TOP > 競走馬 > 「ネロ」体調は万全!能力的にも間違いない【スプリンターズS】
競走馬

「ネロ」体調は万全!能力的にも間違いない【スプリンターズS】

スピードを活かした競馬が魅力のネロがスプリンターズステークスに出走する。昨年は韋駄天ステークス、アイビスサマーダッシュ、そしてセントウルステークスで3戦連続2着で、さらには京阪杯で初重賞制覇と充実した1年であった。今年は人気に応えることのできたレースはないが、自分の形にハマれば強いそんなネロについてまとめてみた。
ネロ

【京阪杯】重馬場をモノともせず初重賞制覇!

重馬場で行われた京阪杯。ゲートが開くと押していって先手を奪い取る。前半の600m通過は34.1と馬場を考慮すればハイペースで直線に向かうと、後続を突き放し余裕たっぷりでゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 1着 ネロ(M・バルザローナ騎手) 「良いスタートが切れました。ある程度ペースも速かったのですが、馬はリラックスして走れていました。仕掛けてからもう一度反応してくれました。強かったです」

【アイビスSD】久々が影響したか...

スタートからあまりスピードに乗ることが出来ず、4番手集団あたりで手綱がしごかれる。残り400mで一瞬前に追いすがるシーンもあったが、伸びを欠き10着でゴールイン。
動画を見る
inyofu 10着 ネロ(戸崎騎手) 「スタートを出てくれましたし、もう少しスピードに乗れれば良かったのですが、58キロが響いたかもしれません」

【キーンランドC】思ったような競馬が出来ず...

まずまずのスタートから手綱をしごかれるもそこまでスピードに乗らず、5番手の内目を通る。4コーナーを良い手応えで回るも、直線コースではなかなか伸びることはなく8着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 中野省騎手(ネロ=8着)「リズム良く運ばせてあげられなかったので」

【スプリンターズS】追い切り 超A級時計を叩き出す!

inyofu 「週初めに栗東からいったん函館に入厩して、すぐに札幌に移動。その後に追い切りを消化しての競馬だった。マイナス12キロと体も減ってモロに強行軍の影響が出てしまった」と高野助手は振り返る。
inyofu 前々走のアイビスSDは「年齢的に多少ズブさが出て、いい位置が取れなかったのが響いた」と同助手。前走を含めた近3戦の結果にこだわる必要はないのだ。
inyofu 栗東に帰厩後は体温が上がったため短期放牧を挟んだが、その後はこのレースを目標に順調に追い切りをこなしてきた。坂路での1週前追い切り(21日)は一杯に追われて4ハロン49・3―36・5―12・4秒という超A級時計を叩き出した。

昨年のスプリンターズステークスでは2番手追走から懸命に粘りに粘って勝ち馬から0.1秒差の6着と、条件がうまく噛みあえばGI級の相手でもそれなりにやれる能力はある。今年はまだ3戦しかしておらず他の馬よりもフレッシュな状態で挑めるのも大きなアドバンテージだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line