサン(14頭立、単勝11番人気、オッズ47.5倍)に騎乗し、1番人気のライブリーソウルにハナ差で勝利した。

期間限定騎乗が本格的に始まる少し前にも大井競馬で騎乗しており、2016年6月8日の10R「アーバンステージ水無」(ダ1200m)でユウユウ(16頭立、単勝9番人気、オッズ28.7倍)に騎乗して1着でゴール。2着3着が10番人気馬、11番人気馬と続いたこのレースの3連単の配当は1,309,640円だった。
赤岡騎手なら買っておけば良かった・・・という思いにさいなまれた人も少なくないかもしれない。
“まさか”を何度もおこしてしまうところはさすがの一言。
名ジョッキーの全国的な活躍を今後も期待したい。


穴党も本命党もぜひ注目したい2人のジョッキー。
中野省吾騎手と赤岡修次騎手の手腕にも注目しながら、地方の夏競馬を楽しんでみてはいかがだろう。
この夏はまだまだ、胸が弾む熱いレースが見られそうだ!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line