TOP > 競走馬 > 「ネロ」馬場が渋っても問題ない!堅実な走りで先をゆく【スプリンターズS】
競走馬

「ネロ」馬場が渋っても問題ない!堅実な走りで先をゆく【スプリンターズS】

卓越したスピードで安定した成績を残しているネロがスプリンターズSでGⅠ初挑戦を迎える。惜敗が続きオープン入りまで時間を要したが、昨年末にオープン特別を連勝すると、今年は韋駄天S、アイビスSD、そしてセントウルSで3戦連続2着に入り着実に力をつけている。前走のような好位差しに持ち込めばチャンスは十分だ。そんなネロについてまとめてみた。
ネロ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【韋駄天S】斤量差が響き2着!

近2走は重賞に挑戦し、9着・4着と結果が出なかったが1番人気に支持された。レースは3番手当たりから進めるも57,5キロの斤量が響いて伸びきれず2着となった。しかし勝ち馬が53キロだったことを考えれば負けて強しの内容だ。
動画を見る
以下はレース後の内田博幸騎手のコメント
inyofu 2着 ネロ(内田博幸騎手) 「斤量差が出ましたね。それでもリラックスして57.5キロを背負ってしっかり走ってくれています。これからだんだん良くなりそうです」

【アイビスSD】大外枠から理想の競馬もベルカントに惜敗・・・

大外枠から好スタートを決めると、勢いよくダッシュをつけてレースの主導権を奪う。理想的な競馬に持ち込み逃げ切りを図ったものの、ゴール寸前で連覇を狙うベルカントに内からかわされ惜しくも2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ネロ(内田博幸騎手) 「理想的な形ではありましたが、最後に出られてしまいました。相手は持ったまま来ていましたし、強かったです」

【セントウルS】速い流れに飲まれず2着確保!

好スタートを切って先行争いに加わったが、最内のビッグアーサーと大外のスノードラゴンの先手争いが激しくなったため5番手に控える。直線に入り外からじりじりと追い上げたものの、逃げたビッグアーサーが止まらず2着。それでも着実に賞金を加算し、秋の大一番に期待を抱かせる一戦となった。
動画を見る
inyofu 2着 ネロ(内田博幸騎手) 「外の馬があんなに行って流れが速くなるとは。あの流れで止まらないのだから、勝ち馬は強いですね。なかなか道中息を入れるところがありませんでした。ついていったら完全に止まっていたでしょう。この馬も人気通り走って頑張っています」

【スプリンターズS】栗東の坂路番長は木曜追い

inyofu 栗東坂路で単走。開門直後も雨で不良状態だったが、いつものように12秒3-12秒0-12秒0の高速ラップを刻み、少し仕掛けられたラスト1Fも12秒8でまとめた。この馬場で4F49秒1はさすがのパフォーマンス。好調キープは確実だ。

坂路調教での破格の時計で注目を浴びるネロだが、中山コースは(2・2・0・2)と好相性。リーチザクラウンが種牡馬として活躍し勢いを取り戻しつつある西山茂行氏に久々のGⅠのタイトルをプレゼントしたい。もう2着はいらないと虎視眈々とタイトルを狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line