TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】神戸新聞杯予想
コラム

覆面馬主【データの8号】神戸新聞杯予想

覆面馬主 データの8号
覆面馬主・データの8号です。

土曜日メインの大阪スポーツ杯も3連単21070円的中!
先週に続いて的中ですし、GIシーズンを前に良い流れとなってきました!

さて、珍しく「データの師匠」の単勝推奨馬が明日は東西合わせて阪神の1頭のみです。「データの師匠」の単勝推奨馬を期待している方って、かなり多いらしいんですけど、期待していた皆さん、ゴメンナサイ!

ま、別に私が謝る必要は全くありませんが、せっかくなので今回は私から阪神コースのちょっとしたデータも公開しますね!

『阪神ダ1400m』
「2015年以降、川田将雅騎手は阪神ダ1400mで40回以上の騎乗数があり、その内、騎乗馬の父がサンデーサイレンスの孫世代の種牡馬(例えばキンシャサノキセキ)だった場合は、3回騎乗し、異なる馬で全て連対している」

『阪神ダ1400m』
「2015年以降、浜中俊騎手は阪神ダ1400mで40回以上の騎乗数があり、その内、4歳馬に騎乗した場合、60%以上の確率で3着以内に好走している」

どうですか?なかなか面白い数字ですね!
皆さんの馬券検討に活かされることを願っています!


ということで、阪神の結論です。

では、「データの師匠」の単勝推奨馬から
-------------------------------
阪神12R ◎ ⑩レッドウィズダム
(マイナス要素はスピード指数だけ)
-------------------------------


続いて、神戸新聞杯の結論です。

・追加データ

厩舎(阪神芝2400m・過去3年データ)
(※今回の出走厩舎に限定)
複勝率(出走5回以上)
1位・音無秀孝厩舎
2位・矢作芳人厩舎
3位・池江泰寿厩舎
4位・高野友和厩舎
5位・谷潔厩舎

騎手(阪神芝2400m・過去3年データ)
(※今回の出走騎手に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位・ルメール騎手
2位・岩田康誠騎手
3位・川田将雅騎手
4位・浜中俊騎手
5位・武豊騎手

血統(阪神芝2400m・過去3年データ)
(※出走馬の種牡馬に限定)
複勝率(出走10回以上)
1位ハーツクライ
2位ハービンジャー
3位キングカメハメハ
4位ディープインパクト
5位ダイワメジャー


さて、それでは最終結論です。

菊花賞トライアルですので、本来は次走を念頭に考えたいところですが、データ予想としては、その辺は無視していきます。

ちなみに、週中の「データ分析」から推奨馬に上げたのは、サトノダイヤモンド、ジョルジュサンク、レッドエルディストの3頭。

昔と違って、「今の菊花賞はスタミナの重要性が下がっている」という意見もありますが、それでも3000mですので、レース前の想定とは違った結果が出ることは珍しくありません。

例えば個人的に3頭の中で菊花賞の本命を打つなら、未だ3000m超の重賞を勝っていないディープインパクト産駒のサトノダイヤモンドやゼンノロブロイ産駒のレッドエルディストより、種牡馬としてのキャリアが浅く未知の魅力を秘めるヴィクトワールピサ産駒のジョルジュサンクに可能性を感じます。

実際、2015年以降に3000m超のレースで、ディープインパクト産駒は勝っていませんし、ゼンノロブロイ産駒も1勝のみ。一方、ジョルジュサンクは、ヒルノダムールで成功例のある母父ラムタラですので、なおのこと、そういった可能性を感じてしまいますからね。


ま、それはともかく神戸新聞杯の結論です。

週中の「データ分析」を簡単に振り返ると、神戸新聞杯は「前走GI組、もしくはGIII組が好成績」、「ダービー出走の2400m組、もしくは一定の条件をクリアしたそれぞれの距離(例えばラジオNIKKEI賞の1800m組)が好成績」、「前走6着以内が好成績」、「父サンデーサイレンス系が好成績」といった傾向が出ています。

そして、本命は前走ダービー2着のサトノダイヤモンド。上記の傾向にほぼ合致しています。父もサンデーサイレンス系ですし、乗り役も騎手データ1位のルメール。菊花賞はともかく、ここでは本命に決定です。

ジョルジュサンクはラジオNIKKEI賞組。ダービー組ではありませんが、サトノダイヤモンドと後述するエアスピネルを除くと、ダービー組はレッドエルディストが9着、それ以外は二桁着順と頼りない成績です。着順データなどを考慮すると自然とジョルジュサンクは上位候補に浮上です。それに阪神はすみれSで勝っていて結果を残している条件というのも魅力です。

以下、ダービー組からレッドエルディスト、前走2000mの1000万下条件を勝っているナムラシングンのほか、エアスピネル、ミッキーロケット、マイネルラフレシアまでを狙います。

なお、ダービー4着のエアスピネル(父キングカメハメハ)ですが、週中の「データ分析」でも書いた通り、このレースでミスタープロスペクター系はほとんど結果を残していません。好結果を出したのは僅か2頭。しかも、2頭ともダービーで連対実績のあるキングマンボ系のミスタープロスペクター系です。エアスピネルはキングマンボ系のミスタープロスペクター系ですが、ダービー4着と連対はしていませんので、データから5番手の評価に留める判断としています。

◎⑭サトノダイヤモンド
○②ジョルジュサンク
▲⑫レッドエルディスト
☆⑧ナムラシングン
△⑦エアスピネル
△⑮ミッキーロケット
△⑥マイネルラフレシア

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


オールカマー予想



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line