TOP > 予想/馬券 > 【オークス直前】堅実なギャル!?パシフィックギャル
予想/馬券

【オークス直前】堅実なギャル!?パシフィックギャル

ここまで堅実な走りを見せるパシフィックギャル。重賞で2着後、桜花賞をパスしてオークス1本に絞ってきた。
そんなパシフィックギャルについてまとめてみた。
ギャル

母はオークス馬!

母アイランドファッションはアメリカの馬で、デラウェアオークスという重賞を勝利している。
本馬も母同様オークス馬になれるのか!?

母馬であるアイランドファッション(USA)の詳細データはこちら

2週続けて同着の珍事!

フラワーCはその前の週の中山牝馬と同じく2着同着。重賞2週連続2着同着は初めてのこと。オークスでも珍事演出役となるか??
inyofu 激しい2着争い。内マイネグレヴィル、外パシフィックギャルが馬体を並べてゴール。長い写真判定の末、2着同着となり、2頭がそれぞれ収得賞金700万円(本賞金は2着賞金+3着賞金を均等割り)を上積みした。

2014年 フラワーC レース映像
動画を見る

オークスに適性を見込む

陣営もオークスに適性があると見込んでおり、期待しているようだ。
inyofu この馬は先行して自分からどんどん走るタイプではなく、急かさないと位置が下がっていく馬でしたが、デビューから内田博幸騎手がいろんなことを試しながら、力をつけてくれたことで、どんな展開でも対応できる下地ができました。今回に向けてはいいレース経験をしてきていると思います。

能力の高い馬なので、この馬でクラシックに行きたい気持ちがあります。桜花賞はもちろんですが、よりオークスのほうに距離適性もあり、パフォーマンスを出せると思いますので、しっかり2着以内に入って賞金を加算したいです

追い切りの様子は???


桜花賞組と比べ、間隔が空いてしまう本馬。様子はどうなのだろうか。
inyofu パシフィックギャル(牝3、美浦・手塚厩舎) 前走=フラワーカップ2着
助手を背に坂路コースで追われ、4F54.9-40.4-26.5-13.5秒をマーク。

【手塚貴久調教師のコメント】
「今日の1週前追い切りは、あれ以上強くは追えないですし、それを考えれば十分な内容だったと思います。この条件はやってみないと分からないところはありますが、崩れず堅実に走ってくれますからね。ジョッキーはC.ウィリアムズ騎手を予定しています」

母アイランドファッションはアメリカの馬デラウェアオークスを勝利し、父はこの年代に多いゼンノロブロイ。 ここまで堅実な走りを見せてきているがなかなか勝ちまでは遠い。しかし、オークスでは適性が見込まれており、今度こそ1着に!という想いは強いだろう。 桜花賞をパスしてここ一本に絞ったことが吉と出るか凶と出るのか、見物である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line