TOP > レース > 久々の重賞V!ヤングマンパワー【第51回関屋記念】レース結果まとめ
レース

久々の重賞V!ヤングマンパワー【第51回関屋記念】レース結果まとめ

2016年8月14日(日)新潟競馬場で行われたG3【第51回関屋記念】のレース結果をまとめた。
馬キュレ

関屋記念はヤングマンパワーが優勝

inyofu 8月14日、新潟競馬場で開催された第11R・関屋記念(GIII、芝1600m)は、中団からレースを進めた3番人気ヤングマンパワー(牡4、美浦・手塚)が直線に入りジワジワと前との差を縮めていくと、先に抜け出した2着馬との激しい追い比べを制して2つ目の重賞タイトルを獲得した。勝ちタイムは1分31秒8(良)で、鞍上は戸崎騎手。クビ差の2着は好位追走から脚を伸ばした7番人気ダノンリバティ、2着に1馬身1/4差の3着は直線大外から追い込んできた1番人気マジックタイムが入っている。

▽配当
単勝17 610円
馬連12-17 4350円
馬単17-12 7220円
3連複7-12-17 5340円
3連単17-12-7 3万4040円
(17.ヤングマンパワー、12.ダノンリバティ、7.マジックタイム)

▽【ヤングマンパワー】
父スニッツェル
母スナップショット
母父サンデーサイレンス
通算14戦4勝(うち重賞2勝)
動画を見る

レース後コメント 戸崎圭太騎手「この先も楽しみ」

inyofu 「スタートを出てくれる馬ですし、ある程度の位置にいたかったです。外から来られたのは誤算でしたがいいリズムで運べました。手応え十分でタイミングを見ていけました。元々、楽勝するようなタイプではないですし、乗りやすく、毎回しっかり走ってくれます。走る素質のある馬で、いい時に乗せてもらいました。この先も楽しみです」
関屋記念を制したのは見事な差し切りVでヤングマンパワーであった。

4度目の重賞2着 ダノンリバティ

inyofu 「いつも後ろから行って届かないので、積極的な競馬をしてみた」という松若の戦法が功を奏した形だが、鞍上は「目標にした馬が早めにバテてしまったのが…」と惜敗に無念の表情だった。
芝、ダート合わせて4度目の重賞2着だったダノンリバティ。初重賞制覇は近いだろう。

最速末脚だったが3着 マジックタイム

inyofu 「いいペースでリラックスして走れました。直線も徐々にギアが上がって、いい伸びを見せてくれた」とルメール騎手。レースレコードに0秒3差の勝ちタイムが、休み明けのこの馬にとっては速すぎたか。
1番人気だったマジックタイムは休み明けも影響してか3着という結果に。

その他着順&コメント

inyofu ▼4着ダンスアミーガ(石橋)凄く調子が良く、うまく乗ればチャンスがあると思った。途中からペースが速くなり、少しずつ脚を使ってしまった感じ。

 ▼5着ロサギガンティア(M・デムーロ)ゲートは出たけど、心が走りたくない感じ。以前は他の馬が来たらファイトしたが、今はすぐ止まってしまう。

 ▼6着ラングレー(蛯名)いい馬だし、感じも悪くなかったが…。夏がこたえているのかもしれない。

 ▼7着アルマディヴァン(高橋文師)長く脚を使わざるを得ない形で最後に止まった。でも自分の時計は詰めており、頑張っている。

 ▼8着クラリティスカイ(田辺)ゲートが周りより遅く、早めに包まれる形になったが、しまいは頑張って伸びている。

 ▼9着ケントオー(和田)前回もそうだったが、テンにズブくなっている。もっと行けた馬だが。

 ▼10着リーサルウェポン(大野)この馬も、最後はいい脚を使っている。

 ▼11着ピークトラム(小牧)伸びなかった。馬混みで競馬をしたことがなく、勝った時は外枠ばかりで…。

 ▼12着レッドアリオン(内田)ハナに行くようにとの指示。思い切っていったが、今日は仕方がない。

 ▼13着サトノギャラント(柴田善)一回もハミを取らなかった、時計もちょっと早過ぎたかな。

 ▼14着カレンケカリーナ(津村)凄くおとなしかったが、ゲートで急に立ち上がった。今日は精神的にうまくいかなかった感じ。

 ▼15着マジェスティハーツ(北村友)距離短縮でポジションを取りにいった分なのか、直線で反応しなかった。

 ▼16着マイネルアウラート(柴田大)いい競馬はできているが、もう少し時計のかかる馬場の方がいい。

 ▼17着タガノエトワール(酒井)勝ち馬をマークしようと決めていた。理想の位置は取れたが…。

 ▼18着クリノタカラチャン(村田)今日は仕方がない。この馬なりに頑張っていると思う。

関屋記念を制したのは3番人気ヤングマンパワー。リーディングトップの戸崎騎手がまたも重賞を勝利して他を引き離している。2着は重賞勝ちになかなか恵まれないダノンリバティ、3着は1番人気マジックタイムであった。また2番人気ロサギガンティアは馬の気持ちの問題か、5着に終わってしまった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line