TOP > 競走馬 > 「フィエロ」スピードはある!休養明けは雰囲気がいい【高松宮記念】
競走馬

「フィエロ」スピードはある!休養明けは雰囲気がいい【高松宮記念】

2014年、2015年のマイルチャンピオンシップ2年連続2着、昨年の安田記念を筆頭にここ2戦の阪神C、京都金杯と連続で3着とGIに届きそうで届かない上に、重賞にも縁がないフィエロ。もう8歳という事もあり、GI挑戦のチャンスも少なくなっている。持っている能力は間違いなく重賞はもちろん、GIも勝てるレベルにあることは間違いないフィエロについてまとめてみた。
フィエロ

【マイルCS】思った以上に反応が悪く...

好スタートを決めて、中団で脚を溜める。道中はスムーズに進み、4コーナーで外に持ち出して直線コースに向かう。イスラボニータの後を追って良く伸びていたが、残り100m辺りで勢いが鈍り他馬と同じ脚色になってしまい6着でゴールイン。
動画を見る
inyofu 戸崎騎手(フィエロ=6着)「雰囲気はよく、作戦通りにいきました。ただ、反応がひと息でした」

【阪神C】タイム差なしの3着!

15番枠からのスタートで終始外々を回される展開になった。4コーナーで外に持っていきながらスパートすると、そのままの勢いで直線で良く伸びて、ゴール前までしっかり脚を使ったが、3着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 3着 フィエロ(M・デムーロ騎手) 「おじいさんですが、よく頑張ってくれました。前の馬が早く下がってきて、外へ出すことになりましたが、最後まで良く頑張っています」

【京都金杯】またもや3着と運に見放される...

道中は中団、やや後方寄りのインで前のエアスピネルなどの有力馬を前に見る形。特にアクションを見せることなく、4コーナーを回っても馬群のなかで直線へ。馬群を縫って、追い込むが前の2頭を交わすまでには至らなかった。
動画を見る
inyofu 3着 フィエロ(S・フォーリー騎手) 「思っていた以上にペースが速かったのですが、前の馬が楽そうに走っていました。これではまずいと思い、位置を上げようと思いましたが、他の馬にブロックされてしまいました。思ったより後ろになりました。直線では前をこじ開けて、エンジンが掛かりましたが、最後の100mでは止まってはいませんが、加速度が変わってしまいました。勝った馬とは位置取りの差だったと思います」

【高松宮記念】直前情報 軽めの調整で馬の様子を確認!

inyofu フィエロは前日(20日)にウッドで上がりを伸ばす追い切りを行ったこともあり、馬場入りはせず、軽く体を動かして馬の様子を確認した。陣営は悲願のタイトル奪取に期待を寄せた。
inyofu 大當助手「去年の秋からの4走はいまひとつ状態が上がってこない感じもあったけど、今回の休養明けは雰囲気がいい。スタートさえ上手に出れば、距離1200メートルにも対応してくれると思う」

過去2走での芝1400m以上への出走歴に注目

inyofu 過去10年の出走馬について、過去2走以内における芝1400m以上のレースへの出走回数別に成績を調べると、「2回」組が連対率と3着内率でトップとなっている。また、「1回」組は4勝を挙げて勝率はトップとなっている。それに対し、「0回」組は3着以内に10頭入っているが、好走率では前記の2グループにやや離されている。芝1200mで争われる高松宮記念だが、近走で芝1400m以上のレースを経験している馬が好結果を残す傾向にあることは、覚えておいても損はないだろう。

初の1200mはさすがに不安が大きいが、昨年は同じディープインパクト産駒のミッキーアイルが2着など適性が全くないという事は無さそうである。最近の走りを見る限りでは脚は使うものの、ゴール前で脚色が鈍っており距離短縮で切れ味が増すのではという期待がある。能力はGI級、これまでに経験したことのない舞台でどこまでやれるのか楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line