TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】オールカマー予想
コラム

覆面馬主【データの8号】オールカマー予想

覆面馬主 データの8号
覆面馬主・データの8号です。

さて、こちらでも中山コースの「ちょっとしたデータ」を公開します。

『中山ダ1800m』
「2015年以降、二本柳壮騎手は中山ダ1800mで16回の騎乗数があり、複勝率は約18%。しかし、その内、井門昭二氏か井門敏雄氏の所有馬に騎乗した場合、5戦して3連対。連対率で60%と数値が跳ね上がる」

ちなみに、土曜日も『ある条件である騎手が「複勝率70%超」』と紹介していた通りとなりましたから日曜日も期待しましょう!

なお、「ちょっとしたデータ」は阪神の方にもありますので、

覆面馬主【データの8号】神戸新聞杯予想

で、確認してください。


さて、オールカマーの結論です。

・追加データ

厩舎(中山芝2200m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・相沢郁厩舎
2位・尾形充弘厩舎
3位・中川公成厩舎
4位・杉浦宏昭厩舎
5位・池江泰寿厩舎

騎手(中山芝2200m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・田辺裕信騎手
2位・内田博幸騎手
3位・戸崎圭太騎手
4位・吉田豊騎手
5位・柴田大知騎手

血統(中山芝2200m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ディープインパクト
2位スクリーンヒーロー
3位ステイゴールド
4位ハーツクライ
5位キングヘイロー

それでは最終結論です。


まず、週中の「データ分析」を簡単に振り返ると、「GI組が強い」、「2200m組が強い」、「前走好走馬が強い」、「中山実績のある馬が強い」といった傾向です。

そして、本命は、前走の宝塚記念1着という実績のあるマリアライト。もちろん前走GI組ですし、前走2200m組ですし、何より宝塚記念で最も好走しています。しかも、中山は日経賞3着、有馬記念4着と重賞実績も十分。さらに14年のスイートピーSを最後に14戦して3着以内11回。加えて14戦中で掲示板を外していない抜群の安定感。軸馬としては申し分のない存在でしょう。

クリールカイザーは前走GIIIの七夕賞5着。前走で掲示板に載っていますので、今回なら前走好走馬の範疇です。とは言え、GIII組ですし、距離も2000m組という部分から加点はありません。しかし、中山の重賞はAJCC1着やステイヤーズS3着など実績十分。休み明けで走らない傾向は少し気になりますが、データからは十分に上位と判断です。

ゴールドアクターは前走天皇賞春組。距離データや着順データからは外れます。とは言えGI組に違いはありませんし、有馬記念1着という中山重賞での明確な実績があります。しかも、管理するのは厩舎データ上位の中川先生ですし、父スクリーンヒーローも血統データで上位。複数の面からデータの範囲内と見込んでいます。

サトノノブレスは前走宝塚記念組。今回のメンバーならマリアライトに次いで宝塚記念でいい成績。データからも十分に狙いが立ちそうです。

以下、ワンアンドオンリー、カレンミロティック、アクションスターまで。

◎⑦マリアライト
○②クリールカイザー
▲⑥ゴールドアクター
☆①サトノノブレス
△⑪ワンアンドオンリー
△⑫カレンミロティック
△⑨アクションスター

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


神戸新聞杯予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line