TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】新潟2歳ステークス予想
コラム

覆面馬主【データの8号】新潟2歳ステークス予想

覆面馬主 データの8号
うまキュレの「凱旋門賞 2016」によると、マカヒキのブックメーカーのオッズは、13倍~17倍だそうです。

凱旋門賞 2016

フランスに到着したマカヒキのことも「凱旋門賞 2016」で触れていますので、内容はそちらを読んでもらうとして、ともかく前哨戦から頑張ってほしいですね。

ということで、個人的な感覚で小倉日経OPやキーンランドCの方が当たるかもしれないと思いつつ、軸は穴馬の新潟2歳Sの結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
新潟04R ◎ ②ダズリングベリー
(ほぼすべての項目がプラス評価)

新潟08R ◎ ①リンガスウーノ
(スピード指数がずば抜けて高い)

新潟08R ○ ⑩スプリングガール
(マイナス評価はスピード指数だけ)

新潟11R ◎ ⑩ヴゼットジョリー
(大きな減点項目がない優等生タイプ)
-------------------------------


それでは新潟2歳S。

週中の「レース分析」に加えて、以下の「追加データ」から判断します。

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」新潟2歳ステークス

・追加データ

厩舎(新潟芝1600m・過去3年データ・2歳戦限定)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・鹿戸雄一厩舎
2位・栗田博憲厩舎
3位・奥村武厩舎
4位・牧光二厩舎
5位・小桧山悟厩舎

騎手(新潟芝1600m・過去3年データ・2歳戦限定)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・田辺裕信騎手
2位・柴田大知騎手
3位・石橋脩騎手
4位・石川裕紀人騎手
5位・津村明秀騎手

血統(新潟芝1600m・過去3年データ・2歳戦限定)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位ディープインパクト
2位ハービンジャー
3位プリサイスエンド
4位スクリーンヒーロー
5位ネオユニヴァース

ということで、週中の「データ分析」と追加データから最終結論です。

◎ウインシトリン

データ分析の詳細は週中の記事を読んでもらうとして、そこから導き出された軸馬はウインシトリンです。10番人気以下の可能性もありそうで意外と人気はないですね。

ちなみに、週中のデータ分析で本命候補の推奨馬としたのは、ウインシトリン、ブライトンロック、モーヴサファイアの3頭。ただブライトンロックは出走しないので、本命候補は残りの2頭です。

そこから最終結論として軸に決めたウインシトリンは、前走新馬戦1着。データ分析で書いた通り、新馬組は過去10年の新潟2歳Sで馬券対象馬の30頭中18頭と半数以上を占めます。複勝率も新馬組が一番高いデータです。

また、前走距離データでは、馬券対象馬30頭中22頭は前走1400m~1600mに出走。馬券対象馬の70%以上はこの範囲。特に複勝率では1600m組が優位のデータを出しています。ですので狙いは当然この2つの距離でしょう。ちなみにウインシトリンは前走1600mに出走。

更に、新馬組(1着)の馬券対象馬18頭中15頭は、前走の上がり3ハロンがメンバー中最速でした。この傾向は未勝利組でも同様ですが、とりあえずは勝負所で速い脚を使える馬が良さそうです。

そして、今回の出走メンバーで、これらの条件を全てクリアしたウインシトリンとモーヴサファイアの2頭は、ともに好走を期待できると判断です。

ちなみにウインシトリンを管理する鹿戸雄先生は、過去3年のこの条件(2歳戦限定)で管理馬の複勝率は50%を超える好データ。この点はかなり魅力的です。

ということで、今回はデータから人気は無くとも、配当妙味を期待してウインシトリンを本命に決定です。

その他は下記の通り。

◎⑦ウインシトリン
○②モーヴサファイア
▲⑪キャスパリーグ
☆⑭マイネルバールマン
△⑩ヴゼットジョリー
△⑥アンジュシャルマン
△⑮マイネルパラディ

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


キーンランドカップ
小倉日経オープン



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line