TOP > JRA競馬場/WINS > 2016年8月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
JRA競馬場/WINS

2016年8月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年8月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ネオリアリズムがモーリスを破って札幌記念を制し、北九州記念では8番人気からバクシンテイオーが勝利した先週の競馬界。一方海外初挑戦の藤田菜七子はまさかの出走取り消し、川田騎手は小倉リーディング待ったなし。1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】叔父にゴールドアリュール、ペルシアンナイト圧巻の勝利

inyofu 8月21日、小倉競馬場で開催された第5R・メイクデビュー小倉(新馬、芝1800m)は、道中好位を追走した1番人気ペルシアンナイト(牡2、栗東・池江)が4コーナー付近で先団に並びかけると、直線では脚力の違いを見せつけるように悠々と抜け出し勝利した。勝ちタイムは1分53秒1(良)で、鞍上は川田騎手。
動画を見る
伯父にフェブラリーSなどGI級4勝のゴールドアリュールをもつペルシアンナイト。1番人気に押された良血馬が期待に応える形での大勝利で今後の活躍がますます楽しみになってきた。また2、3着も4番人気、3番人気が入っているので配当は3連単3490円とかなり低めになっている。

海外デビュー藤田菜七子騎手放馬に涙、そして

inyofu 藤田菜七子騎手は8歳馬アルティメットフォースに騎乗して挑むはずだったが、この老齢馬が思いもしない癖馬だった。パドックで騎乗前から何度も立ち上がっていた同馬は、菜七子騎手が乗るやまたしても立ち上がりそのまま後ろ向きに転倒。騎手を振り落すとそのまま脱兎のごとく放馬してパドックから出て行ってしまった。

 奇跡的に大きな怪我はしなかった菜七子騎手だが、取り消しを告げられると大粒の涙を流し、語った。
inyofu 更に主催者側から11月にアブダビで行なわれる同シリーズのファイナルへ特別措置で進出できることを聞かされると、再び大粒の涙が頬をつたった。

「本当は勝って行きたかったけど、また招待していただけるということで感謝しています。今回は悔しい思いをしたけど、レース前に馬場を歩くなどして勉強になることも沢山ありました。だからそれを次回に生かせるよう、頑張ります」
8月20日イギリス・サンダウンパーク競馬場で行われたレディースワールドチャンピオンシップに招待されて初めての海外での騎乗になるはずだった藤田菜七子騎手はかなりの癖のある馬、アルティメットフォースが騎手を振り落として放馬してしまい、そのまま出走取り消しとなってしまった。残念な結果だったが11月に特別措置で出られるということなので初海外騎乗はそれまで楽しみに待つとしよう。

2週連続で重賞制す! 戸崎騎手リーディング首位をキープ

inyofu ■リーディングジョッキー 1位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【127.82.68.56.52.239】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週4勝)【113.68.69.56.44.157】(→)
3位 M.デムーロ騎手(今週4勝)【95.56.55.47.36.206】(→)
4位 川田将雅騎手 (今週5勝)【85.62.60.43.41.189】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週2勝)【71.64.48.41.36.185】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週3勝)【62.50.40.49.40.333】(→)
7位 岩田康誠騎手 (今週0勝)【54.68.62.58.55.294】(→)
8位 蛯名正義騎手 (今週1勝)【53.38.37.36.46.285】(→)
9位 和田竜二騎手 (今週1勝)【49.56.48.45.51.375】(→)
10位 田辺裕信騎手 (今週1勝)【46.56.45.47.44.244】(↑)※前週11位以下
今週も大きな順位変動はありませんでした。そんななか、上位陣で最も勝利数を加算したのは川田騎手。同騎手は土曜小倉で2勝、日曜小倉で3勝を挙げて、通算994勝と1000勝の大台が間近に迫っています。
上位陣はそれぞれ順位に大きな変動なしであったが川田騎手が現在リーディングトップである小倉で5勝をあげて勝利数をグンとあげている。通算勝利1000勝も目前に迫っており目が離せない騎手である。

マカヒキがフランス到着

inyofu 10月2日にフランスのシャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(GI、芝2400m)へ出走を予定しているマカヒキ(牡3、栗東・友道)につき、同地の小林智厩舎に到着したことがJRAより発表された。
2016年10月2日に行われる凱旋門賞に出走予定のマカヒキが無事にフランスに到着したということでまずは一安心である。9月11日のニエル賞に向けて調整を進めていくことになっており、無事に前哨戦ニエル賞、そして凱旋門賞へと向かってほしい。

WIN5最高額出た!

inyofu ■8月21日のWIN5払戻金は4億2012万7890円となり、WIN5史上最高払戻金を更新した。対象5競走の勝ち馬は8、6、5、15、1番人気。的中は1票だった。なお、これまでの最高払戻金額は2015年9月13日の3億9566万3730円。払戻金限度額が6億円に引き上げられた2014年6月8日以降、初の「4億超え」となった。
高額配当で度々話題になるWIN5だが今回過去最高の4億2012万7890円という額を叩き出した。当てたのはたったの1人ということだがこの幸運をゲットした人が本当に羨ましい。

2016年8月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが、札幌記念では5番人気ネオリアリズム、北九州記念では8番人気バクシンテーオー がそれぞれ制した。
5番人気だったネオリアリズムは、ダントツの1番人気モーリスを下しての値千金の勝利であった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line