TOP > 競走馬 > 「レッドファルクス」良い伸び、感触よし!内目でも出る【マイルCS】
競走馬

「レッドファルクス」良い伸び、感触よし!内目でも出る【マイルCS】

スプリンターズSを連覇したレッドファルクスがマイルチャンピオンシップに出走する。スプリントGⅠ2勝と、スプリンターに思われ気味だが、安田記念では3着に食い込んでいるようにマイル適正も十分に高い。2度目のマイルGⅠ挑戦となる今回こそは、しっかりと1着の座を射止めたいところだ。そんなレッドファルクスについてまとめてみた。
レッドファルクス

【京王杯SC】得意の東京&重馬場で快勝!

10番枠からまずまずのスタートを切り、この日も中団からレースを進める。直線では馬群が横に広がり進路が開くと、重馬場ながら上がり3ハロン33秒7の末脚で豪快に差し切り重賞3勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 レッドファルクス(M.デムーロ騎手) 「嬉しいです。香港の時は状態はあまり良くなかったのですが、今日は前走の高松宮記念と同じ状態で良く、デキが戻りました。1600mは今日の感じなら大丈夫でしょう。本当に乗りやすく、賢い馬です。次も頑張ります」
inyofu (尾関知人調教師) 「前走の高松宮記念で重い馬場を走ったこともプラスになったのでしょう。持ち味のガッツを出して走ってくれました。安田記念に向かうためにはプラスになる競馬でした。状態を見て、反動がなければ安田記念に出走するつもりです」

【安田記念】マイル戦も克服し3着!

6番枠からまずまずのスタートを切ると、スッと控えて後方からレースを進める。直線では馬群の中で追い出しを我慢する形となったが、外に進路を切り替えると溜まっていた末脚がうまく弾け、サトノアラジンと0秒1差の3着に食い込んだ。デビュー2戦目以来となるマイル戦も克服し、成長した姿を見せつけた。
動画を見る
inyofu 3着 レッドファルクス(M・デムーロ騎手) 「すごく頑張ってくれました。1600mはギリギリです。スタートは出ましたが、リズムが大事な馬で折り合いはつきました。3~4コーナーは馬場の悪いところを通ってしまいました。直線はなかなか前が開かずに我慢する形になって、外に出してから頑張ってくれました」

【スプリンターズS】ゴール前で差し切り連覇達成!

昨年の覇者が意地を見せた。前哨戦を使わずに挑んだためか、スタートから鞍上のM・デムーロ騎手が気合をつけ続ける。中団につけて直線を迎えると、外に持ち出して進出を開始。じわじわ脚を伸ばし、勾配のある坂を越えると再加速した。ゴール前で一気に差を詰めると、レッゴードンキをクビ差差し切り、見事スプリンターズS連覇を達成した。
動画を見る
inyofu 1着 レッドファルクス(M.デムーロ騎手) 「とても気持ちいいです。パドックから具合が良いと思っていました。長く休みを取っても変わらない馬です。賢いです。僕と一緒で負けたくない気持ちのある馬です。スタートしてしばらくは反応が遅いのですが、手応えはずっと良かったです。速い馬場でしたが、手前が替わってからの伸びは素晴らしいです」
inyofu (尾関知人調教師) 「言うことのない枠順で、騎手が結果を出してくれると思っていました。道中は正直言って後ろすぎると思いました。届かないと思いましたが、すごい馬です。GIを勝って色々経験して、身につけていると思います。この後は高松宮記念で負けた悔しさもありますが、GIに全力投球でしたし、オーナーサイドと相談したいと思います」

【マイルCS】最終追い切り情報 初コンビも手応え十分!

inyofu マイルCS・G1(11月19日、京都・芝1600メートル)に出走するレッドファルクス(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)が15日、美浦のDダートコースで追い切りを行った。
inyofu 新コンビを組むCデムーロ騎手を背に、リミットブレイク(5歳500万)を追走。直線で力強く伸びて先着を果たした。Cデムーロ騎手は「乗りやすかったし、瞬発力とスピードがあると思った」と上々の感触をつかんでいた。

【マイルCSの傾向】過去の芝1600m以下のレースでの人気に注目

スプリント、マイルを問わずに安定した走りを見せるために、GⅠでも常に高い人気を維持しているレッドファルクス。その人気に関して面白いデータがある。過去10年の出走馬について、過去4走のうち直近の芝1600m以下のレースでの単勝人気別の成績を見てみると、1番人気に支持されていた馬は【5-2-3-15】、勝率20.0%と高い数値だ。今回もレッドファルクスは上位人気になると思われるが、やはり無視できない存在ではある。
inyofu 過去10年の出走馬について、過去4走のうち直近の芝1600m以下のレースでの単勝人気別に成績をまとめると、連対馬20頭中18頭は該当するレースで5番人気以内の支持を受けていた。

過去にスプリント路線からマイル路線までを制した馬はロードカナロアやタイキシャトルと名馬揃い。レッドファルクスも距離の壁を越え見事この中に列することができるか注目だ。初コンビを組む欧州の名手C・デムーロ騎手の手綱さばきにも期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line