TOP > レース > 札幌では負け無しのモンドクラッセが重賞初制覇か!?第21回【エルムS】
レース

札幌では負け無しのモンドクラッセが重賞初制覇か!?第21回【エルムS】

2016年8月14日(日)に札幌競馬場で行われるダート1700mのGIIIレース、第21回【エルムステークス】。
上位人気馬の優勝が続いているこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【エルムS】歴史

inyofu 1996年にダート重賞競走の整備の一環として、4歳(現3歳)以上・別定の重賞競走『シーサイドステークス』が創設され、第1回は函館競馬場・ダート1700mで行われた。翌1997年、函館競馬と札幌競馬の開催日程の入れ替えに伴い、本競走は舞台を札幌競馬場・ダート1700mに移され、競走名も『エルムステークス』と改称された。
シーサイドSの名称で行われた第1回から今に至るまで、上位人気馬による勝利が多いエルムS。過去20年の歴史の中で単勝オッズが10倍以上だった優勝馬はキョウトシチーとパーソナルラッシュの2頭だけだ。

2015年【エルムS】

動画を見る
昨年のエルムSでは、2番人気ジェベルムーサが5番人気グレープブランデーをクビ差で制し、勝利した。ジェベルムーサは今年も出走予定であり、連覇に期待がかかる。

【エルムS】レース傾向

inyofu 距離適性と年齢がポイント
過去10年の出走馬の過去の成績を調べると、3着以内馬延べ30頭中23頭は「JRAのダート1600~1700mの重賞かオープン特別」で連対経験がある馬だった。その経験がある馬は3着内率33.8%と好走率も高い。ダート1600~1700mのレースで実績のある馬に注目したいところだ。
inyofu なお、「JRAのダート1600~1700mの重賞かオープン特別」で連対経験がなかった馬のうち、「6歳以上」の馬は好走例がない。
inyofu また、2010年以降の過去6年に限れば、「JRAのダート1600~1700mの重賞かオープン特別」で連対経験がなかった馬のうち、5歳だった馬も好走例がない。「JRAのダート1600~1700mの重賞かオープン特別」で連対経験がない馬を比較する際は、若い馬を重視すべきだろう。
inyofu 前走の着順と単勝人気に注目
過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、前走の着順が「6着以内」だった。一方「7着以下」だった馬は3着内率5.3%と苦戦している。前走で大敗していた馬は評価を下げたい。
inyofu また、過去10年の優勝馬延べ10頭は、いずれも前走の単勝人気が「4番人気以内」だった。前走の着順だけでなく、そのレースで受けていた評価の高さも重視したいところだ。
inyofu 後方待機策の馬は苦戦
過去8年を対象に前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、前走の4コーナーを「4番手以内」で通過していた馬が3着内率45.5%と優秀な成績を収めている。一方、「8番手以下」で通過していた馬は好走例がない。近年の傾向を重視するなら前走の4コーナーを「4番手以内」で通過していた馬に注目すべきだろう。
inyofu 前走の内容と枠順を素直に評価したい
過去5年の優勝馬延べ5頭は、いずれも前走の着順が「6着以内」で、前走の単勝人気が「4番人気以内」、前走の4コーナーの通過順が「5番手以内」だった。また、この延べ5頭はエルムSでの枠番が「4~8枠」だった点も共通している。
エルムSのレース傾向では、【JRAダート1600~1700mの重賞かオープン特別で連対経験があるor4歳以下】【前走の着順が6着以内】【前走の単勝人気が4番人気以内】【前走の4コーナーを4番手以内で通過していた】競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

第21回【エルムS】登録馬

inyofu クリノスターオー 56
サイモントルナーレ 56
ジェベルムーサ 57
ショウナンアポロン 57
ナリタスーパーワン 56
ヒラボクプリンス 56
ブライトライン 56
マルカフリート 56
モンドクラッセ 56
リッカルド 56
ロワジャルダン 57

地方馬
ナムラビクター 56
今年のエルムSの登録馬は12頭なので、全馬が出走可能。小頭数ながら粒揃いのメンバーが集まった。

第21回【エルムS】予想オッズ

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 モンドクラッセ 2.2
2 ロワジャルダン 3.9
3 クリノスターオー 5.9
4 リッカルド 7.7
5 ジェベルムーサ 9.8
6 ブライトライン 10.3
7 ショウナンアポロン 16.9
8 ナムラビクター 21.6
9 ナリタスーパーワン 54.0
10 ヒラボクプリンス 66.8
11 サイモントルナーレ 102.0
12 マルカフリート 153.1
現時点での予想オッズでは、札幌ダート1700mでは負けなしのモンドクラッセ、昨年のGIIIみやこSを制したロワジャルダンに人気が集まっている。

第21回【エルムS】有力馬は!?

【JRAダート1600~1700mの重賞かオープン特別で連対経験がある】【前走の着順が6着以内】【前走の単勝人気が4番人気以内】【前走の4コーナーを4番手以内で通過していた】モンドクラッセ
inyofu モンドクラッセ(牡5、美浦・清水英克厩舎)は休み明けの大沼Sをコースレコードで圧勝。控える競馬で結果を出せたのも大きな収穫だった。一叩きして更に良くなりそうで、札幌ダート1700mは3戦全勝と大得意の条件。ここは重賞初制覇のチャンスだろう。

【JRAダート1600~1700mの重賞かオープン特別で連対経験がある】【前走の着順が6着以内】【前走の単勝人気が4番人気以内】【前走の4コーナーを4番手以内で通過していた】クリノスターオー
inyofu クリノスターオー(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)は前走の平安Sで2着。逃げた勝ち馬(アスカノロマン)には突き放されたが、2番手追走から粘りに粘って後続を抑えた。このレースでも14年2着、15年4着と掲示板を外しておらず、今年も上位争いが期待される。

【JRAダート1600~1700mの重賞かオープン特別で連対経験がある】【前走の単勝人気が4番人気以内】【前走の4コーナーを4番手以内で通過していた】ジェベルムーサ


2016年8月14日(日)に札幌競馬場で行われるダート1700mのGIIIレース、第21回【エルムS】。 
過去10年の中で、単勝4番人気以下で勝利したのは2006年のヒシアトラスのみ。
そのヒシアトラスも単勝5番人気だったことを考えると、今年も順当な決着となりそうだ。
現時点で一番信頼できそうなのが、前走・大沼Sでレコード勝ちをおさめたモンドクラッセだろう。
札幌ダート1700mは3戦全勝で好相性、好走する傾向も満たしており先行策からの粘り勝ちが期待できる。
また、昨年4着のリベンジに燃えるクリノスターオーも軽視できない存在で、同じく好走する傾向を満たしている。
今年の有力馬の多くは逃げ・先行を得意としているタイプだが、上手く好位に付けれれば逆転は可能だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line