TOP > 予想/馬券 > 【北九州記念】今年は荒れる!?激走する穴馬はこの馬だ!
予想/馬券

【北九州記念】今年は荒れる!?激走する穴馬はこの馬だ!

昨年はベルカント-ビッグアーサーの人気2頭の決着だったが、過去10年で4回馬連万馬券が飛び出している荒れる傾向の強い北九州記念。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

牝馬が活躍!

”夏は牝馬”の格言通り、過去2年で馬券に絡んだ6頭中4頭は牝馬だった。今年もこの傾向に注目したい。
昨年の3着馬ベルルミエール。前走のCBC賞は5着と復調気配をアピールした。シャドーロールを着けた効果で調教の動きは良化しており、好気配を漂わせている。昨年の覇者ベルカントとのハンデ差は3キロに広がったため、逆転まで期待したい1頭だ。

条件戦を勝ちあがってきた馬に注目!

過去5年、前走で条件戦を勝利していた馬は複勝率60%・複勝回収率242%と好成績。12年8番人気1着スギノエンデバー,14年13番人気2着メイショウイザヨイなど人気薄の好走も目立つ。勢いのある馬に注目だ。
前走の白河特別を勝利したフルールシチー。格上挑戦になるが、メンバー最軽量の斤量50キロは非常に魅力的。ハンデ差を上手く生かせれば、上位を狙える存在だ。

キングヘイロー産駒が走る!

2011年以降の小倉芝1200mのキングヘイロー産駒の成績は(9,9,7,87)で、単複回収率はともにプラスを超えている。コース相性のいいキングヘイロー産駒に期待したい。
小倉芝コースでは(2,2,0,1)と相性抜群のメイショウライナー。唯一の馬券圏外は重馬場でのレースだった。中6週の成績は(1,1,0,0)と好成績で、また高橋忠厩舎は2011年以降の小倉芝1200mで(10,4,4,43)と成績がいい。買い材料豊富な1頭で、大駆けを期待したい。

過去10年では8番人気が4勝、11番人気も2勝と人気薄の馬が1着になる傾向もある北九州記念。思わぬ伏兵の大激走で、高配当がもたらされるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line