TOP > 騎手 > 武豊をダービージョッキーにした馬たち
騎手

武豊をダービージョッキーにした馬たち

日本競馬界において、歴代騎手の中でも日本ダービー最多勝記録を誇る武豊。そこで今回は、武豊と共に日本ダービーを制覇した競走馬たちをまとめてみた。
競走馬 

1998年【スペシャルウィーク】

inyofu 日本ダービーに出走したスペシャルウィークは、デビューからずっと乗り続けてきた武豊を背に、怒涛の追込みを決めて2着に5馬身の圧勝でゴールを駆け抜けた。天才と謳われ、数々の大レースを手にしてきた武豊。だが、日本ダービー制覇はこれが初めてであった。
動画を見る
デビューから9回の挑戦を繰り返すも、ダービー制覇だけは成し得なかった武豊。そのうち、「武豊はダービーだけは勝てない」というジンクスが生まれてしまった。【スペシャルウィーク】は武豊にとって、悲願の日本ダービー制覇をプレゼントした競走馬である。

1999年【アドマイヤベガ】

inyofu 皐月賞で惨敗したアドマイヤベガは僅差ながら初めて1番人気をナリタトップロードに譲り、皐月賞馬テイエム オペラオーは3番人気だった。アドマイヤベガの馬体重は+10㌔と復調気配。とは言え、この短期間で本当に 体調は回復しているのか?半信半疑でゲートは開いた。レースは皐月賞で無念の除外を喫したワンダー ファングが緩みないペースで引っ張り、テイエムオペラオー、ナリタトップロードはほぼ同じ位置の中団。 アドマイヤベガは更に後ろの後方3番手でレースを進める。4コーナー手前で和田・テイエムオペラオーが 動き出し、それをマークするかのように渡辺・ナリタトップロードも動き出すが、武豊・アドマイヤベガはまだ 動かない。
inyofu 直線に入りテイエムオペラオーが抜け出し、その外からナリタトップロードが襲いかかる。そして、 更に外からワンテンポ仕掛けを遅らせたアドマイヤベガが襲いかかる。3頭による凄まじい追い比べは アドマイヤベガのクビが僅かにナリタトップロードを捕らえたところがゴールだった。 「母べガの2冠達成から6年、またもその息子が輝く一等星に☆アドマイヤベガ。」 「豊が信じたその末脚、豊が信じたその強さ、やはりこの大一番、アドマイヤベガ。」by三宅アナ そして武豊騎手は史上初となるダービー連覇を達成した。
動画を見る
日本ダービーに勝てない、というジンクスを打ち破った武豊は、【アドマイヤベガ】を駆り、史上初となるダービー連覇を達成した。

2002年【タニノギムレット】

inyofu 外国産馬に開放されたダービーだが、この年も強力なマル外が挑戦してきた。シンボリクリスエスである。 前走は武豊が乗って青葉賞を好時計勝ちしており、その能力の高さは十分認めていた馬である。
inyofu 今度は他馬に邪魔されない大外から伸びてきて、抜け出しを図るシンボリクリスエスを捕え、1馬身差をつけての勝利であった。 3歳春にGIを3連戦する、という過酷なローテーションに耐え、見事に武豊に3度目のダービーのタイトルを贈った。
動画を見る
【タニノギムレット】が日本ダービーを制覇したあと、武豊は「今日はギムレットで乾杯してください」という名言を残した。

2005年【ディープインパクト】

inyofu 5度目の衝撃は5馬身差のゴール! ディープインパクトが無敗のまま二冠を制覇する
ディープインパクト。走るたび、われわれに衝撃を与える馬。第72回東京優駿(日本ダービー・GI)でも彼は、驚異的なパフォーマンスを示してくれました。
無敗のままの二冠達成です。
inyofu 勝ちタイムは2分23秒3のタイレコード。単勝支持率はハイセイコーの66.6%を大きく超えて73.4%をマークし、日本ダービー史上1位を記録。単勝配当も日本ダービー史上初の110円(これまでの低配当記録はナリタブライアンの120円)。武豊騎手にとってはJRA年間100勝を史上最速で達成する勝利となり、同時に日本ダービー4勝目で最多勝記録を更新。
動画を見る
【ディープインパクト】と武豊といえば、レース後の記念撮影の場での指立てアピールが有名である。これはシンボリルドルフの主戦騎手であった岡部幸雄が行ったパフォーマンスを意識したそうだ。日本ダービーを制したあとは、指を2本立てて二冠をアピールした。

2013年【キズナ】

inyofu JRA競馬の祭典・第80回GI日本ダービーが26日、東京競馬場2400メートル芝を舞台に争われ、武豊騎乗の1番人気キズナ(牡3=栗東・佐々木晶厩舎、父ディープインパクト)が優勝した。後方3番手の位置取りから直線大外を豪快に伸び、ゴール手前で2着エピファネイアを鮮やかに差し切り。文句なしの勝利で3歳馬の頂点に立った。良馬場の勝ちタイムは2分24秒3。
inyofu 勝ったキズナは今回の勝利でJRA通算7戦5勝、重賞はGIII毎日杯、GII京都新聞杯に続き3勝目。騎乗した武豊は05年ディープインパクト以来となる歴代最多を更新するダービー5勝目、同馬を管理する佐々木晶三調教師はうれしいダービー初勝利となった。
動画を見る
ディープインパクト以来8年ぶりの日本ダービー制覇となった武豊。ここ数年、武豊はスランプで、自身の成績の下降に比例するように、見せ場も作れず惨敗に甘んじていた。だが、【キズナ】と共に掴んだ勝利により、「個人的なことですが、ここ数年は成績が落ちて、なかなかいい結果が出なくて苦しかった。でも、自分も負けずに一生懸命やってきたから、キズナという素晴らしい馬と巡り合えましたし、ずっとダービーを目標にしてきて、こうして答えが出せて本当に良かったですね」というコメントを残した。

「武豊はダービーだけは勝てない」というジンクスを打ち破り、前人未到の日本ダービー5勝という偉大な記録を打ち立てた武豊。しかも、【ディープインパクト】と【キズナ】、親子関係にある馬でダービー制覇を遂げた騎手も武豊のみである。2014年日本ダービーでは【トーセンスターダム】に騎乗し、更なる記録更新となる6勝目を目指す。やはり、武豊にとっても日本ダービーには特別な想いがあるらしく、制覇への想いを以下のように語っている。

積み重ねてきた経験と何度も噛みしめた苦い思い、そして、何よりも、自分の手で掴み取ろうとする強固な意志があってはじめて、辿り着ける最高の場所です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line