TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】長岡ステークス予想
コラム

覆面馬主【データの8号】長岡ステークス予想

覆面馬主 データの8号
引き続き、覆面馬主・データの8号です。

長岡Sの行われる条件では、過去10戦の馬連平均は5300円台、3連単平均は72000円台です。そこそこ荒れている印象です。

それを示すように、単勝1番人気は80%が馬券対象馬となっている一方で、2番人気以下から9番人気前後までは幅広い人気から馬券対象馬が出ています。

今回はどうでしょうか。

なお、土曜日の重賞、札幌2歳Sの最終結論はこちら
札幌2歳ステークス予想

それでは新潟の結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
新潟07R ◎ ②ルナマティーノ
(ダート→芝替わりの激走に期待)

新潟12R ◎ ⑤クワドループル
(スピード指数がずば抜けて高い)
-------------------------------


続いてメインレースの結論。

■新潟11R 長岡S
芝1600m
コース分析ができれば馬券は当たる!【新潟芝1600m】
3歳上1600万下

●傾向

※2006年以降、新潟芝1600m(3歳上1600万下)の計10戦。

前走クラス別で見ていくと、前走1000万下からは6頭の馬券対象馬が出ています。いずれも1着馬ですが、6頭中で前走1番人気は一頭のみでした。そのため、長岡Sなどで人気をそれほど集めていない馬も少なくなく、6頭中3頭は9番人気でした。前走をフロック視されている場合でも注意が必要です。なお、前走の出走距離は1500m~1800mの範囲内。血統的には6頭中2頭はサクラバクシンオー産駒、3頭はサンデーサイレンス系です。

続いて、前走1600万下からは18頭の馬券対象馬が出ています。前走出走距離は1400m~2000mまでと1000万下組より幅広く馬券対象馬が出ています。なお、18頭中15頭は前走一桁着順馬です。クラウンロゼやライブリシュネルは前走二桁着順ですので、データからは厳しいでしょう。

また前走重賞組からも4頭の馬券対象馬。前走重賞組は過去5頭の出走で4頭が馬券対象となっており、その率は高いです。ただし、唯一馬券対象とならなかったのは、前走障害重賞。また馬券対象馬は1400m~2000mに出走しています。

厩舎(新潟芝1600m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・須貝尚介厩舎
2位・石坂正厩舎
3位・相沢郁厩舎
4位・齋藤誠厩舎
5位・天間昭一厩舎

騎手(新潟芝1600m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・M.デムーロ騎手
1位・田辺裕信騎手
3位・蛯名正義騎手
4位・戸崎圭太騎手
5位・横山典弘騎手

血統(新潟芝1600m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ハーツクライ
2位ステイゴールド
3位キングカメハメハ
4位ネオユニヴァース
5位フレンチデピュティ


各分析を踏まえ、最終結論へ。

◎ベルラップ

今回本命に決めたのはベルラップ。前走1600万下組8着。現級組の前走二桁着順馬は厳しいですが、一桁着順であれば十分にデータの範囲内でしょう。しかも前走距離も2000mと問題ありません。更に、管理するのは厩舎データ1位で複勝率60%超の須貝先生ですし、乗り役は騎手データ上位のノリさん、また父も血統データ1位のハーツクライと複数の条件に一致しています。人気は他の馬に集まるかもしれませんが、上記のデータからは、ここはベルラップを本命に決定です。

以下、前走重賞組のアーバンキッド、ネオスターダム、ペルソナリテ、現級組の前走一桁着順ボンジュールココロやマラムデールまで。

◎⑥ベルラップ
○⑤アーバンキッド
▲⑨ネオスターダム
☆⑧ペルソナリテ
△⑦ボンジュールココロ
△①マラムデール

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単も少々。


北九州短距離ステークス予想
札幌2歳ステークス予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line