TOP > 競走馬 > 「マイネルフロスト」福島小回りは合っている!気持ちは乗ってきている【七夕賞】
競走馬

「マイネルフロスト」福島小回りは合っている!気持ちは乗ってきている【七夕賞】

先行策で結果を残し続けているマイネルフロストが七夕賞に出走する。昨年のアンドロメダステークスで3着に入り、その後は残念なレースが続いていたが、新潟大賞典では先行策で粘りに粘ってハナ差の2着、続く前走の鳴尾記念でも3着と2戦連続で重賞好走を続けている。そんなマイネルフロストについてまとめてみた。
マイネルフロスト

【アンドロメダS】僅差の3着で復活の兆し!

まずまずのスタートを切ると1コーナーでラチ沿いを通り5番手につける。向正面で外に進路を切り替えると、4コーナーから仕掛けていき、直線の入り口で早くも先頭に立つ。直線では二枚腰でゴール寸前まで懸命に粘り、勝ったレッドソロモンとタイム差なしの3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 マイネルフロスト(A・シュタルケ騎手) 「一頭になるとソラを使って止まろうとするところがありますが、他の馬が来るともうひと伸びしてくれました。頭が良すぎるところがあるのだと思います。走る馬です」

【新潟大賞典】ハナ差の2着まで食い込む!

スタートを決めて、道中は好位のイン2番手を進んでいく。長い直線に入り、各馬が横一杯に広がる中で抜群の手応えで先頭に立つ。残り200mで内から迫ったサンデーウィザードとの叩き合いになるも、ゴール前ではハナ差をつけられ2着。
動画を見る
inyofu 2着 マイネルフロスト(丹内祐次騎手) 「ブリンカーがいい方に出たようです。道中はいいリズムで走っていましたし、よく頑張ってくれていますが...」

【鳴尾記念】2戦連続で重賞を好走!

スタートで内と外の馬に挟まれそうになるが、何とか先行できて好位の3番手につけるもペースが遅く掛かる素ぶりを見せる。直線では内から先頭を行く馬に迫るシーンも見られたが、坂を上ってからは突き放されてしまい3着。
動画を見る
inyofu 3着 マイネルフロスト(丹内祐次騎手) 「ペースが遅かったですからね......。それでも最後までやめないで走っていました。出来れば道中流れてくれればよかったです」

【七夕賞】追い切り 素軽い脚さばきでフィニッシュ!

inyofu マイネルフロストは坂路を1本軽く流したあと、南ウッドへ移動。単走で5ハロンから加速し、69・0―38・0―12・4秒をマーク。素軽い脚さばきで集中を切らすことなくフィニッシュした。
inyofu 菅野厩務「いい動き。前走(鳴尾記念=3着)は行きたがったほどブリンカー(2走前から着用)が効いたので、少し流れてくれれば競馬はしやすいはず。トモの具合が良くなったことが大きいが、叩き良化タイプなので今回はさらに(期待は大きい)」

ブリンカーをつけてからは2,3着と復調気配にある。スローペースを嫌う馬で、前走はずいぶんと掛かってしまいながらも3着というのは調子の良さも関わっている。今回はペースを刻む馬もおり、掛かる心配は無さそうである。約2年ぶりの勝利を2年前と同じ舞台で制することが出来るのであろうか、期待したいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line