TOP > エンタメ・雑学 > 2016年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
日高地方生産馬中心の競走馬セリ市「セレクションセール」が開催された先週の競馬界。一方その頃…あの馬は? 1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】サトノノブレスの半弟クライムメジャーがデビュー戦V!

inyofu 7月24日、中京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー中京(新馬、芝1600m)は、中団を追走していた1番人気クライムメジャー(牡2、栗東・池江)が直線外めから力強い末脚を見せると、半ばで先頭に立ちそのまま快勝した。勝ちタイムは1分35秒6(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。
動画を見る
重賞4勝の現役馬サトノノブレスの半弟クライムメジャーがデビュー勝ちをおさめた。道中、ふらふらしながらの走行があったものの、終わってみれば後続に1と1/4馬身差を付けての勝利。まだまだ伸びしろは十分で、今後の活躍に期待したい。

【セレクションセール2016】売上総額は過去最高!

inyofu HBA日高軽種馬農業協同組合が主催する、日高地方生産馬中心の競走馬セリ市セレクションセールが本日7月19日に北海道新ひだか町の北海道市場で開催された。1歳馬のみのセリ市で238頭が上場、そのうち175頭が落札されている。売却率は73.5%、売却総額は23億3800万円。売却率、売却総額ともにセレクションセールが1歳馬のみのセリ市となってからは最高の数字だった。
inyofu 母は中央5勝、近親にボールドエンペラーがいるテンイムホウの2015(牡、父ルーラーシップ)には活発に声がかかり、5000万円で合同会社雅苑興業が落札した。これが本日の最高額落札。
inyofu 京王杯2歳Sなど重賞2勝レオアクティブの半弟、レオソレイユ2015(牡、父ロードカナロア)が、この日2番目の高値となる4100万円で鈴木可一さんが落札。
inyofu チューリップ賞など重賞を3勝したショウリュウムーンの半弟にあたる、ムーンザドリームの2015(牡、父ルーラーシップ)は3900万円でハンマーとなった。落札したのは“ミヤジ”の冠名で知られる曽我司さん。
7月19日に行われた【セレクションセール2016】は、先日行われた【セレクトセール2016】に続き過去最高の売り上げを叩き出した。高額落札馬の多くはルーラーシップ産駒やロードカナロア産駒など、次世代を象徴するような産駒となっており、これらの若馬は早ければ来年デビューとなる。

【サマージョッキーズシリーズ】1位に3人が並ぶ大混戦に!

inyofu サマージョッキーズシリーズ
1位 M.デムーロ騎手   11pt(CBC賞/1着、中京記念/15着)
1位 戸崎圭太騎手    11pt(七夕賞/1着、函館スプリントS/7着)
1位 丸田恭介騎手    11pt(函館スプリントS/1着、函館記念/7着)

4位 小牧太騎手     10pt(七夕賞/2着、中京記念/2着)
4位 丹内祐次騎手    10pt(函館記念/1着)
4位 福永祐一騎手    10pt(中京記念/1着)

7位 藤岡康太騎手     8pt(CBC賞/3着、函館スプリントS/4着、中京記念/14着)

8位 岩田康誠騎手     6pt(函館スプリントS/2着、函館記念/11着)
8位 浜中俊騎手      6pt(函館記念/2着、CBC賞/7着)
8位 松若風馬騎手     6pt(CBC賞/2着、中京記念/13着)
2016年のサマージョッキーズシリーズは、現時点で暫定1位が3人いる大混戦となっている。昨年のサマージョッキーズシリーズ覇者デムーロ騎手、現時点でリーディング首位の戸崎騎手、地元北海道で奮起した丸田騎手と、首位となっている騎手は三者三様である。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!7月24日の結果発表!

inyofu 函館12R
◎③アンブリカル
○①カービングパス
▲⑪ゴースルー
△⑤メジャータイフーン
△②イーグルアモン
△⑮レオパルディナ
△⑫トウショウピスト

去年の覇者。上積みはあり、一発も!
inyofu 中京12R
◎④ラクアミ
○⑤フェザリータッチ
▲⑦ダノンブライト
△⑧サプルマインド
△⑬マテラアリオン
△⑫ウメマツサクラ
△①トレジャートローヴ
△⑰エイシンミノアカ

スピードあり、距離短縮は有利。久々を叩いて一変あるか?
inyofu 福島12R
◎⑩ユッセ
○③エピックマジック
▲⑪テンテマリ
△⑫ロードインスパイア
△⑧フェルクレール
△⑬シゲルシチフクジン
△①ラインスラッガー

3走前の福島勝ちが鮮やか。小回りは良さそうだ!人気も超絶ないし、来れば美味しい。
中京12Rでじゃいさん大爆発!
◎④ラクアミが1位入線で単勝1,810円ゲット!
更に2位には△①トレジャートローヴ
3位には△⑧サプルマインドが入線しており、三連複の配当は25,860円、三連単は228,900円と高配当を叩き出した!

2016年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
中京記念では7番人気ガリバルディ
函館2歳Sでは2番人気レヴァンテライオン
がそれぞれ制した。
函館2歳Sでは圧倒的1番人気モンドキャンノを退け、レヴァンテライオンが2歳コースレコードで勝利した。
レヴァンテライオンの父は米国3冠馬アメリカンファラオを輩出したパイオニアオブザナイル、日本では馴染みの薄い血統。
本来はダート向きの血統であるにも関わらず、芝でのコースレコードを叩き出したあたり秘めている素質は並大抵のものでは無いだろう。
来年のクラシックで活躍する可能性も高いので、今後も要チェックだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line