TOP > エンタメ・雑学 > 2016年8月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年8月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年8月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ブランボヌールがキーンランドカップを制し、新潟2歳Sではヴゼットジョリーが勝利した先週の競馬界。一方モーリスが引退発表、あのウィナーズサークルが30歳で死亡、マカヒキはニエル賞登録など1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】近親にドゥラメンテ、良血ヴァナヘイム勝利

inyofu 8月28日、小倉競馬場で開催された第5R・メイクデビュー小倉(新馬、芝1800m)は、中団外めを追走した1番人気ヴァナヘイム(牡2、栗東・角居)が、4コーナーで先頭を射程圏に捕らえる位置まで進出。直線では抜け出しを図る2着馬に並びかけると、ほとんど持ったままの手応えで交わし初陣を飾った。勝ちタイムは1分53秒8(稍重)で、鞍上は浜中騎手。
動画を見る
祖母は天皇賞・秋などGI2勝をしているエアグルーヴ、近親には日本ダービーなどGI2勝をしたドゥラメンテなど多数の実績馬を持つ良血のヴァナヘイム。1番人気の期待に応えての堂々の勝利で今後がますます楽しみである。

マカヒキ、ニエル賞に登録

inyofu 日本から挑戦するマカヒキ以外では、英愛ダービー馬ハーザンド(牡3、愛・D.ウェルド)や英ダービー2着のユーエスアーミレンジャー(牡3、愛・A.オブライエン)、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSで2着に入ったウイングスオブデザイア(牡3、英・J.ゴスデン)、仏ダービー2着のザラク(牡3、仏・A.ドゥロワイエデュプレ)などが登録を行った。出走馬は現地時間9月9日に確定する。
着々と凱旋門賞に向けて準備を整えていくマカヒキ。ニエル賞での活躍も期待したい。

モーリス引退へ

inyofu ここまで国内外でマイルGIを4勝し、昨年2015年の年度代表馬となったモーリス(牡5、美浦・堀)が、今年内残り2戦を走って引退する予定であることがわかった。8月22日、同馬を所有する吉田和美氏の夫でノーザンファーム代表の吉田勝己氏が明らかにしたもの。
8月21日に出走した札幌記念で2着となりマイル路線に戻るのか、10月末の天皇賞・秋へ進むのか、その進路が注目されていたがモーリスだったが、天皇賞へ直行すると発表された。天皇賞・秋での鞍上はライアン・ムーア騎手を予定し、その後は香港Cか、勝てば連覇となる香港マイルのいずれかをラストランとし現役引退、種牡馬入りする見通しとのことだ。

今週も重賞制す! 戸崎騎手リーディング首位を依然キープ

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 戸崎圭太騎手 (今週1勝)【128.84.71.57.54.247】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週1勝)【114.72.72.58.45.163】(→)
3位 M.デムーロ騎手(今週2勝)【97.57.56.47.38.212】(→)
4位 川田将雅騎手 (今週0勝)【85.62.60.45.41.195】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週5勝)【76.64.49.43.37.194】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週2勝)【64.50.41.49.41.346】(→)
7位 岩田康誠騎手 (今週1勝)【55.69.63.59.55.304】(→)
8位 蛯名正義騎手 (今週0勝)【53.38.39.36.47.291】(→)
9位 和田竜二騎手 (今週1勝)【50.61.52.47.53.382】(→)
10位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【48.58.50.48.45.251】(→)

週も大きな順位変動はありませんでした。1位の戸崎騎手は1勝と同騎手にしては勝ち星が伸び悩んだ印象でしたが、その1勝は日曜札幌11R・キーンランドC。重賞で勝負強さを発揮し、キッチリと勝利を上積みした点はさすがといったところでしょうか。
上位陣はそれぞれ順位に変動なしであった。今週は福永騎手が5勝をあげて勝利数をグンと伸ばした。

福永騎手2つの記録を達成!

inyofu 8月27日、新潟競馬第1R・2歳未勝利でジュンヴァリアス(牡2)が1着となり、騎乗していた福永祐一騎手(39、栗東・フリー)は中央競馬史上9人目、現役では5人目となるJRA通算1900勝を達成した。初騎乗となった1996年3月2日から約20年5カ月、1万4998戦目での記録となっている。
通算1900勝を達成し、同日中に1万5000回騎乗も達成した福永騎手。大記録をまとめて達成し、ダブルでめでたい1日であった。

ダービー馬ウィナーズサークル死す

inyofu 1989年の日本ダービー(GI、芝2400m)を制したウィナーズサークル(牡30)が8月27日未明、茨城県笠間市にある東京大学大学院農学生命科学研究科付属牧場にて、老衰により死亡したことがJRAより発表された。
芦毛初のダービー馬として人気を博したウィナーズサークルが30歳で老衰のため亡くなった。最優秀3歳牡馬に選出された彼のレースが未だに忘れられないファンも多いだろう。

2016年8月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
2つの重賞が行われた先週のJRAだが、新潟2歳Sでは3番人気ヴゼットジョリー、キーンランドカップでは2番人気ブランボヌールがそれぞれ制した。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line