TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】紫苑ステークス予想
コラム

覆面馬主【データの8号】紫苑ステークス予想

覆面馬主 データの8号
今年からGIIIに格上げする紫苑Sです。

しかし、去年までも秋華賞トライアルでしたし、その点に変わりはありません。また、3歳の牝馬限定戦であることも変わりはありませんので、恐らく皆さんも「レース傾向に変わりはない」と思っているでしょう。

そして、1800mから2000mに変更した07年以降(新潟開催14年は除く)の8回の紫苑Sは、1番人気は1回しか勝っていません。ですから、ファンの多くが、「紫苑Sは荒れるレース」というイメージを持っているのではないでしょうか。

実際、過去8回の単勝配当は、07年1300円、08年860円、09年4010円、10年500円、11年760円、12年470円、13年840円、15年1270円と、勝ち馬の配当はなかなか荒れ気味です。また唯一、単勝1番人気が勝った12年の単勝配当も470円も付いています。つまり、この辺りにも多くの競馬ファンの「紫苑Sは荒れるレース」と考えている気持ちが表れていると考えていいでしょう。

そして、週中のデータ分析を読んでいただければ分かりますが、今回推奨馬として上げたのは、ウインファビラス、パーシーズベスト、ベアインマインドの3頭。

それぞれの前走は、ウインファビラスはオークス14着、パーシーズベストとベアインマインドは500万下1着です。

特に今回はの出走馬には前走オークス3着のビッシュ、フローラS2着のパールコードがいます。恐らく多くの競馬ファンは「前走重賞実績のある馬が今回も好走するはずだ」と考えるでしょうから、常識的に考えれば前走でGIやGIIの馬券対象馬は人気を集めるでしょうし、相対的に前走二桁着順馬や500万下を勝ち上がったばかりの馬の評価は低くなります。

しかし、今ここを読んでいる方も覚えていると思いますが、週中のデータ分析でも紹介した通り、「前走重賞組の馬券対象馬の成績は、いずれも6着以下だった」というデータ。

例えば前走オークスの場合、過去8回のレースで16頭が出走していますが、紫苑Sで馬券対象となった2頭は前走15着や6着とどちらも圏外。その一方で、オークス組で馬券対象となった2頭は、紫苑Sでは「1番人気12着」、「2番人気5着」と凡走しているのです。

つまり、「全く人気に応えられなかった」という点は共通してますので、紫苑Sの過去の他の傾向と合わせて考えると、データ予想としては、ビッシュもパールコードも「評価を下げる必要がある」となります。

・・・ということで、阪神のエニフSに続き、紫苑Sの行なわれる中山の結論です。

まずは「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
中山03R ◎ ⑩スピアザゴールド
(スピード指数がずば抜けて高い)

中山06R ◎ ⑫ナリノスワンキー
(芝→ダート替わりでの一変に期待)

中山08R ◎ ⑪プエルト
(ダート→芝替わりの激走に期待)

中山09R ◎ ⑫ディバインコード
(ほぼすべての項目がプラス評価)

中山11R ◎ ⑯エンジェルフェイス
(マイナス評価はスピード指数だけ)
-------------------------------


それでは紫苑S。

週中の「データ分析」に加えて、以下の「追加データ」から判断します。

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」紫苑S

・追加データ

厩舎(中山芝2000m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・藤原英昭厩舎
2位・加藤征弘厩舎
3位・堀宣行厩舎
4位・国枝栄厩舎
5位・友道康夫厩舎

騎手(中山芝2000m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・川田将雅騎手
2位・福永祐一騎手
3位・戸崎圭太騎手
4位・北村宏司騎手
5位・田辺裕信騎手

血統(中山芝2000m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位キングカメハメハ
3位ゼンノロブロイ
4位メイショウサムソン
5位ハービンジャー

では、週中の「データ分析」と追加データから最終結論です。

◎ベアインマインド

まず人気になりそうなパールコードはバッサリ切り捨て。

そして、冒頭で書いた通り、週中の「データ分析」から紫苑Sは「荒れるレース」の前提で考えます。その中で推奨馬とした3頭の中で軸に決めたのはベアインマインド。

推奨した3頭で前走500万下はパーシーズベストとベアインマインドですが、パーシーズベストは今回3ヶ月振り。一方、ベアインマインドは中3週。使われている強みがあります。更に管理するのは厩舎データ上位の加藤征先生。また、父は血統データ上位のディープインパクトと好データが続きます。

恐らく人気はありませんが、連勝中の上昇度も期待できますし、複数のデータとの繋がりから今回は本命に決定します。

二番手はパーシーズベスト。また三番手はウインファビラス。その他、前走500万下で父ディープインパクト、また乗り役に騎手データ上位の福永くんのヴィブロス。


以下、シークザフューチャ、ビッシュ、ルフォールまで。

◎③ベアインマインド
○⑪パーシーズベスト
▲⑥ウインファビラス
☆⑨ヴィブロス
△⑤シークザフューチャ
△⑱ビッシュ
△⑬ルフォール

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


エニフステークス予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line