TOP > 予想/馬券 > 近走の上位人気馬が勝つ!?【第52回小倉記念】予想まとめ
予想/馬券

近走の上位人気馬が勝つ!?【第52回小倉記念】予想まとめ

2016年8月7日(日)阪神競馬場で行われるGI【第52回農林水産省賞典小倉記念】はサマー2000シリーズの第3戦となる、ハンデキャップレースだ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 直近のJRAのレースでの位置取りに注目

過去10年の出走馬について、直近で出走したJRAのレースでの4コーナーの位置別に成績をまとめると、「6~9番手」組が勝率と3着内率でトップ、「10番手以下」組が連対率でトップとなっている。ただし、3着には「5番手以内」組が6頭入っており、3着内率で「10番手以下」組を上回っている。2着以内に限れば前走の4コーナーを「6番手以下」で通過していた馬が多く入る傾向にあるようだ。
inyofu 枠番別の傾向は?

過去10年の枠番別成績を調べると、優勝馬10頭中9頭は「1~3枠」か「7、8枠」の馬で、「4~6枠」の馬はわずか1勝のみ。3着内率でも「1~3枠」と「7、8枠」が上位となっている。「4~6枠」は2着に6頭入っており、連対率ではほぼ互角の数値となっているが、全体的に見れば“内寄りの枠”か“外寄りの枠”の成績が上位となっている。枠番を参考に検討してみるのも、面白いかもしれない。
inyofu 近走で上位人気に支持されていた馬が強い

2011年以降の過去5年の出走馬について、過去2走以内の最高単勝人気別に成績をまとめると、優勝馬5頭はいずれも過去2走以内に「1~3番人気」に支持されたことがあった。近走でファンから高い支持を受けていた馬は、このレースでもノーマークにはできないだろう。
inyofu ×単勝100倍以上
(0-0-0-15)
×ハンデ51kg以下
(0-0-0-11)
△ハンデ52kg
(0-0-2-10)
△追い込み
(0-0-2-39)
△前走着差負け2.0秒以上
(1-0-0-13)
△前走OP特別
(0-0-2-24)
△前走条件戦で当日4番人気以下
(0-0-3-15)
×前走ダート
(0-0-0-7)
△間隔2週以内
(0-1-2-17)

小倉2000m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 浜中俊 (20-13-8-41)24.4% 40.2% 50.0%
川田将雅(12-9-12-27)20.0% 35.0% 55.0%
小牧太 (8-6-9-40) 12.7% 22.2% 36.5%
和田竜二(8-5-5-49) 11.9% 19.4% 26.9%
藤岡康太(6-12-2-67) 6.9% 20.7% 23.0%

幸英明 (5-9-10-73) 5.2% 14.4% 24.7%
松山弘平(4-7-6-106) 3.3% 8.9% 13.8%
藤岡佑介(3-3-2-29)  8.1% 16.2% 21.6%
松若風馬(2-4-2-26)  5.9% 17.6% 23.5%
岩田康誠(1-0-0-4)  20.0% 20.0% 20.0%

ホワイト(0-2-0-0)  0.0% 100.% 100.%
古川吉洋(0-0-3-30)  0.0% 0.0% 9.1%
inyofu ディープインパクト(27-21-7-126) 14.9% 26.5% 30.4%
ハーツクライ   (13-18-11-68) 11.8% 28.2% 38.2%
ステイゴールド  (13-9-19-119) 8.1% 13.8% 25.6%
ハービンジャー  (7-4-5-28)  15.9% 25.0% 36.4%
ダンスインザダーク(6-6-5-73)   6.7% 13.3% 18.9%
ブラックタイド  (0-1-2-18)   0.0% 4.8% 14.3%

衰えは心配ない ダコール

inyofu オルフェーヴル世代の8歳馬だがまだまだ衰えはなく、差し馬ながらも自在な立ち回りと一瞬の脚で馬群を捌いてくるレースぶりは安定感抜群。前走にしてもこの馬の器用さを見事に発揮したレースで、あの競馬ができているうちは衰えは心配ないだろう。
3走前小倉大賞典2着、前走七夕賞2着と長距離輸送のあるローカルの重賞での好走実績は十分ある。

好走の余地はありそう アングライフェン

inyofu 中日新聞杯12着・新潟大賞典10着と調子を落としていたが、マレーシアカップを3角から捲くる強い走りで完勝。完全に本調子に戻っていると判断できる。長距離輸送で馬体重が減りやすい体質なので早めの小倉滞在で調整で万全状態で挑む陣営の本気度の高さを感じられる。
過去2回の重賞挑戦では中日新聞杯12着、新潟大賞典10着と結果を出せていないが、舞台が(2・0・0・1)と相性のいい小倉コースへと替わるだけに、通用する可能性は十分だ。

ベスト条件 ベルーフ

inyofu 昨年、このレースで2着に入った実績がありますが、その時はパートン騎手の好騎乗があってのものでした。
この馬は本当に乗り難しい馬ですね。並の騎手では扱えないでしょう。
今回のホワイト騎手がどうこの馬を導くか・・・そこがこの馬の結果を左右すると思います。
ベルーフは非常に面白い馬であり、私の中では不器用な小回り上手と見ております。
この小倉記念というレースは外をぶん回すなどの雑な競馬でも好走できる特殊なレースであり、この馬にとってはベスト条件といえるでしょう。
昨年は3歳で小倉記念を2着。以後は凡走続きで馬券に絡んでいないが得意のローカル小回りコースなら巻き返すことがあっても驚けない。

ぶっちぎりまで可能性はある サトノラーゼン

inyofu ダービーは完璧にハマっての2着ですがあの相手にあの内容なら上等。
セントライトは特殊過ぎるIN残り競馬で仕方なし、菊は距離が長過ぎ。
AJCCは舞台設定が合わず、前走は左回りが敗因か?という近走内容。
今回は条件好転するし実績の割にはハンデも手頃な印象を受ける。
力を出し切れば当然ぶっちぎりまで可能性はあると思う。
昨年のダービー2着以後は4戦連続で凡走で特に今年は2戦連続の2桁着順。ダービー参戦の為に無理して使われた目に見えない精神的な疲労が抜けていないことが考えられる。

テイエムイナズマ

inyofu 前走は意表をついた逃げを打つも、いつもとは違う競馬をしたせいか対応できず。2走前は京都マイルという超スピード条件で適正合わずに仕方がない結果。この馬の本質は3、4走前に阪神コースで見せたように、上がりのかか馬場、展開でグイグイ伸びてくることにあり、今回の小倉記念の持久力勝負はいかにも合いそう。
前走のメイSは、長距離輸送がこたえたのか、馬体重がマイナス12kgの502kgと大きく減っていた。今回も小倉への輸送があるだけに、当日の馬体重をしっかりチェックしたい。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回のアイビスサマーダッシュは予想した4頭が
◎→○→▲→☆と順番通りの完全的中を達成!
逆に言えば人気順通りの決着で素直に喜べないが予想は的を得ていると思うので気分は良い
アイビスサマーダッシュ予想まとめ

配当の低さから満足せず連勝狙って行きたい

小倉記念の予想

◎ベルーフ
○ダコール
▲アングライフェン
△サトノラーゼン
×テイエムイナズマ
☆プランスペスカ
 エキストラエンド

本命はベルーフ

本馬は人気より着順を落とすタイプで狙いづらいが、小回りコースは別。
2000mの重賞レースで2度好走したが、どちらも小回りで大外ブン回す内容。
という事は今回絶好の条件での出走
また、菊花賞以来の内枠で少しは変わり身もありそう。
さらに上記のデータから小倉2000mのハービンジャー産駒は、今回どの種牡馬より勝率が高く
鞍上のホワイト騎手も土日に2000mで2着2回連対しているなど自身の重賞3勝目に向けての舞台は整ったと言える

対抗はダコール

春の小倉大賞典1800m2着、前走の七夕賞2000mと58kgを背負って2着と、勝てないまでも頑張っている。
今回も能力的には上位で、ローカル小回りという条件は合いそう。
しかし狙いは完全に前走だったという感じで、前回自己ベストを出した追い切りに比べると出来落ちは否めない
それでも大きく崩れることは考えづらいので2番手

単穴はアングライフェン

前走は早めの競馬から抜け出し押し切り勝ち。
得意の夏の小倉&舞台巧者の川田騎手で人気になりそうだが今回は昇級戦。
ハンデの差とデキの良さで頭も期待できるが、
出遅れる癖があるので、評価を落とした。

馬券は◎→○▲の馬連

◎一頭軸3連複から印の馬で2連勝を狙う!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line