TOP > コラム > 覆面馬主【小鳥の7号】神戸新聞杯予想
コラム

覆面馬主【小鳥の7号】神戸新聞杯予想

馬キュレ
菊花賞最後の切符争いとなる神戸新聞杯。
リオンディーズとジュンヴァルカンが居ないのが非常にさみしいが、それはそれで仕方がない。

まずは結論から書いちまおう。


◎14サトノダイヤモンド
〇7エアスピネル
▲2ジョルジュサンク
☆5カフジプリンス
△8ナムラシングン
△12レッドエルディスト
穴4ロードヴァンドール

春の実績馬vs上り馬という対決の図式なんだろうが、正直春の実績馬は相当強い。
相当強いというのは世界規模で見ても現3歳世代牡馬は相当強い。
ラニを見ればそういう事がわかる。

そんなレベルの高い世代の、ダービー2着・4着、皐月賞3着・4着の馬が出る。
少々の成長力ではこのポテンシャルは追い抜けねーだろ。

それくらい、ポテンシャルが上のような気がする。

◎サトノダイヤモンドは、まぁダービー馬として扱っても問題ないくらいの馬だし、皐月賞でもきさらぎ賞以来のローテで不利もあって3着。上手くレースが運べていれば2冠馬と言われててもおかしくない馬だ。

〇エアスピネルはマイルの朝日杯で2着してることから距離を不安視されてるが、皐月賞のタフな流れを先行して4着に粘り込んだのはスタミナの証。実質は暴走したリオンディーズを差せなかった事で、ディーマジェ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズ、この4頭にはポテンシャルでは劣るとは思うが、言われるほどスタミナが無いようには思わない。

ただ、この2頭に隙が無い訳じゃない。
サトノダイヤモンドはダービーで痛めた爪。
これをケアしながらここに向かってきているだけに、8分程度の仕上げだろう。

だからなに?

というレベルの馬だから出る以上は勝ち負けだとは思うが、2着に取りこぼす可能性はゼロじゃないと見る。

エアスピネルは、菊花賞を見据えたレースをするという事は折り合い重視で控える競馬だろ。折り合えば一発はあるが、武豊のタメ殺しが炸裂しないとも限らない。そういう意味では、掲示板には乗ってくるだろうが、1着~5着まで可能性のある馬だわな。

さて、春の実績馬はそれでも軽い印にはできない。
そんな中、▲に指名したのがジョルジュサンクだ。

恐らくこのレースは逃げないだろ。
ロードヴァンドールを行かせて、内の番手か、さらにアグネスフォルテを行かせて、3番手ってところじゃないかね。
折り合いはつくからどんな競馬でもできるが、キレはそれほどある訳じゃないから、やはり前目からの好位差しが理想だろう。
そういう競馬をするにはもってこいの枠を引いた。

そして、驚いたのがセントライト記念だ。
ラジオNIKKEI賞で、勝ったゼーヴィントが出来95%のディーマジェスティに僅差の2着だった事。
これには驚いた。何が言いたいか?
もしかしたら、ラジオNIKKEI賞ってレベル高かったんか?
って事。

ジョルジュサンクは早め先頭で、最後は差されてコンマ3秒差の6着だったが、田辺曰く勝ったかと思ったのに・・・という事。
垂れた事をだらしないと取るか、よう頑張ったと取るか、の違いで取捨はわかれる馬だと思うが、俺はよう頑張った!の方に一票だ。

ゼーヴィントは当時54キロ。
ジョルジュサンクは56キロ。

ゼーヴィントはゆったり間隔を取って仕上がり良好でマイナス2キロ。
そして、ジョルジュサンクは、皐月賞→白百合Sと使って、輸送減りしてマイナス12キロ。
皐月賞の乱ペース、白百合ステークスでは変に絡まれる不利、そこまで休みなく使われた疲れが出たとしてもおかしくないタイミングだった。

こう考えると、ラジオNIKKEI賞はよくやったと見るべきと判断。
相手なりに走るタイプでもあるし、殆どのレースで上手く乗られてない事も事実。
上手く乗ってもらったレースでは、完勝している。
その上で、ディーマジェスティとゼーヴィントの着差を考えれば、この馬が好走しても驚けないので▲に抜擢。

☆は、1000万勝ちあがり組の中でも、前走衝撃的な下手乗りで惨敗し、人気を落としそうなカフジプリンスを抜擢。
新緑賞で買ったラヴィエベールは、日高特別を完勝。日高特別の2着ハナズレジェンドはモレイラが徹底的に褒めていた馬。そして、3着馬フォワードカフェはミッキーロケットがHTB賞で勝った時の2着。フォワードカフェを物差しにすれば、HTB賞の時は80%程度の出来で、日高特別の時は95%程度の出来。そのフォワードカフェを千切ったラヴィエベールに新緑賞で完勝しているカフジプリンスの方がミッキーロケットよりは上と見る。

それを言うなら、そのカフジプリンスに勝ってるレッドエルディストの方が上じゃないなのか?と言われそうだが、確かにポテンシャルはレッドの方が上かもしれない。ただ、久しぶりの右回りである事と、どうにも、春からの成長があまり見られない感じがする。成長力で言えば、カフジプリンスの方が別馬のようになっている。だからこそ、カフジプリンスを上に取った。

あれ?ナムラシングンは?
この馬は本当に困る。

上り馬というより、この馬も春の実績馬の一頭だと思う。
若葉Sでは勝ったと思った所を差し返された。
ハイレベルの皐月賞でコンマ8秒の7着はかなり立派。

ただ・・・
乗り易そうな馬では無い。
そして、若葉Sで差し返された時の池添が鞍上。
内で我慢させて、外に出してどれくらい伸びる?というようなレースをしてきそうで、ここは試走的な意味合いも強そう。しかも、この馬の適距離は2000mだと思ってるから、距離に不安を感じる。前走の派手な勝ちっぷりが印象に残り過ぎていると、あれ?思ったほど伸びねーぞ・・・なんてことがありそうなので△まで。

どの馬が逃げるんだ?
という意味で、穴に指名したのがロードヴァンドール。
競走成績だけ見ると、明らかに格下だが、逃げると少し怖い。
ジョルジュサンクの所でも書いたが、ロードヴァンドールが出遅れでもしない限りジョルジュサンクは逃げないと見る。
アグネスフォルテにしても、好位では回りたいだろうが、逃げる気はないだろう。
となると、太宰には「なにがなんでも逃げろ!」の指令が出ている可能性はある。
淡々とリズム良く逃げられると、こういう馬は怖い。

各馬菊花賞を目指している以上、折り合いは大事だ。
そういう意味では、道中おっ放してマクリを打つような競馬をするような騎手が見当たらない。
あるとすれば、和田のミッキーロケットがマクリに出る可能性はあるが、強引なマクリまでは打つまい。

となると、あ・・・残っちゃった・・・という可能性はゼロではない。
つまり、サトノとエアを相手に穴で2・3着の可能性があるのは、やっぱり前残りだよな・・・って事だ。

さーて、長くなっちなったが、問題は買い方だ。

エアスピネルに馬券圏外の可能性が有るとすると、そのリスクと配当を考えるとサトノとの2頭軸は考えづらい。

さてどうするか?

2パターン買う。

エアが3着以下のパターンとエアが来るパターン。

まずは、エアが3着以下のパターン。

馬単で
◎→▲☆△△穴の5点。

エアが来るパターン。

3連単で

◎→〇→▲☆△△穴
◎→▲☆△△穴→〇
〇→◎→▲☆△△穴

この15点。

神戸新聞杯は以上!


オールカマー予想

オフレココラム



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line