TOP > コラム > 脚みせて!フレンチcancanダンス!【8月13日版】
コラム

脚みせて!フレンチcancanダンス!【8月13日版】

脚みせて!フレンチcancanダンス!
どうもこんばんは、影武者です。

今年創設された韓国のGI・コリアカップとコリアスプリントに日本馬2頭(クリソライト、グレープブランデー)が選出されたとのニュースが飛び込んできました。以前エスメラルディーナが韓国GIIIトゥクソムカップに出走したときは見事に勝利を収めましたが、GIの今回はどうなることやら・・これ、韓国からしたら初期のジャパンカップのような感覚なんですかね?

初年度のジャパンカップでは同年の天皇賞・秋勝ち馬ホウヨウボーイやモンテプリンスなど、日本を代表する馬が揃って出走したにもかかわらず、離れた5番人気メアジードーツにあっさり勝たれる結末に。その後日本馬は劇的なレベルアップを遂げ、現在では海外GIを何度も勝利、世界が認めるレベルにまで達しました。今回の日本馬2頭が当時のメアジードーツ的な立ち位置になることで、韓国競馬の将来的なレベルアップ促進になるのかなぁと・・・

そして将来的には美浦の馬が行う栗東留学ならぬ韓国馬による日本留学という形で交流を図り、日本式ノウハウを向こうの人が吸収して強い馬作りを目指すといった韓国競馬の発展や、サッカーの代表戦よろしくアジアカップという形で手に汗握る日韓馬対決! なんて一大イベントにまで発展したり・・・検疫等々問題が山積みであることはわかっていても、競馬ファンとしてそんな妄想をしたくなっちゃいます。


ということで、フレンチcancanダンスの時間です!

土曜日の母父フレンチは13頭、母父ダンスは15頭! 今回は5頭をピックアップします。


【母父フレンチデピュティ】

■新潟10R
仏8 デルフィーノ
父ハーツクライ×母父フレンチデピュティ。芝1800mでは【2-2-1-2】と安定している馬ですね。芝2000mを使われた近走は致し方ない結果で、得意距離での変わり身を期待したいところ。

■小倉1R
仏5 テイエムソッキュウ
父ブラックタイド×母父フレンチデピュティ。九州産馬ですが、九州産限定の新馬戦は除外の憂き目に遭ってしまいました。このレースに前走九州産限定以外を使われた馬は2頭しかおらず、そのうちの1頭に該当する点はなんとも不気味です。

■札幌4R
仏3 グットドディユ
父バトルプラン×母父フレンチデピュティ。4→3→2着と未勝利脱出まであと一歩のところまで来ていますね。得意のダート1700mでそろそろ決めてほしい。


【母父ダンスインザダーク】

■小倉6R
踊4 カイ
父キングカメハメハ×母父ダンスインザダーク。ラブリーデイと同配合ですが、こちらは短距離に高い適性があるようです。今回が初の芝1200mですが、祖母クイーンリザーブ、近親ジャストドゥイングと短距離馬が並ぶ血統背景から問題ないはず。

■小倉12R
仏3 ロックオン
父チーフベアハート×母父ダンスインザダーク。前走は小倉芝1200m替りでガラリ一変を見せた馬ですね。そのときの勝ち時計1分8秒6はこのメンバーでも上位に入るものですし、得意条件にロックオン! したローテーションも魅力。

本日は以上です!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line