TOP > エンタメ・雑学 > 2016年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ヤングマンパワーが昨年3着に終わった関屋記念で力強い走りを見せて勝利し、エルムSではリッカルドが重賞初挑戦にして1着を勝ち取った先週の競馬界。一方その頃…あの名馬や若手騎手の活躍も話題に! 1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】末脚炸裂! 桜花賞馬の孫ニシノアモーレが快勝

inyofu 8月13日、新潟競馬場で開催された第5R・メイクデビュー新潟(新馬、芝1800m)は、後方で脚を溜めた9番人気ニシノアモーレ(牝2、美浦・上原)の末脚が直線で炸裂。先行集団をあっという間に捕らえると、そのまま馬場の中ほどを一気に突き抜け1着でゴールに飛び込んだ。勝ちタイムは1分49秒6(良)で、鞍上は大野騎手。
動画を見る
メイクデビュー新潟(新馬、芝1800m)で9番人気だった牝馬のニシノアモーレが、最後の直線で圧巻の末脚を披露し、後続を突き放してデビュー勝ちを決めた。父コンデュイット、祖母は桜花賞などGI3勝のニシノフラワー。同レースの2、3着には2番人気オメガジェルベーラと12番人気コスモヴァーズが入り、3連単は42万2980円の高額馬券となった。次走も切れのある脚を見せてくれるのか期待したい。

200勝達成! 菱田裕二騎手(23歳)

inyofu 8月13日、札幌競馬第7R・3歳上500万下でレインボーソング(牝4)が1着となり、騎乗していた菱田裕二騎手(23、栗東・岡田)は現役では60人目となるJRA通算200勝を達成した。
動画を見る
初騎乗から約4年5カ月、菱田裕二騎手(23歳)がJRA通算200勝を達成した。200勝目を飾った札幌7Rはレインボーソングに騎乗し単勝6番人気だったが、菱田騎手は「去年の札幌で乗せてもらったときに2着だった、自分の中のいいイメージを大事にしてのった」とインタビューで答えている。菱田騎手のぱっちりとした瞳とフレッシュなスマイルが、重賞という大舞台で輝く日も近いかもしれない。

2週連続で重賞制す! 戸崎騎手リーディング首位をキープ

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 戸崎圭太騎手 (今週2勝)【124.79.67.55.48.233】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週3勝)【109.67.68.56.41.152】(→)
3位 M.デムーロ騎手(今週3勝)【91.54.53.45.36.204】(→)
4位 川田将雅騎手 (今週4勝)【80.62.56.42.36.189】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週3勝)【69.63.46.41.35.175】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週0勝)【59.45.39.47.40.328】(→)
7位 岩田康誠騎手 (今週2勝)【54.66.59.58.54.287】(→)
8位 蛯名正義騎手 (今週1勝)【52.38.35.35.44.277】(→)
9位 和田竜二騎手 (今週2勝)【48.52.48.43.50.364】(→)
10位 武豊騎手   (今週0勝)【46.50.47.33.30.197】(→)

今週も上位陣に順位変動はなし。今週2勝を挙げて手堅く勝利数を加算した戸崎騎手が依然として首位をキープしています。同騎手はリーディングジョッキー上位3人が名を連ねた関屋記念をヤングマンパワーで勝利し、2週連続で重賞を制覇。
華々しい活躍を見せている戸崎圭太騎手が、関屋記念(GIII)で3番人気のヤングマンパワーに騎乗し勝利した。同レースの1番人気馬には現在リーディング2位のC.ルメール騎手が、2番人気馬には現在リーディング3位のM.デムーロ騎手が騎乗。見事2週連続で重賞を制した戸崎騎手は、今年のリーディング首位をキープしている。買い目に迷った時、今年は戸崎騎手をおさえておくと思わぬ幸運を掴めるかもしれない。

ディープインパクト産駒が1200勝達成! 史上最速!

inyofu 8月14日、小倉競馬第6R・3歳未勝利でアッフィラート(牝3)が1着となり、ディープインパクト産駒がJRA通算1200勝を達成した。これはJRA史上10頭目の記録となり、また産駒初出走の日から数えて6年1カ月20日での達成は、キングカメハメハ産駒の7年21日を上回る史上最速。
2015年7月11日にキングカメハメハ産駒のJRA通算勝利数が、産駒初出走日から7年21日で1200勝に至り、サンデーサイレンスの7年6ヶ月6日を更新した。それから約1年後、2016年8月14日にディープインパクト産駒が6年1カ月20日で1200勝を達成し、JRA史上最速記録となった。いつかこの大記録を塗り替える名馬が現れるのだろうか。

マカヒキ「ベリーグッド」! 凱旋門賞へのカウントダウン

inyofu この秋、フランスの凱旋門賞(仏G1、10月2日)に挑戦するマカヒキが11日、出国前の日本最終追い切りを行なった。

「いいコンディション。リラックスして走れていたし、ラスト100mで自分からハミを取っていった。(3月の)弥生賞の時よりも筋肉がついて、良くなっている。ベリーグッドフィーリング」
inyofu -:初めて古馬と対戦する上で、何か調整など気をつけるところはありますか?

大:同じタイムで走った競馬でも、古馬に混じると厳しさが違うと思います。やはり、子供同士で走るのと、大人に混じって走るのでは、感じるものが違うと思います。タイム的にはやれてもいい若馬が、古馬に混じると全然走れない馬だっていますからね。人間の計り知れないものがあると思います。マカヒキは精神的にも安定しているし、ポテンシャルの高い馬ですから、古馬相手でもやれると思います。
8月19日に渡仏を控えたマカヒキ。凱旋門賞の本番で騎乗するC.ルメール騎手が、日本での最終追い切りの手応えを「ベリーグッドフィーリング」と語った。やるごとに息遣いが良くなているそうだ。渡仏後は環境の変化や、古馬と初めて対戦することなどを踏まえて、フランス競馬に順応できるよう鍛えていく予定だと言う。ここまで順調そうなマカヒキ、日本の悲願達成への期待はますます高まる。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想! 8月14日の結果発表!

inyofu 小倉12R
◎⑫ベルクリア
○①ノーブルスノー
▲⑨トップノート
△⑮ボクノナオミ
△②テイエムリヴィエラ
△③コスモピーコック
△⑦ガロファノ

勝つのに時間がかかったが、500万でも通用する器。勢い買って連勝期待する。
inyofu 新潟12R
◎⑪イオラニ
○⑱ブロンディジェニー
▲⑬ウエスタンユーノー
△⑯アルマクレヨン
△③ミキノドラマー
△⑭ロードインスパイア
△⑦ソロダンサー

千直は合いそうなスピードがある。一変可能。
今回も高配当の可能性があるというじゃいさん。
小倉と新潟に絞って予想した結果、小倉は3連服が的中!
新潟は1着4番人気馬に▲、2着8番人気馬に◎と上位2頭をおさえておくも、3着馬を外しており惜しい結果となった。
8番人気馬も上位にマークするじゃいさん、次回はいよいよ高額馬券的中なるか!

2016年8月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが
関屋記念では3番人気ヤングマンパワー
エルムステークスでは7番人気リッカルド
がそれぞれ制した。
7番人気だったリッカルド(せん5)は、デビュー24戦目にして重賞に初挑戦であったが、ここで強い馬を相手に実力を見せた。
3角から一気にまくりを打つと最後まで集中して先行馬を差し、重賞初勝利を成し遂げて周囲を驚かせた。
今後のダート戦で目が離せない1頭となりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line