TOP > 競走馬 > 【2014年オークス直前】今回も伏兵となるか!?シャイニーガール
競走馬

【2014年オークス直前】今回も伏兵となるか!?シャイニーガール

桜花賞こそ敗れてしまったものの、スイートピーSを制覇。常に低評価を覆してきた馬であるが、今回のオークスはどうなるか!?シャイニーガールについてまとめてみた。
競走馬

オークス前に復活!見事、権利を奪取!

ここ2戦は重賞で大敗していたが、オークス前哨戦のスイートピーSを快勝!オークスに向けて万全の体勢か!?
inyofu シャイニーガールは、父ブラックタイド、母ブライティアガール、母の父アフリートという血統。通算成績は7戦3勝となった。

 田中勝騎手は「うまく流れに乗れて、思った通りの競馬はできました。いい脚を使うし、距離が延びても大丈夫だと思います」と本番への見通しを口にしていた。

2014年 スイートピーS レース映像
動画を見る

馬込みは苦手!?

inyofu 湯窪貴幸調教助手:チューリップ賞でも結果が出なかった通り、揉まれ弱いです。チューリップ賞のあのメンバーで揉まれて走れなかったので、桜花賞で揉まれたらやっぱり走れないです。
inyofu 1着 シャイニーガール 田中勝春騎手
「うまく流れに乗れましたし、思った通りの競馬になりました。馬ごみがあまり好きではない馬ですが、スムーズに運べるといいですね。うまくいきました。力もありますし、距離が延びても大丈夫だと思います」
騎手、調教助手が認めているように、馬群に揉まれることがあまり好きではない馬。オークスでは枠順などで外に回せるかがポイントか!?

連闘の疲れなく順調!

inyofu スイートピーSを制したシャイニーガールはコンスタントに使われているが、使い詰めによる疲れは感じられない。「食べる量も落ちていないし順調ですよ。前走で減った馬体重も戻っています」と高村助手。「スムーズな競馬で力を発揮できれば。どこまでやってくれるか楽しみです」と期待していた。
inyofu 前走・スイートピーSを快勝したシャイニーガール(湯窪)はこの中間も元気いっぱい。軽快に坂路を駆け上がり4F54秒7~1F13秒4を刻んだ。湯窪助手は「使い込んでいるけどタフで、ここにきて毛づやが良くなっている。調子は上向き」と好感触。
使い詰めの影響は少なそうである。むしろ、調子が上向いているというコメントもあり、オークスでの一発が期待できそうだ。

父ブラックタイド、母ブライティアガールの間に生まれたシャイニーガール。牝馬クラシック前では、人気薄ながらそれを覆す走りを見せてきた。 大敗した2戦での敗因は分析されており、しっかりとオークスの前哨戦に勝って出走を決めた。再び人気薄を覆し、名前通りの「かがやく少女」になれるのか!?楽しみな1頭である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line