TOP > エンタメ・雑学 > 2016年8月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年8月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年8月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
夏女ベルカントがアイビスSDを連覇した先週の競馬界。一方その頃…あの馬は? 1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】新種牡馬スマートファルコン産駒初勝利

inyofu 7月31日、札幌競馬場で開催された第6R・メイクデビュー札幌(新馬、ダ1700m)は、道中2番手を追走した1番人気ビーチマリカ(牝2、栗東・加用)が、抜群の手応えで直線に向くと逃げ馬を悠々と交わして先頭へ。そのまま後続を突き放し勝利を飾った。勝ちタイムは1分46秒7(稍重)で、鞍上は四位騎手。
動画を見る
スマートファルコン産駒のビーチマリカが後続に5馬身差を付けてデビュー戦を圧勝した。勝ったビーチマリカの父スマートファルコンは本年度の新種牡馬で、この勝利が産駒のJRA初勝利となっている。

【新馬戦】世界的な名血を持つソウルスターリングがデビュー戦を快勝

inyofu 7月31日、札幌競馬場で開催された第5R・メイクデビュー札幌(新馬、芝1800m)は、中団でレースを進めた1番人気ソウルスターリング(牝2、美浦・藤沢和)が、直線に入り鋭い脚を繰り出すと、先に抜け出した2着馬をゴール寸前で捕らえ勝利した。勝ちタイムは1分51秒4(良)で、鞍上はC.ルメール騎手。
動画を見る
世界的な良血馬ソウルスターリングがデビュー戦で差し切り勝ちをおさめた。父のフランケルは14戦14勝の無敗馬であり、G1は10勝を挙げている。さらに母スタセリタもG1を6勝しており、父母合わせて「16冠」という超良血。日本の芝にもしっかり対応しており、今後のソウルスターリングの活躍が楽しみだ。

【サマージョッキーズシリーズ】アイビスSDを制したデムーロ騎手が単独首位に

inyofu サマージョッキーズシリーズ
1位 M.デムーロ騎手   21pt(CBC賞/1着、アイビスSD/1着、中京記念/15着)

2位 戸崎圭太騎手    11pt(七夕賞/1着、函館スプリントS/7着)
2位 丸田恭介騎手    11pt(函館スプリントS/1着、函館記念/7着)

4位 内田博幸騎手    10pt(アイビスSD/2着、七夕賞/3着、函館記念/15着)
4位 小牧太騎手     10pt(七夕賞/2着、中京記念/2着)
4位 丹内祐次騎手    10pt(函館記念/1着)
4位 福永祐一騎手    10pt(中京記念/1着)

8位 藤岡康太騎手     8pt(CBC賞/3着、函館スプリントS/4着、中京記念/14着)

9位 岩田康誠騎手     6pt(函館スプリントS/2着、函館記念/11着)
9位 北村友一騎手     6pt(アイビスSD/3着、七夕賞/9着、函館記念/14着)
9位 浜中俊騎手      6pt(函館記念/2着、CBC賞/7着)
9位 松若風馬騎手     6pt(CBC賞/2着、中京記念/13着)
9位 吉田隼人騎手     6pt(函館スプリントS/4着、アイビスSD/5着)
アイビスSDをベルカントを駆って勝利したデムーロ騎手がサマージョッキーズシリーズで単独首位に躍り出た。2位の戸崎騎手、丸田騎手とのポイント差は10に広がったものの、残り8戦のなかで順位はまだまだ変動するだろう。

カリス・ティータン騎手がJRA初勝利!

inyofu 7月30日、札幌競馬第6R・3歳未勝利でホーリーフルーツ(牝3)が1着となった。これにより、騎乗していたカリス・ティータン騎手(26、モーリシャス)は、騎乗24戦目で待望のJRA初勝利を挙げている。
inyofu 同騎手は「みなさん本当にありがとうございます。みなさんコンニチハ。日本で騎乗できて嬉しいです。初勝利までちょっと時間がかかってしまいましたが、本当に嬉しいです。日本の競馬ファンは素晴らしいし、日本の人は優しいです。今日の残りのレースも明日も頑張りますので、応援よろしくお願いします。アリガトウゴザイマス」とJRAを通じてコメントしている。
モーリシャス出身のカリス・ティータン騎手が7月30日に行われた札幌競馬第6Rで待望のJRA初勝利を挙げた。ティターン騎手はその日のメインレースでも4番人気サンソヴールで勝利しており、日本の競馬にも慣れた印象。もしかしたら今後、アッと言わす騎乗を見せるかもしれない。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!7月31日の結果発表!

inyofu 札幌12R
◎⑩セルリアンサーロス
○⑪ドラゴンキングダム
▲④エグランティーナ
△⑦エビスグレイト
△①ジュアンマリエ
△⑤コスモカウピリ
△⑨ロトラトゥール

叩く度に差を縮めている叩き良化型。スタート決めれば更に差を縮められる。
inyofu 小倉12R
◎④ロードキング
○①ジュヒョウ
▲⑦ダノンプレシャス
△③ラウレアブルーム
△⑭ヴィンテージローズ
△⑫ヤマニンエルフィン
△②センショウレイナ

ブリンカー効果が思った以上にある可能性はある。元々の素質が開花して昇級でも。
inyofu 新潟12R
◎⑤タンサンドール
○⑥グラスアクト
▲⑨エルゼロ
△⑮ジュンザワールド
△③キールコネクション
△⑬クワッドアクセル
△⑦サマーラヴ

ダート替わりはプラス。500万ならあっさり勝てる器。
先週は高配当的中をしたじゃいさん、今週は不調だったようだ。
札幌12Rでは11番人気⑩セルリアンサーロスを本命にするも、結果は惜しくも4着で馬券には絡まなかった。
次回に期待したい。

2016年8月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
アイビスSDでは1番人気ベルカント
クイーンSでは9番人気マコトブリジャール
がそれぞれ制した。
クイーンSでは出走が確定していた今年のオークス2着馬にして断然の1番人気チェッキーノが突然の出走取り消し。
左前脚に軽度の屈腱炎があったためとのことだった。
レース自体は2着に1番人気シャルール、3着には11番人気ダンツキャンサーが入り、3連単の配当は39万7120円。
もしもチェッキーノが出走していれば、意外と固い決着になったのかも知れない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line