TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】STV賞予想
コラム

覆面馬主【データの8号】STV賞予想

覆面馬主 データの8号
どうも皆さんこんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

では早速、札幌の結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から

-------------------------------
札幌08R ◎ ⑤イッテツ
(スピード指数がずば抜けて高い)

札幌11R ◎ ⑦マテンロウハピネス
(大きな減点項目がない優等生タイプ)
-------------------------------


それではSTV賞の結論。

■札幌11R STV賞
芝1500m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【札幌芝1500m】
3歳上1000万下

●傾向

※2006年以降、札幌で行なわれた3歳上1000万下(芝1500m)の計27戦。

1、前走クラス
過去27戦の馬券対象馬81頭中で、最多の馬券対象を出すのは前走1000万下組(19.19.16)。次に馬券対象馬が多いのは前走500万下組(6,4,7)。続いて前走重賞組(1,0,4)、1600万下組(0,3,0)と続く。

出走頭数の関係で重賞組の複勝率35%、500万下組の複勝率32%、1000万下組21%など。

なお、前走1000万下組の馬券対象馬54頭中、前走二桁着順は3頭のみ。また前走1600万組とOP特別組の馬券対象馬も前走は一桁着順。さらに前走重賞組の馬券対象馬5頭中4頭も前走は一桁着順。

2、前走距離
芝の1500m戦ということもあり、前走1200m~前走2000m組まで幅広い距離から馬券対象馬が出ている。

なお、前走1400m~1800m組の馬券対象馬は、いずれも前走で一桁着順。前走二桁着順から巻き返したのは、いずれも前走で1200mか2000mに出走していた馬。つまり、前走は適距離でなかった可能性がある。

3、脚質
逃げと先行が圧倒的に優位な傾向を見せている。差し馬はまずまず。追込馬は全体として厳しい傾向。基本は前に行く馬だろう。

4、厩舎(札幌芝1500m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・矢作芳人厩舎
2位・加用正舎
3位・須貝尚介厩舎
4位・昆貢厩舎
5位・中野栄治厩舎

5、騎手(札幌芝1500m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・福永祐一騎手
2位・三浦皇成騎手
3位・柴山雄一騎手
4位・四位洋文騎手
5位・松岡正海騎手

6、血統(札幌芝1500m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位ディープインパクト
2位エンパイアメーカー
3位ダイワメジャー
4位マツリダゴッホ
5位ロージズインメイ

各分析を踏まえ、最終結論へ。


◎メイクアップ

メイクアップは前走1000万下3着。上記データの範囲内。また脚質も先行タイプ。しかも乗り役の福永くんは騎手データ1位。過去3年でこの条件の複勝率50%以上と好データ。さらに、メイクアップ自身は1500m前後の距離で強く、例えば1600mは過去8戦して3着以内7回。残り1戦も4着と好走。今回は枠も好枠を引いており、条件的には揃った印象。本命に決定。

ウインムートは前走500万下1着。今回と同条件を勝利。管理する加用先生はこの条件に強く、過去3年の管理馬の複勝率は50%。上位争い濃厚と判断。

あとは、3ヶ月振りも1500m前後は安定しているスターオブペルシャのほか、マテンロウハピネス、オートクレール、ルグランパントル。

また、厩舎データ1位の矢作先生の管理馬で乗り役も騎手データ上位の松岡くんが乗るレンイングランドまで。

◎④メイクアップ
○⑤ウインムート
▲⑧スターオブペルシャ
☆⑦マテンロウハピネス
△⑨オートクレール
△⑩ルグランパントル
△⑪レンイングランド

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単も少々。


新潟日報賞予想
阿蘇ステークス予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line