TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】関屋記念予想【うまヨミ読者限定配信コラム】
コラム

覆面馬主【データの8号】関屋記念予想【うまヨミ読者限定配信コラム】

覆面馬主 データの8号
※【うまヨミ読者限定配信コラム】 うまヨミ配信日時 8/13 21:00※



覆面馬主・データの8号です。

それでは早速、新潟の結論です。

ちなみに関屋記念の予想は「うまヨミ」配信だそうですね。

事前に北海道にいて忙しいことを伝えていたにも関わらず、「コラム、21時までにお願いします」とか平気に連絡してきた、うまキュレ編集長・・・。

そのうち、何か仕返ししないと気がすまない…(笑)


ま、それはともかく新潟の結論です!

なお、データの師匠の単勝推奨馬ですが、データの師匠曰く「札幌と小倉はあるけど、新潟は無いから」ということですので、予めご了承を。

それでは関屋記念!

週中の「レース分析」に加えて、以下の「追加データ」から判断します。

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」関屋記念


・追加データ

厩舎(新潟芝1600m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・藤沢和雄厩舎
2位・中竹和也厩舎
3位・中川公成厩舎
4位・矢作芳人厩舎
5位・高橋文雅厩舎

騎手(新潟芝1600m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・デムーロ騎手
2位・田辺裕信騎手
3位・蛯名正義騎手
4位・横山典弘騎手
5位・戸崎圭太騎手

血統(新潟芝1600m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位フジキセキ
3位アグネスタキオン
4位ハーツクライ
5位チチカステナンゴ

ということで、週中の「レース分析」と追加データから、早速の最終結論です。

◎ロサギガンティア

まず週中の「レース分析」を簡単に振り返ると、前走重賞組(8,8,4)と馬券対象馬の圧倒的多数を占めます。
前走安田記念9着のロサギガンティアはこの条件をクリア。

続いて、前走距離別データでは、1400m~2000m組が(10,10,9)と大半を占めており、その中でも1600m組は(5,4,5)と約半数を占めます。
もちろん安田記念に出走していたロサギガンティアはこの条件もクリア。

次に、前走着順別データでは、前走1着~3着(2,4,3)、前走4着~6着(0,3,2)、前走7着~9着(5,0,4)、前走10着以下(3,3,1)と幅広い着順から出ています。この中で、クラス別の着順データでは、前走GI組の馬券対象馬は計6頭おり、その前走着順は4着~16着と幅広く、なおかつ、安田記念組4頭、NHKマイルC組1頭、前年の天皇賞秋組1頭と、6頭全てが東京のGIに出走。 つまり、安田記念に出走していたロサギガンティアは、この条件にも該当。しかも、多くの馬券対象馬を出している前走7着~9着組。この点もデータからは魅力的です。

加えて、上記に記した追加データから、管理する藤沢和先生は、延べ24回の出走で3着以内12回と複勝率50%となり、厩舎データ1位。
騎乗するデムーロ騎手は、延べ18回の騎乗機会で3着以内10回と複勝率55%超となり、騎手データ1位。
さらに父フジキセキは血統データ2位となります。

つまり、ロサギガンティアは週中のレース分析はもちろん、追加データからも魅力的な一頭と判断できます。

ということで、軸はロサギガンティアに決定!

以下、週中のレース分析で、ロサギガンティア以外の本命候補としていた、マジックタイムとレッドアリオン。その他では、ラングレー、ピークトラム、マジェスティハーツ、ヤングマンパワーまで。

◎11 ロサギガンティア
○ 7 マジックタイム
▲10 レッドアリオン
☆ 9 ラングレー
△ 4 ピークトラム
△14 マジェスティハーツ
△17 ヤングマンパワー

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


博多ステークス予想
エルムステークス予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line