TOP > コラム > 極貧夫婦の崖っぷち馬券術【7月31日版】
コラム

極貧夫婦の崖っぷち馬券術【7月31日版】

極貧夫婦の崖っぷち馬券術
洋子「ほんと、ごめん。私もう競馬やめるよ、守ちゃん!」
「もう済んだ事はしょうがないじゃん、いいよ、いいよ。」
洋子「だって、私さ、何も分からずに買った時は、びっくりするほど勝ったのに、勉強すればするほど、ハズレるようになって、もう悲しすぎるよ。」
「難しいからね、競馬は。オレなんか勝った事ないもん、自慢じゃないけど。」
洋子「だったら、なんで、こんな事になってるんだよ!あ~腹立つな。」
「怒るなって。冷静になってくれよ、もうおまえの勝負勘だけが頼りなんだから。」
洋子「私、勝負勘なんて、ないよ、きっと。それに、1号さんや7号さんみたいに、負けても大笑いできないし・・。」
「ま、そのうち運も変わるよ。オヤジさんがよく言ってるから、勝負事の運気は、ころころ変わるから、それに上手に乗れる奴が最後は勝つんだ、って。」
洋子「だとしたら、今は、絶不調だと思うよ、私たち。」
「そうかな?そろそろ来そうな気がするけど・・。」
洋子「あ~あ、あと、29万しかないよ。しかも、全額借金の29万。どうしよう・・。」


とそこへ、7号からの電話。


7号「おう!洋子ちゃん、またハズレたね!ハズレたら、厄落とし!って思った方がいいからね!」
洋子「え?どういう意味ですか?」
7号「競馬で、負けたおかげで、違う災難を逃れられた!ってことだよ。」
洋子「じゃあ、良かった!って思えばいいんですか?」
7号「そうそう、オレも1号のアニキも、競馬がハズレたら、仕事で良いことがある!って真剣に思ってるからね。」
洋子「私たち、仕事もないですから、他にいいことあり得ませんよ。」
7号「あるよ、事故に遭わなかった、とか、何か拾ったとか・・。あるだろ、色々。」
洋子「守!最近何か拾った?」
「う~ん、モンスターくらいしか拾えてない。」
洋子「バカか、おまえは。もういいよ。」
洋子「あ、すみません、7号さん、ここんとこ良いことゼロです、私たち。」
7号「じゃあ、明日あたりあるんじゃないかな、それより、明日なに買うの?」
洋子「まだ、決めてませんけど。」
7号「ふ~ん。ま、とにかくハズレて良かったって思うようにね。じゃ!」


と、7号からの訳の分からないアドバイスがあったそうな。
ま、ハズレていいとも思えない崖っぷち状態なので、何とか当てたいところ。


で、悩んだ末の馬券は・・・


札幌1レース!
アンジュデジールの複勝10万円!
おそらく、配当は、110円。か、へたすると、100円戻しもあり得る。
と思い、馬単に変更。

8→3に1万、8→4に1万、8→6に1万。

それと、8を頭固定の三連単、相手は、3,4,6,7の4頭。12点に各3000円。
全部で、6万6千円の勝負!

これは、当たりそうだけど・・。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line