TOP > 予想/馬券 > 【POG入門】むしろ初心者にオススメ!ペーパー・オーナー・ゲームとは?
予想/馬券

【POG入門】むしろ初心者にオススメ!ペーパー・オーナー・ゲームとは?

「POG(ペーパー・オーナー・ゲーム)」競馬ファンでない限り、なかなかこの名前を耳にすることはないだろう。競馬には毎年開催されている最高のゲーム大会「POG」なるものが存在するのだ。そこで本記事で、そもそもPOGとは?という疑問からルール、参加方法に至るまでの初心者向け入門知識をまとめてみた。
観戦

POGとは…仮想馬主体験ができる!

inyofu POGとは、ペーパー・オーナー・ゲームの略語です。参加者は実在する競走馬の「仮想馬主」になり、所有馬が稼いだ賞金をポイントに換算して競い合います。競馬ファンにとって馬主になることは大いなる夢。そんな夢を叶えてくれるのが、このPOGなのです。
inyofu 「デビュー前の2歳馬の中から自分が架空馬主になる馬達を指名し、3歳春頂点レース であるダービーまでの活躍度を競う」ことが大体の流れになります。
inyofu 「デビューする馬(2歳馬)の馬主になったつもりで応援する」 とだけ覚えておきましょう!
おおよそで最長1年間の、仮想馬主であるアナタと馬のデビューから巣立ちまでの物語である。

ポイント制のゲーム

inyofu 競走馬を参加者が仮想馬主として選択し、その競走成績によって得られた賞金などをポイントに置き換えて競うゲームである。実際に競走馬を所有するわけではなく、架空の(仲間内の書類のみの)馬主として参加するのでペーパーオーナーと言われる。
inyofu 血統や厩舎、馬主、生産牧場、評判、あるいは取引価格などなどなど、 様々な要素で選んだ馬を決められた頭数だけ所有し、その獲得賞金の合計を競い合う、 競馬界最高のゲームなのです。一般のファンが、架空の馬主になり、 愛馬を応援する。ルール次第では超高額馬だって何頭も所有できて、大馬主気分を味わえるゲームです。
inyofu ゲームといってもダビスタなどの競馬ゲームとは違い、 自分で馬を強くするわけでもなく、 あくまで、その馬の所有者という立場のみを追求するゲームです。
動画を見る

完全無料だから初心者でも臆することなかれ!3つのSTEPで簡単スタートPOGの流れ!

競馬のことはよくわからないし、難しそう。と思われがちだが大丈夫。むしろ完全無料で楽しめるPOGは損をすることがないので、競馬の楽しさを知る上にはとても安全で初心者向きの入門ゲームと言っても過言ではないゲームなのだ。その上、仮想馬主としての臨場感を味わえるので、安全かつ最高の興奮を味わえる。それゆえ最高のゲームと呼べるのであろう。以下より、これだけおさえておけば大丈夫という3つの基本STEPをご紹介する。
 
STEP1.まずはゲーム開催期間をおさえる!
inyofu ゲーム期間は、2歳馬の新馬戦がスタートする6月から、翌年の日本ダービー終了日となる5月末までが一般的であるが、終了日を翌年の年末、有馬記念終了日までとするところもある。
STEP2.そして指名!馬を指名して仮想馬主に!
inyofu POGで1頭の馬の仮想オーナーになることを「指名」と言います。 この指名枠には、ほとんどのPOGで制限があります。 多くのPOGはその指名枠数を10頭前後にしています。 さらに、1頭の馬を複数人の参加者が指名できるのか、 それとも、1頭の馬につき参加者1人のみが指名できるのか。 これも各POGにおいて様々です。
STEP3.ポイント制度でおさえておくべきこと!
inyofu JRAで開催されるレースを対象に、5着までの本賞金(付加賞を除く)を、1万分の1に換算したものがポイントとなります。 例えば、2歳新馬戦1着賞金は700万円ですので、700ポイント獲得となります。
上記のように本賞金の1万分の1に換算されるものがメインのポイントになるルールが多い。そちらを踏まえた上で、ポイント制度については、以下の2つのことに注意すると良いとされている。
 
ポイント制度のポイントその1「中央レースに限定されるか否か」
inyofu POGではレースに出走した賞金がそのままポイントになる事多いですが、 その賞金の範囲を、中央レースに限るのか、 地方レースや海外レースでの賞金額も含めるのかで、 期間終了後のポイントが大きく変わってくることがあります。 よって、参加するPOGのポイント付与が、 どのようになっているのかを確認してから、 指名馬を選択することをお勧めします。
ポイント制度のポイントその2「ダートと芝」の兼ね合いを考える!
inyofu 2~3歳戦にはダート戦のレース数が少ない上に、 芝のレースに比べて賞金額が少ないため、 ポイントを稼ぎ辛いのが現状です。
inyofu しかし、地方競馬はほぼダート戦ばかりですので、 地方登録されている馬はもちろんですが、 中央馬が地方競馬に参戦できる交流レースに、 積極的に出走する場合があります。
inyofu そうなると地方競馬もポイント対象の場合、 ダート馬でもポイントを稼げるので、 ダートの方が得意と思われる馬を、 指名しやすいという事になります。
地方とダート。中央と芝。この2つのことを各開催団体の独自ルールと照らし合わせて考えればOK。
 
ここまでの基本STEPをおさえておけば、あとは各開催団体などによって微妙に異なるルールや特徴を踏まるだけで簡単に理解できるだろう。一度POGを始めれば以下の記述のように、冷静な判断ができなくなる程に白熱する観戦の楽しさがアナタを待っている。
inyofu POGを始めると、 自分が選んだ馬を優先的に注目することになります。 ずっと見続けていた馬が勝利すると、 その事に対しては、格別の喜びがあるのですが、 「競馬というギャンブル」の視点から見ると、 どうしても自分の指名馬を贔屓にみてしまい、 冷静な判断ができなくなります。
何事も思い入れというものが人々を熱くさせ、感動させるものだ。単に馬券を購入するだけでなく、推しメンならぬ、推しヒヒーンを見つけてみてはいかがだろうか。

儲かるの?

inyofu あくまで仮想馬主なので、その馬が活躍してもJRA(日本中央競馬会)からお金はもらえません。
実際のレース予想の馬券購入とは違い、払い戻しもなく、儲かる要素がこのゲームにはない。あくまでもゲーム。しかし、各主催団体ごとに、豪華賞金、賞品が用意されている。

早まるな!大手競馬メディア開催のPOGには豪華商品が出る!

inyofu 各競馬雑誌や競馬サイトでは、 獲得ポイントの上位入賞者には、賞品が用意されているなど、 決して自己満足だけの世界というわけでもありません。
inyofu POG参加は無料の所が多いので、 疑似馬主気分が味わえて、上手くいけば賞品ももらえる、 やってみて損は無いでよね。
賞品や賞金の内容は各開催団体によって異なる。イメージは以下の通り。
png
JRA開催のPOGも存在する。CMでも紹介されていることから、その人気ぶりが伺える。
動画を見る

まずは参加しよう!オススメのPOG開催メディア・団体

たくさんあり過ぎてどこで始めたら良いかわからない。そんな人のためにオススメのPOG開催メディア・団体をご紹介。
競馬ブック
png
競馬予想専門紙ならではの豊富なデータをもとに吟味できる。
 
競馬ブック POGに参加はこちらから
UMAJIN.net
UMAJIN
POG情報をリアルタイム情報を無料配信。超豪華賞金、全頭リストも無料ダウンロードできる。美麗フォト満載なので、より馬主感覚の臨場感が増すだろう。また賞品がスタンバイしているとのことで、発表が待ち遠しい。通常馬主モードと一口馬主モードと2つのモードが用意されていて遊び方が2通り用意されているので様々な楽しみ方ができるのも魅力的だ。
 
UMAJIN POGに参加はこちらから

他にも各紙で開催予定のPOG

専門誌が発売されたりと、宣伝も賑わっている。
       
馬主になるにはハードルが高いが、ペーパーオーナにハードルはない。リスクなしで競馬を楽しめる大人の遊びとなっている。 デビューする馬の馬主になったつもりで応援して、のちにその馬が最強馬になれば感懐もひとしおだ。ペーパーオーナーと言えど、机上で楽しむだけでなく、実在する馬が実際にレースで活躍する姿を観戦できるという醍醐味があるので、通常のゲームよりもより臨場感があり、興奮度が高いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line