TOP > コラム > 覆面馬主【妄想の2号】神戸新聞杯予想
コラム

覆面馬主【妄想の2号】神戸新聞杯予想

覆面馬主2号
こんばんは、2号です。

土曜は菊花賞馬候補かと思った九十九里特別の◎アルカサルが、まさかの9着大惨敗。△にしていたスズカヴァンガードが出走を取り消していたため不的中の被害額は減りましたが、久しぶりの『九十九里特別→菊花賞馬』候補と思って、結構期待してたんですよね。

まぁ「第二のデルタブルース候補」は厳しくなってしまいましたが、ダービー週の未勝利戦を勝ち神戸新聞杯3着、その後菊花賞馬になった「トーホウジャッカル候補」は今年もいます。気を取り直して、神戸新聞杯ではそういった伏兵候補も狙ってみたいと思います!

◎14サトノダイヤモンド
○8ナムラシングン
▲12レッドエルディスト
☆7エアスピネル
△5カフジプリンス
△2ジョルジュサンク
△15ミッキーロケット

◎サトノダイヤモンドは皐月賞1番人気、落鉄しながらダービー2着。ここでは力が違う、というより『ここで負けてはいけないレベルの馬』でしょう。

実績から言うと朝日杯2着、春のクラシック2戦は共に4着の☆エアスピネルも同等レベルですが、この馬は最近常に「それ以上の期待を受ける馬がいる」状態(今回で言うところのサトノダイヤモンド)。実力的に見れば勝っても全く不思議はないですし、仮に負けても「皐月賞やダービーでも4着だったし」となる、不思議な立ち位置だと思います。
馬連の配当期待値的にできれば3着が良いので4番手の☆にしましたが、周囲の目線がサトノダイヤモンドに行けば行くほどチャンスは上がると思います。

配当的に上位歓迎なのが、○ナムラシングンと▲レッドエルディスト。どちらも春のGIは1戦のみ参戦し結果が出せず、仕切り直しの秋に賭けてきている馬です。
特に○ナムラシングンは小倉の1000万下(芝2000m)を走り、古馬相手に大楽勝という『夏の上がり馬』的な要素も兼ね備えた馬です。阪神は若葉Sで2着の実績がありますし、皐月賞も直線で詰まる不利があってのコンマ8秒差なら悲観するほどではありません!

他は食い込みがありそうな面々で、△ですがジョルジュサンクは上手くペースを握れれば面白そうです。他にスローに落とされると分が悪くなりますが、自分で動いて先手を取り、そこそこ流れるペースを作った前走のラジオNIKKEI賞は直線半ばまで「このまま勝てるか?」と思うような状況になっていました。仮にああいった感じで淡々とペースを作って2400mを走っていけば、後続は脚を溜めるのが難しくなり、全馬末脚不発の逃げ切り!なんてことになるかも・・・・・?

馬券は馬連◎=〇▲☆と、3連複フォーメで◎=〇▲☆=〇▲☆△△△の12点を買ってみようと思います!

オールカマー予想
全力一点少年=素イチスイッチ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line