TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】キーンランドカップ予想
コラム

覆面馬主【データの8号】キーンランドカップ予想

覆面馬主 データの8号
引き続き、覆面馬主・データの8号です。

最初に書いた小倉日経オープンの最終結論ですが、グリグリの人気を集めそうなウインフルブルームを押さえの押さえ程度に留めました。状況次第では、配当が付くかもしれない…と思います。ただ、それでも新潟2歳Sの軸馬に比べると、配当は堅くなるかもしれません。

やはり日曜日は新潟2歳Sが面白いと思います。

ということで、札幌の結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
札幌10R ◎ ⑪イッテツ
(減点も多いがそれ以上に加点を獲得)
-------------------------------


それではキーンランドC。

週中の「レース分析」に加えて、以下の「追加データ」から判断します。

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」キーンランドC

・追加データ

厩舎(札幌芝1200m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・須貝尚介厩舎
2位・藤沢和雄厩舎
3位・安田隆行厩舎
4位・西浦勝一厩舎
5位・堀宣行厩舎

騎手(札幌芝1200m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・モレイラ騎手
2位・岩田康誠騎手
3位・武豊騎手
4位・池添謙一騎手
5位・藤岡康太騎手

血統(札幌芝1200m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ダイワメジャー
2位ストーミングホーム
3位ヨハネスブルグ
4位ディープインパクト
5位ファルブラヴ

ということで、週中の「レース分析」と追加データから最終結論です。

◎ソルヴェイグ

まずソルヴェイグの成績を振り返ると、前走は函館スプリントSを1着。
週中のデータ分析に書きましたが、そもそも過去9回のキーンランドC(函館開催除く)は、馬券対象馬の内、前走重賞組は(7,6,7)と大半を占めます。しかも、前走で現級1着馬の複勝率は50%超。
前走で重賞を勝ったソルヴェイグは、これらの条件にピッタリと一致します。また、父ダイワメジャーの産駒は、過去3年の札幌芝1200m戦で複勝率45%台と高い数値。総合的にデータを判断すると、軸はやはりこの馬でしょう。

シュウジは前走函館スプリントS2着。前走成績から、先に書いたソルヴェイグと同等の評価をしてもいいかもしれません。しかし、それ以上に注目は管理厩舎と乗り役のデータ。この馬を管理する須貝先生は、過去3年の札幌芝1200m戦で、管理馬を16回出走させていますが、70%近い11頭が馬券対象となっています。これはかなり高いデータです。

更に乗り役のモレイラ騎手は、この条件では過去9回乗って馬券対象7回。率にすると77%超。これも高い数値です。前走内容とその他のデータから十分に上位争いは可能でしょう。

以下、ホッコーサラスターとレッツゴードンキ。その他にアクティブミノルにエポワス、ナックビーナスまで。

◎⑤ソルヴェイグ
○④シュウジ
▲⑧ホッコーサラスター
☆⑫レッツゴードンキ
△⑩アクティブミノル
△③エポワス
△⑬ナックビーナス

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


小倉日経オープン
新潟2歳ステークス



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line