TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】TVQ杯予想
コラム

覆面馬主【データの8号】TVQ杯予想

覆面馬主 データの8号
引き続き覆面馬主・データの8号です。

それでは小倉の結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から

-------------------------------
小倉03R ◎ ⑩ウイングフィールド
(マイナス評価はスピード指数だけ)

小倉03R ○ ⑫ナムラエルサ
(大きな減点項目がない優等生タイプ)

小倉06R ◎ ⑤メイショウガーデン
(ダート→芝替わりの激走に期待)

小倉08R ◎ ⑤ヤマニンエルフィン
(減点も多いがそれ以上に加点を獲得)

小倉09R ◎ ①グランノーブル
(減点も多いがそれ以上に加点を獲得)
-------------------------------


続いてメインレースの結論。

■小倉11R TVQ杯
ダ1700m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【小倉ダ1700m】
3歳上1000万下

●傾向

※2011年以降の小倉ダ1700m(3歳上1000万下)の計26戦。

1、前走クラス
過去26戦で馬券対象馬が最も多いのは、前走1000万下組(14,17,20)、次に前走500万下組(7,8,5)、前走1600万下組(3,1,1)と続く。
複勝率は前走500万下組30%、前走1000万下組17%、前走1600万下組50%、前走OP特別組12%、前走重賞組25%。

なお、前走1600万下、OP特別、重賞組は延べ出走数が10頭以下のため参考データ。

2、前走距離
前走距離別データは、前走1200m~前走2400mの範囲内で幅広く出ている。ただし、前走1200mや1400mは複勝率20%未満。一方、前走1600m~1900mは複勝率20%台。

3、前走着順
前走1着馬・複勝率29%
前走2~3着・複勝率39%
前走4~5着・複勝率23%
前走6~9着・複勝率14%
前走10着以下・複勝率7%

4、脚質
基本的に逃げ馬や先行馬が強い。4角10番手以下は過去100頭以上の該当馬で馬券対象は数頭程度。

5、厩舎(小倉ダ1700m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・本田優厩舎
2位・西村真幸厩舎
3位・藤原英昭厩舎
4位・沖芳夫厩舎
5位・吉田直弘厩舎

6、騎手(小倉ダ1700m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・川田将雅騎手
2位・浜中俊騎手
3位・藤岡康太騎手
4位・藤岡佑介騎手
5位・幸英明騎手

7、血統(小倉ダ1700m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ケイムホーム
2位マンハッタンカフェ
3位ハーツクライ
4位コマンズ
5位キングカメハメハ


各分析を踏まえ、最終結論へ。


◎サンタエヴィータ

サンタエヴィータの前走はダ1700mの1000万下2着。前々走は15着でしたが、それ以前も現級で好走歴がありますし、前走は本来の力を発揮しました。
距離データは優位な前走1600m~1900mの範囲内ですし、前走着順も複勝率の高い2着組。さらに脚質も好位追走タイプ。多くのデータに一致します。
しかも、管理するのは厩舎データ上位の西村先生ですし、乗り役は騎手データ1位の川田くん。特に川田くんは過去3年のこの条件で80回以上の騎乗機会で複勝率は50%超。非常に高いデータを残しています。彼が乗るのは大変に魅力的です。

二番手はタガノヴェリテ。前走は現級4着。このクラスでは安定していて、また複数のデータに一致しています。管理する本田先生は厩舎データ1位ですし、乗り役の浜中くんも騎手データ上位の乗り役。頼りになるでしょう。

今回はこの2頭を上位と判断し、その他は以下の通り。


◎⑤サンタエヴィータ
○④タガノヴェリテ
▲⑧ディアブルーダー
☆⑮シーリーヴェール
△②タマモワカサマ
△⑨スズカウラノス
△⑭スマートノエル

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単も少々。


日本海ステークス予想
札幌日刊スポーツ杯予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line