TOP > コラム > 覆面馬主【砂の6号】9月25日(日)中山6R・阪神12R予想
コラム

覆面馬主【砂の6号】9月25日(日)中山6R・阪神12R予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

今週の日曜日は、豪華GIIが2レースも行われますね。
東のオールカマーでは、グランプリホース2頭が早くも激突!馬券はこの2頭で決まりでしょうか?

そして、西の重賞は、菊花賞トライアルの神戸新聞杯。
こちらには、実は私6号の注目馬・カフジプリンスが出走します!

えっ!?『なんで砂専のくせにカフジプリンスに注目しているか』ですって?
このカフジプリンスは、未勝利時代にダート1800mに出走して、ずっと勝ちあぐねていた馬なんです。
7戦連続して同距離に出走して(0-2-0-5/7)という成績。2歳時には、現OPのケイティブレイブに5馬身ちぎられたこともありました。
そんな馬が、いつの間にか芝の未勝利を勝って、とんとん拍子に出世。いよいよ三冠最後のトライアルレース出走まで漕ぎ着けました。
未勝利時代から見続けていた身としては、なんだか“出来の悪かった子が、社会に出てから成功した”ような、そんな親心にも似た気分で見守りたくなります。
これから、一体どんなドラマを見せてくれるのでしょうか?

芝レースでどんなに出世しても『たまにはダートに里帰りしろよ!』という声を掛けたくなるのは、きっと私6号だけではありませんよね。


それでは、予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート2400mで行われる中山6R『3歳上500万下』。
この日はダートの特別競走がないので、みんな大好き!?ダートのマラソンレースをピックアップしたいと思います。

※今回は平場のレースなので、過去のレースデータはありません

データこそ掲載しないが、過去5年で4回中山開催で行われた同条件、距離2400mのレースは4つあり、その時の連対馬8頭の内訳は、3歳が5頭、4歳が2頭、5歳が1頭と、圧倒的に3歳馬が優勢だ。なお、牝馬の連対は1度もない。

また、連対した3歳馬5頭の傾向を見てみると、前走が芝レース=2頭、前走で未勝利勝ち=2頭、2走前に未勝利勝ち=1頭、となっており、前走で芝レースを使われた馬、もしくは近2走以内に未勝利勝ちのある馬が有力といえそうだ。

今年のメンバーで、この条件を満たすのはブライトガーランド、サンホッブス、ケイブルグラムの3頭。 この中で牝馬のブライトガーランドはマイナス評価となり、サンホッブスとケイブルグラムの2頭が最終候補として浮上する。


☆中山6R・結論☆

 ◎⑫ケイブルグラム
 ○⑨サンホッブズ
 ▲②トーセンアーネスト
 ☆⑧バイタルフォース
 △⑪サトノギャラクシー
 △⑬レオニーズ

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑫
 馬単⑫ ⇔ ⑨②⑪⑧⑬

少額で三連複フォーメーション(16点)

 1頭目⑫⑨
 2頭目⑫⑨②⑧
 3頭目②⑧⑪⑬


-----------------------
★☆おまけ、の阪神12R『3歳上1000万下』の予想☆★

おまけは、阪神ダート1400mで行われる『3歳上1000万下』をピックアップ。

このレースで注目したいのは、前走の端午Sでも期待した3歳馬◎ソーディバイン。
これまでダートは(2-1-1-2/5)という成績で、大敗を喫したのは上手くレースの流れに乗れなかった3走前のなでしこ賞の一度だけ。
スピードにまかせた、ややワンペースの走りをするタイプだが、強力な先行馬のいない組み合わせなら、好位抜け出しからの押し切りも十分に可能だろう。

なお、圧倒的な人気を集めそうなサトノファンタシーは、勝つ時には強い勝ち方をするが、負ける時には案外な内容でコロッと負けるタイプ。
これまで、それほど強い相手と戦ってきた訳でもないだけに、“来られても安い”のスタンスで、少し評価を下げてみた。


☆阪神12R・結論☆

 ◎⑦ソーディバイン
 ○①ペプチドウォヘッド
 ▲⑤サトノファンタシー
 ☆⑬コスモピーコック
 △⑩レッドウィズダム
 △⑭ナンヨーカノン
 △⑮アイファーサラオー

馬券の本線は単勝と馬単

 馬単⑦ ⇔ ①⑤⑬⑩⑭⑮

少額で軸1頭の三連複

 ⑦ = ①⑤⑬⑩⑭⑮

以上、6号でした。


私6号が担当するコラム
『砂の惑星から来た勇者たち』はこちら



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line