TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】9月11日(日)中山8R・10R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】9月11日(日)中山8R・10R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

今週の日曜日は、いよいよ海外で注目のレースが行われますね!

えっ!?フランスでマカヒキが凱旋門賞の前哨戦・ニエル賞に出るって?

違いますよ!注目のレースは、韓国で行われる第1回・コリアカップの方です!
このコリアカップは、今年から新設されたレースで、韓国のソウル競馬場ダート1800mを舞台に行われる韓国GI。
同じく新設されたレース・コリアスプリント(ダート1200m)と共に、国際レースとして開催されます。

そして、記念すべき第1回開催には、日本からもダートの精鋭がエントリー!

■コリアカップ(1着賞金5億6000万ウォン=約5,040万円)
 ・クリソライト  (牡6)藤井勘一郎
 ・クリノスターオー(牡6)幸英明

■コリアスプリント(1着賞金4億ウォン=約3,528万円)
 ・グレープブランデー(牡8)吉原寛人
 ・ミリオンヴォルツ (セ7)藤井勘一郎

詳細な開催情報はこちら ※外部サイト

国際レースらしく、日本以外にもアメリカやヨーロッパなどからも参戦馬がおり、第1回から白熱したレースが期待できそう。
なお、コリアカップに出走する日本馬の代表格・クリソライトは、現地でもかなりの人気を集めている様子。
フランスよりもひと足先に、海の向こうから吉報が届くかもしれませんね!


それでは、予想へまいりましょう。
今週日曜日のターゲットは、ダート1200mで行われる中山10R『ながつきS』(3歳以上1600万円下)

まずは簡単なコースの説明から。
中山ダート1200mのスタート地点は、2コーナー奥のポケット地点。スタート地点が芝なため、芝が問題ない馬なら芝距離が長い外枠の方が有利。
さらに、スタートから4コーナーに向けて下り坂になっているため、テンが非常に速くなるのが特徴。
直線には急坂が待ち構えており、上がりは他場のダート1200m戦と比べても時計が掛かる。
ただし、前半がハイペースで流れても、直線に入るまでにセーフティリードとなっていることが多い。
また直線も短いため、基本的には逃げ・先行馬が有利。

★☆日曜中山10R・『ながつきS』の予想☆★
参考にするのは、開幕週に1600万下で行われた2013年内房特別と、15年ながつきSの2レース。
なお、2013年の内房特別はハンデ戦で行われている

①配当
過去2回の馬連配当は、新しい順に6,230円、13,720円。

②人気
過去の連対馬の人気 ※括弧内は左が1着
2015( 3→ 6人気)
2013(10→ 6人気)

③性齢と斤量
過去の連対馬の性齢と斤量  ※括弧内は左が1着
2015(牡4_57.0→牡5_57.0)
2013(牝5_53.0→牝6_52.0)※ハンデ戦

④位置取り
連対馬の4角位置  ※括弧内は左が1着
2015( 1→14番手) 良
2013( 3→ 4番手) 良

⑤所属
過去の連対馬は、関西馬が3頭で優勢。

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はいない

⑦騎手
複数回連対している騎手はいない

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
過去の連対馬4頭中3頭が、8月以降に行われた夏競馬に出走していた。

⑨前走コース・距離
連対馬の前走コースと距離は以下の通り
新潟ダ1200m:2頭
京都ダ1200m:1頭
小倉ダ1700m:1頭

⑩前走レース・着順
連対馬の前走クラスは以下の通り(括弧内は着順)。
前走・OP   :1頭(15)
前走・1600万下 :3頭(7、8、11)

前走1600万クラス組が3頭で優勢。
さらに、その内の2頭は、前走が新潟で行われた越後Sだった。

⑪1600万実績
過去の連対馬4頭すべてに、1600万クラスで3着以内に入った実績があった。

データは以上。

データは過去2年分しかないので参考程度に。
今年は逃げ馬ウィッシュハピネスが除外になり、有力どころに、差し・追い込み馬が随分と揃った印象。
いかにも前残りの展開になりそうなメンバーだけに、今回は単騎マイペースが濃厚な◎ヴァーノンを軸馬に抜擢してみたい。

☆中山10R・結論☆

 ◎⑭ヴァーノン
 ○①モルジアナ
 ▲⑩スマートアヴァロン
 ☆⑤ジャコカッテ
 ☆⑯リバーソウル
 △⑧パイメイメイ
 △⑪モンテネオ
 △⑮スウィープアウェイ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑭
 馬単⑭ ⇔ ①⑩⑤⑯⑧⑪⑮

少額で軸1頭の三連複

 ⑭ = ①⑩⑤⑯⑧⑪⑮


-----------------------
★☆おまけ、の中山8R『3歳上500万下』の予想☆★

おまけは、中山ダート1800mで行われる『3歳上500万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、前走をひと叩きされて上昇ムードの◎タイセイスペリオル。
新馬戦を4馬身差で快勝したように、素質の高さは折り紙つき。
さらに、今回は未勝利馬が4頭もいる組しやすいメンバーだけに、ここはスンナリと勝ち上がれそうだ。

☆中山8R・結論☆

 ◎⑨タイセイスペリオル
 ○⑯ポルトボナール
 ▲⑧パブリックフレンド
 ☆⑩モーゼス
 △②ヴァッハウ
 △⑫サノノカガヤキ
 △⑬アンリキャトル

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑨
 馬単⑨ ⇔ ⑯⑧⑩②⑫⑬

少額で軸1頭の三連複

 ⑨ = ⑯⑧⑩②⑫⑬

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line