TOP > 競走馬 > 「スズカデヴィアス」末脚をみせる!初めての福島も苦ではない【七夕賞】
競走馬

「スズカデヴィアス」末脚をみせる!初めての福島も苦ではない【七夕賞】

今年は切れのある末脚を武器に好走を見せているスズカデヴィアスが七夕賞に出走する。これまでは先行して結果を残してきたが、昨年の金鯱賞から控える競馬に挑戦。その結果、今年の白富士ステークスでは内からキレのある末脚で抜け出し久々の勝利を挙げると、金鯱賞でも3着と健闘した。新たな一面を見せた6歳馬が重賞初制覇を目指す。そんなスズカデヴィアスについてまとめてみた。
スズカデヴィアス

【白富士S】内からキレのある末脚で差し切り勝ち!

最内枠からまずまずのスタートを切ると、ペースがすぐに落ち着き5番手の好位からレースを進める。前半1000m62秒9のスローペースを味方につけてじっくりと末脚を溜めると、直線では内で進路が開くのを待つ。そして残り200mで馬群をこじ開け、先に抜け出したサクラアンプルールを内から差し切り、約2年ぶりの勝利を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 スズカデヴィアス(戸崎圭太騎手) 「いい時に乗せてもらいました。最近、後ろから行って差す競馬が板についてきたので、今日も終始ハミを取って、狭い所を割って伸びてくれました。元々力のある馬なので、こういう感じで走れればこの先楽しみですね」

【金鯱賞】外から差し脚を伸ばし3着!

8番枠からまずまずのスタートを切り、道中は中団よりやや後ろで脚を溜める。4コーナーから外に持ち出して直線でスパートを開始すると、外へモタれながらもじわじわと末脚を伸ばし3着に入った。
動画を見る
inyofu 3着 スズカデヴィアス(藤岡佑騎手) 「勝った馬をマークしながら、終始手応え良く運べました。少し左へモタれるところがありましたが、しっかり差し脚を伸ばせるようになりました」

【鳴尾記念】スローペースに泣き惜しくも4着・・・

4番枠からまずますのスタートを切り、すっと後方3番手に控える。武豊騎手のステイインシアトルが前半1000m61秒6のマイペースで逃げる中、スズカは最後の直線での追い込みに懸けたが、前が止まらず4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 スズカデヴィアス(横山典弘騎手) 「いい脚で伸びて、よく頑張っています。今日は休み明けの分でしょうか」

【七夕賞】直前情報!柔らかいフットワークで好調アピール!

inyofu 栗東坂路で少し気合をつけられた。柔らかみのあるフットワークでラスト1F12秒4と伸び、好調ぶりをアピールした。
inyofu  ◆竹之下助手「しまいだけ少し。動きは良かった。前走はペースが遅かったのに最後はいい伸び。小回りにも対応できるはずだし、あとは横山典騎手に任せたい」

七夕賞の傾向!GⅡでの好走歴に注目!

inyofu 福島競馬場で行われた過去10回の七夕賞では、「5走前までにGII で8着以内に入っていた」という馬が、1600万下クラスからの格上挑戦馬2頭で決着した2008年を除いて連対している。また、過去2年は連対馬が全てこの条件に該当。今年もそのような経歴を持っている馬が出走してきたら、注目しておくことをおすすめしたい。

今年の成績を考えると負担重量56キロはかなり恵まれたと思われる。夏競馬で結果を残していない点は気がかりだが、横山典弘騎手が継続して騎乗するのは非常に心強い。福島でも切れのある末脚を見せられるか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line