TOP > 予想/馬券 > 【2016年アイビスSD】伏兵の好走が多い!高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【2016年アイビスSD】伏兵の好走が多い!高配当の使者はこの馬だ!

ここ5年は1番人気が4勝と強さを見せる一方で、6番人気かの伏兵が馬券に絡むことが多くガチガチの決着とはならないアイビスSD。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

前走が条件戦の馬も活躍!

過去10年、前走が条件戦だった馬も(2,1,3,25)と侮れない活躍をしている。1000万なら勝利、1600万なら3着以内であれば好走の期待はできる。
前走の駿風Sは3着だったブライトチェリー。準オープンからの格上挑戦となるが、千直はメンバー最多タイの3勝を挙げているコース巧者だ。得意の舞台で一発大駆けを期待したい。

クロフネ産駒が好成績!

過去3年の新潟芝1000mで、クロフネ産駒の牡・セン馬は複勝率54.5%と好成績。かなりの確率で馬券に絡んでいるので、しっかりと抑えておきたい。
アイビスSDは2年連続3着のアースソニック。後方からレースを進める馬で展開に左右されるが、この舞台ではキッチリと脚を使う走りが目立つ。前がハイペースで飛ばす展開になれば、過去2年より上の着順も期待できる。

外枠が活躍!

過去5年、6番人気以下で馬券に絡んだ馬は全て6-8枠だった。好枠を味方に穴をあける可能性のある馬を見つけ出したい。
6枠8番を引き当てたフレイムヘイロー。昨年の韋駄天Sではネロを封じ込めており、千直の適性は申し分ない。前走はやや脚を余した印象を受ける不完全燃焼な競馬だった。今年デビューした新人騎手では、最多の19勝を挙げている木幡拓也騎手とのコンビで1発を狙う。

連覇を狙うベルカント、千直巧者のネロとプリンセスムーンの3頭が人気を集めそうな今年のアイビスSD。この3頭に割って入れる馬を見つけ出せれば、高配当の期待は高まるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line