TOP > レース > 人気に応えて重賞初制覇!【第8回レパードステークス】レース結果まとめ
レース

人気に応えて重賞初制覇!【第8回レパードステークス】レース結果まとめ

2016年8月7日(日)新潟競馬場で行われたG3【第8回レパードステークス】のレース結果をまとめた。
馬キュレ

レパードステークスはグレンツェントが優勝

inyofu 8月7日、新潟競馬場で開催された第11R・レパードS(GIII、ダ1800m)は、好位につけた2番人気グレンツェント(牡3、美浦・加藤征)が、直線いったんは2着馬に突き放されたものの、渋太い末脚で猛追。ゴール寸前でこれを捕らえ初重賞タイトルを掴み取った。勝ちタイムは1分50秒6(良)で、鞍上は戸崎騎手。クビ差の2着は軽快なスピードで飛ばし、ゴール寸前まで粘った1番人気ケイティブレイブ、2着に2馬身差の3着は大外から鋭い脚で伸びてきた6番人気レガーロが入っている。

▽配当
単勝6 270円
馬連5-6 260円
馬単6-5 580円
3連複1-5-6 1940円
3連単6-5-1 6040円
(6.グレンツェント、5.ケイティブレイブ、1.レガーロ)

▽【グレンツェント】
父ネオユニヴァース
母ボシンシェ
母父Kingmambo
※祖母ハトゥーフは海外GI3勝、1994年のエクリプス賞最優秀芝牝馬。
通算7戦4勝(重賞は初勝利)
動画を見る

レース後コメント 戸崎圭太騎手「先が楽しみ」

inyofu 「人気になっていましたし、勝てて嬉しいですね。初めて乗るのでスタートも手探りでしたが、うまく決めてくれてスムーズに運べました。末脚はすごいですし、自信を持って、逃げていた馬を捕らえられるような位置で運びました。直線は良い伸び脚でしたし、思った以上にスムーズな競馬をしてくれました。これだけの競馬が出来ましたし、先が楽しみです」
レパードステークスを制したのは2番人気グレンツェント。デビュー以来一度も掲示板を逃さない安定した強さでの重賞初勝利であった。

再びの2着 ベルーフ

inyofu 武豊騎手(ケイティブレイブ=2着)「惜しかった。もうちょいだった。自分の競馬は出来た。決め手勝負になると分が悪い。4角ではある程度セーフティーリードがとれたけど、1頭だけ来た」
1番人気だったケイティブレイブは惜しくも2着であった。

メンバー最速の上がり レガーロ

inyofu 「同じ後ろから行くにしろ、行く馬を行かせて切り返すのに時間がかかった。きょうは枠がよくなかった」と田辺騎手。追い込み型ゆえに最内(1)番枠がマイナスになってしまったが、交流GI全日本2歳優駿の2着馬が復調ムードを漂わせた。
6番人気のレガーロはメンバー最速の上がり3ハロン36秒4をマークして追い上げたが上位2頭には届かなかった。

その他着順&コメント

inyofu  ▼5着エネスク(丸田)前走からスタートが良くなった。3、4角でもう少し付いていければ。

 ▼6着マイネルバサラ(柴田大)ガーッと行ってしまう面がある。もう少し気持ちがしっかりしてくれば。

 ▼7着ネクストムーブ(M・デムーロ)1角と4角で進路が狭くなった。パワーがあるので秋は楽しみ。

 ▼8着ラテールプロミーズ(吉田豊)後ろから脚を使っている。

 ▼9着フォースリッチ(田中勝)ゲートのタイミングが合わずに流れに乗れなかった。

 ▼10着オーシャンビュー(嘉藤)勝ち馬の後ろに付けたが…。

 ▼11着グランセブルス(石川)3、4角で付いていけなくなった。

 ▼12着コパノリスボン(大野)いい素質。距離は短い方がいいかも。

レパードステークスを制したのはデビューから好調のグレンツェントであった。2着は1番人気のケイティブレイブ、3着は6番人気レガーロで枠に泣いた形だが2歳の時の調子が戻ってきたとするなら今後が楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line