TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】UHB賞予想
コラム

覆面馬主【データの8号】UHB賞予想

覆面馬主 データの8号
どうも皆さんこんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

では早速、札幌の結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
札幌02R ◎ ④クインズフェザー
(大きな減点項目がない優等生タイプ)

札幌04R ◎ ⑥ゴールデンスランバ
(ダート→芝替わりの激走に期待)

札幌06R ◎ ⑪ロックキャンディ
(スピード指数がずば抜けて高い)

札幌11R ◎ ⑦セカンドテーブル
(大きな減点項目がない優等生タイプ)
-------------------------------

それではUHB賞の結論。

■札幌11R UHB賞
芝1200m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【札幌芝1200m】
3歳上OP

●傾向

※2009年以降の札幌芝1200m(3歳上OP)の計4戦

1、前走クラス
馬券対象馬数は、前走1600万下組3頭、前走OP特別組4頭、前走GIII組5頭。なお、出走頭数の関係で複勝率は前走1600万下組33%、前走OP特別組23%、前走GIII組22%。


2、前走距離
前走1200m組の馬券対象馬10頭。残りは1000m組2頭。なお、前走1000m組の馬券対象馬はいずれもアイビスSD組。


3、前走着順
前走1600万下組の馬券対象馬はいずれも前走で洋芝の1200m戦に出走し、連対している。
前走OP特別組の4頭は、内3頭は前走3着以内、また残る1頭も5着ながら勝ち馬との差は0.1秒と僅差。
前走重賞組の馬券対象馬は、函館SS組2頭、アイビスSD組2頭、CBC賞組1頭。いずれも7月以降のレースに出走している。5頭中4頭は9着以下だった。


4、厩舎(札幌芝1200m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・藤沢和雄厩舎
2位・尾関知人厩舎
3位・安田隆行厩舎


5、騎手(札幌芝1200m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・福永祐一騎手
2位・ルメール騎手
3位・黛弘人騎手
4位・荻野琢真騎手
5位・勝浦正樹騎手


6、血統(札幌芝1200m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位デュランダル
2位ストーミングホーム
3位アドマイヤムーン
4位ファルブラヴ
5位ハーツクライ

各分析を踏まえ、最終結論へ。


◎セカンドテーブル
前走で勝っているとはいえ、ダートを使って二桁着順や芝でも二桁着順があるなど、成績は乱高下するタイプ。
ただ、これが1200m戦に限定すると、ほぼ崩れていないのが、この馬の成績。前走の勝利もそうですし、シルクロードSの4着もそうです。過去の成績をパッと見るだけでは気付き難い部分かもしれませんが、少なくともこれまでの成績から芝1200mに関しては、かなりの巧者です。

シルクロードSの4着や前走の勝利をそのまま評価すれば、迷うことなく、この馬が本命です。

次にエポワス。洋芝は走ります。また管理する藤沢和先生は、この札幌芝1200mの条件では、過去3年の管理馬の成績が、8戦4勝と圧倒的な勝率を誇っており、複勝率も60%を超えています。データからかの馬も注意が必要でしょう。

ということで、1200mでは好走を続けるセカンドテーブルを軸に、二番手にエポワス。その他は以下の各馬に注目します。

◎⑦セカンドテーブル
○⑤エポワス
▲⑪オメガヴェンデッタ
☆⑩オデュッセウス
△③クリスマス
△⑫サドンストーム
△⑬ローレルベローチェ

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単も少々。


レパードステークス予想
小倉記念予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line