TOP > 騎手 > 2016年重賞9連続連対中!戸崎圭太騎手
騎手

2016年重賞9連続連対中!戸崎圭太騎手

現在『JRA重賞騎乗機会連続連対』を「9」に伸ばし(新記録)、まだまだ継続中という戸崎圭太騎手。夏競馬開幕週のG3ラジオNIKKEI賞をゼーヴィント勝利し、秋競馬初戦の形成杯HAもカフェブリリアントで2着を確保。まさに確変中の戸崎圭太騎手についてまとめてみた。
馬キュレ

地方競馬所属でG1安田記念制覇

戸崎騎手は1999年に大井競馬の香取和孝厩舎所属として騎手デビュー。大井所属ながら中央競馬にも何度か参戦していた。2011年の安田記念ではリアルインパクトに騎乗し中央G1初勝利を果たした。
inyofu  JRA春のマイル王決定戦・第61回GI安田記念が5日、東京競馬場1600メートル芝で行われ、地方・大井競馬の戸崎圭太が騎乗した9番人気の伏兵リアルインパクト(牡3=堀厩舎、父ディープインパクト)が優勝。好位3番手から息の長い末脚で古馬勢を完封し、グレード制が導入された1984年以降では初となる3歳馬の安田記念制覇の快挙を達成した。良馬場の勝ちタイムは1分32秒0。。
inyofu  GI5勝のマイル女王・アパパネがもがいたゴール前。代わりにニューヒーローとなって飛び出したのは、なんと3歳のリアルインパクトだった。そして、殊勲の手綱を握っていたのは、地方・大井競馬のエース戸崎圭太、30歳。9回目の挑戦で念願かなったJRA・GI初制覇だった。
動画を見る

中央競馬の騎手へ

2005年に初めてJRAの新規騎手免許試験に挑む。安田記念を勝利した2011年に2度目の試験、そして2012年、3度目の挑戦で一次試験に突破。続く二次試験も合格し、2013年3月1日付でJRA騎手となった。

レッドリヴェールで移籍後G1初勝利

2013年の阪神JF。単勝1.7倍の断トツの1人気ハープスターを抑え、5人気のレッドリヴェールが勝利。元々手綱を取る予定はなかったが、岩田騎手の乗り替わり予定のルメール騎手からまた乗り替わりで戸崎騎手とのコンビが誕生。ビッグチャンスを見事に物にした。
動画を見る

ジェンティルドンナに有終の美

2014年の有馬記念。3月にドバイシーマCを勝利してから惜しくも勝利がなかったジェンティルドンナ。戸崎騎手とのコンビで、引退レースの有馬記念へ挑んだ。4人気で迎えたが、先行し力強く抜け出し見事に有終の美を飾った。
動画を見る

ストレイトガールでヴィクトリアマイル2連覇

2016年のヴィクトリアマイル。ストレイトガールは2015年のスプリンターズSを勝利していたが、その後香港スプリント、阪神牝馬Sと着外に沈んでいたこと、そしてもう7歳ということで7人気と低評価でレースを迎えた。しかし直線持ったままで抜け出すと、危なげなく勝利。圧倒的な力の差を見せつけ連覇達成した。
動画を見る

現在リーディングジョッキー

現在、戸崎騎手は139勝。2位のルメール騎手に20勝差をつけ全国リーディング1位に君臨している。

2016年の夏の新潟競馬リーディングにもなった。

そして重賞9連続連対という新記録を継続中

レース・馬・着順は以下の通り。

G3 ラジオNIKKEI賞
 ゼーヴィント 1人気 1着
G3 七夕賞
 アルバートドック 3人気 1着
G3 函館2歳S
 モンドキャンノ 2人気 1着
G3 レパードS
 グレンツェント 2人気 1着
G3 関屋記念
 ヤングマンパワー 3人気 1着
G3 キーンランドC
 ブランボヌール 2人気 1着
G3 新潟記念
 アルバートドック 1人気 2着
G3 紫苑S
 ビッシュ 1人気 1着
G3 形成杯AH
 カフェブリリアント 6人気 2着

人気馬だけではなく、カフェブリリアントのような中穴の人気でもきっちり2着までに持ってきている。まだまだ継続するかはわからないが、馬券を買う上で戸崎騎手というだけで切れなくなっている。


今や馬券を買う上で外せないジョッキーとなった戸崎圭太騎手。もしかしたら6人気で戸崎騎手を買えた形成杯AHは美味しいレースだったかも・・・?これから秋のG1がはじまるが、そんな大レースでも変わらず注目していきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line