TOP > レース > ベルカント2連覇!【第16回アイビスサマーダッシュ】レース結果まとめ
レース

ベルカント2連覇!【第16回アイビスサマーダッシュ】レース結果まとめ

2016年7月31日(日)新潟競馬場で行われたG3【第16回アイビスサマーダッシュ】 競馬のレース結果をまとめた。
馬キュレ

アイビスサマーダッシュはベルカントが優勝

inyofu 7月31日、新潟競馬場で開催された第11R・アイビスSD(GIII、芝1000m)は、スタート後、外に進路を取り2番手につけた1番人気ベルカント(牝5、栗東・角田)が、直線半ばからゴールまで2着馬と馬体を併せての激しい追い比べ。この競り合いをわずかに制し、同一レース連覇を達成した。勝ちタイムは54秒1(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。アタマ差の2着は好ダッシュを決め先頭に立ち、勝ち馬と僅差の勝負に持ち込んだ2番人気ネロ、2着に1馬身1/4差の3着は中団やや前から差を詰めてきた3番人気プリンセスムーンが入っている。

▽配当
単勝4 240円
馬連4-13 360円
馬単4-13 670円
3連複4-6-13 480円
3連単4-13-6 1800円
(4.ベルカント、13.ネロ、6.プリンセスムーン)

▽【ベルカント】
父サクラバクシンオー
母セレブラール
母父ボストンハーバー
通算19戦6勝(うち重賞5勝)
動画を見る

レース後コメント M.デムーロ騎手「すごい脚色」

inyofu 「同じ馬で連覇が出来てうれしいです。すごい脚色でした。前走で私は乗っていませんが、3着で頑張っていました。4番枠でいい枠順ではありませんでしたが、2番手くらいにつけることが出来ました。最後は危なかったのですが、イメージ通りのレースが出来ました。次走も頑張ります。この夏も新潟で騎乗します。応援よろしくお願いします」
アイビスサマーダッシュを制したのは昨年の覇者ベルカントであった。

理想的な走りも2着 ネロ

inyofu 内田は「1頭になるとフワッとするので、どうやって突っついてもらおうかと思っていた。理想的だったけど途中で前に出られたからね。強いな、やっぱり」と勝ち馬に脱帽していた。
重賞でなかなか結果の出なかったネロはあと一歩勝利には届かなかったが2着入賞であった。

遅い重賞デビューでも3着に! プリンセスムーン

inyofu 北村友は「ゲートは今までで一番出てくれたが1、2着馬のペースになってしまった。最後はずっと同じ脚色だった」と前が止まらない展開を嘆いた。それでも6歳での重賞初挑戦で健闘。「よく成長してくれた」とパートナーを称えていた。
6歳にして重賞初挑戦となったプリンセスムーンはスタートから好位についていたが前2頭に届かず3着であった。

その他着順&コメント

inyofu  ▼4着アットウィル(蛯名)直線競馬が初めての分、一瞬離されてしまった。その後は詰めているんだけど。

 ▼5着ローズミラクル(吉田隼)壁をつくれなかった。もう少し外の枠だったら…。

 ▼6着アースソニック(石橋)少し左に張ってしまって減速気味になった。真っすぐ走れていれば。

 ▼7着ブライトチェリー(杉原)どうしてもテンに行けない分はあるが、最後までしっかり伸びている。

 ▼8着フレイムヘイロー(木幡巧)しっかり脚は使ってくれたが、前が速かったですね。

 ▼9着マイネルエテルネル(柴田大)この条件は忙しいし、休み明けの分もある。

 ▼10着ヤマニンプチガトー(村田)この馬の脚は使っているが、忙しい。

 ▼11着ヤサカオディール(的場)スタートが決まって流れには乗れた。

 ▼12着ファンデルワールス(西田)オープン級のスピードを持っているし、千直の適性はある。

 ▼13着サトノデプロマット(柴田善)適性がないのか。

アイビスサマーダッシュを制したのは1番人気ベルカントであった。2着は2番人気ネロ、3着は3番人気プリンセスムーンと完全に人気通りの決着となった。連覇を果たしたベルカントは負けられない舞台での見事な勝利で力を見せつける形になった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line