TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】8月20日(土)新潟10R・札幌9R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】8月20日(土)新潟10R・札幌9R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

さぁ、土曜日はいよいよボルトが登場しますね!

えっ!?もう金メダルを取ったって?

違いますよ!無敗を誇るダート界の新星?『ナムラボルト』が、土曜の小倉12R・ダート1000mに出走しますよ!
“なんだボルト違いか・・・”なんて言わないで、無事にデビューから2連勝を飾れるように、みんなで応援しましょう。
短距離で負けるボルトの姿なんて、想像できませんよね?


さて。それでは、予想へまいりましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1200mで行われる新潟10R『苗場特別』(3歳以上1000万円下)。

まずは簡単なコースの説明から。
新潟競馬場のダートコースは、芝内周りの内側に設置されたコース。ローカルでダート1200mのコースがあるのは、この新潟競馬場だけ。
1200mのスタート地点は向こう場面、2コーナー奥にあるポケット地点。このスタート地点は芝コースで、ダートコース合流までの約100mほどは芝を走ることになる。
レイアウト的には中山ダート1200mや福島ダート1150mに近く、芝スタートがダメな馬は行き脚がつかない。
テンの先行争いこそ速くなる傾向にあるが、最初のコーナーまでの距離が約525mと長いため、第3コーナーを回るころには序列が決まり、ペースが落ち着くことが多い。
そのため、全体的に平坦であるコース特徴と相まって、先行した馬が残りやすい傾向にある。


★☆土曜新潟10R・『苗場特別』の予想☆★
参考にするのは、同時期(2回新潟開催第7日)に行われた昨年の苗場特別と、2014年の岩室温泉特別。

①配当
過去2回の配当は、新しい順に15,680円、17,500円。

いずれも万馬券の決着となっており、難解なレース傾向。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015(12→ 1人気)
2014( 4→10人気)

2年連続で10番人気以下の馬が連対している。

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡7_57.0→牡3_54.0)
2014(セ4_57.0→牡5_57.0)

年齢による特徴はみられない。

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 3→ 1番手) 良
2014( 1→ 3番手) 良

先行馬が有利なレース傾向

⑤所属
過去の連対馬は関西馬が3頭、関東馬が1頭。

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手はいないが、柴田大騎手が1勝、3着1回と好成績。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
過去の連対馬の前走は、4頭中3頭が6月のレースで、残りの1頭が5月のレースだった。
いずれも夏場に出走をしていない馬が好走している。

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
阪神ダ1200m:1頭
阪神ダ1400m:1頭
京都ダ1400m:1頭
東京ダ1600m:1頭

前走がローカル競馬場だった馬が1頭もいない点に要注目。

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・3歳OP :1頭(10)※端午S
前走・1000万下 :2頭(10、7)
前走・500万下 :1頭(1)

前走が500万下だった馬以外は、着順を気にする必要はなさそう。

⑪1000万下での実績
過去2回の連対馬4頭のうち、3歳馬を除く3頭には、1000万下で掲示板に乗った実績があった。

データは以上。


登録段階で人気を集めそうだったエルフィンコーブが抽選で除外。
過去の傾向とあいまって、今年も難解なレースになりそうだ。

データとしては、過去2年分しかないので信頼度は低いが、目に付く傾向としては、データ⑧から判るように、夏場を休養に充てた馬が好走していること。
この傾向を踏まえて、今年も『夏場を休養に充てた関西馬』を狙ってみたい。

今年のメンバーで、前走が5~6月に行われた京都、もしくは阪神競馬場のレースだった関西馬は6頭。
さらに、軸馬を絞り込む為にデータ⑪を参考にすると、6頭のうちで条件を満たすのは、ゼアミとヨウライフクの2頭だけとなる。


☆新潟10R・結論☆

 ◎⑬ゼアミ
 ○⑦ストロングトリトン
 ▲⑭ヨウライフク
 ☆⑮ボンボンキャスト
 △②エンドレスシャイン
 △④リバーソウル
 △⑧マーシレス

今回、本命に推したいのは◎ゼアミ。
前走の大敗は、スタート後に前をカットされて位置取りを悪くしたこともあるが、そもそも右回りが苦手な馬。
左へ左へと逃げるクセがあるだけに、右回りではコーナーをスムーズに曲がれないという話。
左回りでは、これまで(2-0-1-1/4)という堅実な成績を残しており、唯一の着外は2走前の東京ダ1300mでの5着(0.4秒差)。
そのレースでは、番手から早めに先頭に立つ強気の競馬をみせて、残り100m付近までは堂々と先頭をキープしていた。
左回りの6ハロン戦なら、1000万下でも十分に通用しそうな下地があるだけに、前走の着順だけで人気を落とすようなら、積極的に狙ってみたい一頭だ。


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑬
 馬単⑬ ⇔ ⑦⑭⑮②④⑧

少額で軸1頭の三連複

 ⑬ = ⑦⑭⑮②④⑧



-----------------------
★☆おまけ、の札幌9R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、札幌ダート2400mで行われる「3歳上500万下」をピックアップ。

このレースで注目したいのは、前走でも期待した◎レオニーズ。

久々のダート戦だった前走でシッカリと2着を確保して、改めてダート適性の高さを証明した。
もともと1000万クラスで2着好走がある実力馬だけに、ダートでの足慣らしが済んだ今回は、前走以上の着順が期待できそうだ。


☆札幌9R・結論☆

 ◎⑤レオニーズ
 ○⑪プログレスシチー
 ▲⑧フジノナデシコ
 ☆④カブキモノ
 △⑦ノワールギャルソン
 △⑨トウカイハッピー


馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑤
 馬単⑤ ⇔ ⑪⑧④⑦⑨

少額で軸1頭の三連複

 ⑤ = ⑪⑧④⑦⑨

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line