TOP > 競走馬 > 「マイネルフロスト」ひと叩きで柔軟に!反応はよくなっている【札幌記念】
競走馬

「マイネルフロスト」ひと叩きで柔軟に!反応はよくなっている【札幌記念】

中距離重賞の常連になりつつある5歳馬マイネルフロストが札幌記念に出走する。ブラックタイド産駒らしい先行力を武器に重賞で好勝負を演じており、今年初戦の中山金杯でも逃げる競馬から2着に食い込んだが、その後は自分の競馬をさせてもらえずに精彩を欠いている。叩き2戦目で自分の競馬に持ち込み一矢報いたいところだ。そんなマイネルフロストについてまとめてみた。
マイネルフロスト
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【中山金杯】理想の展開も勝ち馬のキレに屈する

確たる逃げ馬が不在で押し出されるような形で先手をとって逃げに持ち込む。1000m通過が62.3とスローの流れだったが、2番手とは5馬身近くのリードがある絵に描いたような理想の展開となったが早めに動いてきたヤマカツエースにゴール前で差されてしまい2着。鞍上の松岡騎手は通算700勝に王手をかけていただけに悔しい結果となった。
動画を見る
以下はレース後の松岡騎手のコメント
inyofu 2着 マイネルフロスト(松岡正海騎手) 「会心の逃げでした。4コーナーでは逃げ切れると思ったのですが......」

【小倉大賞典】出負けでちぐはぐな競馬になり10着・・・

鞍上の蛯名正義騎手のJRA全場重賞制覇への期待もあり単勝1番人気に支持されたが、スタートで出負けしてしまい1コーナー15番手で通過する。その後、向正面で外からポジションを上げていき、3コーナーでは先頭集団に並びかけたものの余力は無く、直線で馬群に飲み込まれ10着に敗れた。
動画を見る
inyofu ▼10着マイネルフロスト(蛯名)ゲートの中でうるさくて…。この馬の持ち味を出せなかった。

【函館記念】休み明けも響き惨敗・・・

まずまずのスタートから道中は中団より前目、馬群の中でレースを進める。4コーナーで先行馬が後退したため進路が無くなる不利があり仕掛けが遅れ、直線でも伸びを欠き12着に沈んだ。休み明けも響いたようだ。
動画を見る
inyofu  ▼12着マイネルフロスト(松岡)やっぱり休み明けの分ですかね。洋芝の適性も…。

【札幌記念】直前情報!調教の動きはまずまず

inyofu マイネルフロストの1週前追い切りはダートで6ハロン82・8―39・3―12・5秒。パートナーを2・2秒追走してゴールでは併入。ひと叩きで身のこなしは柔軟になり気合乗りも上々。
inyofu 菅野厩務員「近走が凡走続きですからね。2走前(福島民報杯=9着)はメンコ着用が裏目に出たけど、前回(函館記念=12着)の敗因ははっきりしない。いいころのデキに戻れば、ここでもやれる馬ですが…」

直線で脚色が鈍るレースが続いているが、本来の走りができれば上位争いに食い込むことは十分に可能だろう。「アジアのマイル王」モーリスという強敵が立ちはだかるが、自分の競馬に持ち込んで復活へのきっかけを掴みたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line