TOP > 予想/馬券 > 3着馬は5番人気以下から!?【第50回スプリンターズステークス】予想まとめ
予想/馬券

3着馬は5番人気以下から!?【第50回スプリンターズステークス】予想まとめ

2016年10月2日(日)中山競馬場で行われるGI【第50回スプリンターズステークス】はその名の通り、秋のスプリント王決定戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(2014年新潟開催も含む)

inyofu ・スプリンターズS/人気データ

1番人気 (4-2-0-4)
2番人気 (1-4-0-5)
3番人気 (2-1-0-7)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (0-0-2-8)
6番人気 (1-0-1-8)
7~9人 (0-1-5-24)
10人以下(2-2-2-64)
inyofu ・スプリンターズS/馬齢データ

3歳 (1-0-1-9) 9.1% 9.1% 18.2%
4歳 (3-2-4-13)13.6% 22.7% 40.9%
5歳 (2-6-4-36) 4.2% 16.7% 25.0%
6歳 (2-0-1-34) 5.4% 5.4% 8.1%
7歳上(2-2-0-38) 4.8% 9.5% 9.5%
inyofu ・スプリンターズS/枠データ

1枠(1-0-2-15)
2枠(0-3-2-13)
3枠(0-1-2-15)
4枠(2-1-0-15)
5枠(2-1-0-14)
6枠(0-0-1-17)
7枠(3-2-2-10)
8枠(1-1-0-16)

・スプリンターズS/馬番データ

1番 (0-0-1-8)
2番 (1-0-1-7)
3番 (0-1-2-6)
4番 (0-2-0-7)
5番 (0-0-1-8)
6番 (0-1-1-7)
7番 (2-1-0-6)
8番 (0-0-0-9)
9番 (0-1-0-8)
10番(2-0-0-6)
11番(0-0-0-9)
12番(0-0-1-8)
13番(2-0-1-5)
14番(1-2-1-5)
15番(0-1-0-8)
16番(1-0-0-8)

・スプリンターズS/脚質データ

逃げ(3-1-0-5)
先行(2-4-3-24)
差し(4-4-3-49)
追込(0-0-3-37)
inyofu ・スプリンターズS/前走データ

セントウルS(5-5-4-46)
キーンランドC(2-3-4-29)
北九州記念(2-0-1-7)
安田記念(0-1-0-8)
高松宮記念(0-0-0-4)
CBC賞(0-0-0-2)
アイビスサマーダッシュ(0-0-0-3)
函館スプリントS(0-1-0-5)
京成杯AH(0-0-1-5)
京王杯SC(0-0-0-2)
OP特別(0-0-0-5)
海外(1-0-0-11)

・スプリンターズS/前走着順別データ

1着  (2-3-2-26)
2着  (3-0-2-12)
3着  (0-2-0-8)
4着  (1-1-1-10)
5着  (0-0-2-11)
6~9着(2-1-3-32)
10以下(2-2-0-29)

・スプリンターズS/前走人気別データ

1番人気 (5-2-1-19)
2番人気 (1-2-4-14)
3番人気 (1-1-2-16)
4番人気 (2-1-0-10)
5番人気 (0-1-0-8)
6~9人 (0-0-3-31)
10人以下(0-2-0-20)
inyofu 連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-0)
3週(5-5-5-51)
4週(0-0-0-1)
5週~9週(4-3-5-45)
10週~25週(1-2-0-28)
半年以上(0-0-0-5)
inyofu △単勝50倍以上
(0-0-2-45)
×7歳以上の関西馬
(0-0-0-18)
△牝馬で当日4番人気以下
(0-0-4-24)
△追い込み
(0-0-3-37)
×前走G2・G3で10着以下且つ当日7番人気以下
(0-0-0-19)※外国馬除く
△前走G2・G3で6番人気以下だった4歳以上の牡セン馬
(0-0-1-32)
△明け6戦以上
(0-0-2-31)
inyofu 3着馬は5番人気以下から

過去10年の単勝人気別成績を調べると、好走率で上位となっているのは「1~3番人気」の馬で、中でも「1番人気」「2番人気」の連対率は50%以上の数値となっている。興味深いのは、3着馬10頭全てが「5番人気以下」組から出ている点だろう。3着馬を予想する際には、下位人気馬を狙ってみるのが面白そうだ。

中山1200m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 横山典弘(16-7-12-56)17.6% 25.3% 38.5%
蛯名正義(12-6-10-75)11.7% 17.5% 27.2%
田辺裕信(9-10-13-84) 7.8% 16.4% 27.6%
戸崎圭太(8-10-9-43) 11.4% 25.7% 38.6%
内田博幸(4-6-3-64)  5.2% 13.0% 16.9%

武豊  (3-3-2-10) 16.7% 33.3% 44.4%
福永祐一(3-2-3-9)  17.6% 29.4% 47.1%
M.デム(3-2-0-8)  23.1% 38.5% 38.5%
岩田康誠(3-0-1-16) 15.0% 15.0% 20.0%
大野拓弥(2-3-4-77)  2.3% 5.8% 10.5%

川田将雅(2-1-1-4)  25.0% 37.5% 50.0%
和田竜二(1-4-0-8)  7.7% 38.5% 38.5%
池添謙一(1-1-1-3)  16.7% 33.3% 50.0%
松山弘平(0-1-1-4)  0.0% 16.7% 33.3%
浜中俊 (0-0-0-6)  0.0% 0.0% 0.0%

川須栄彦(0-0-0-4)  0.0% 0.0% 0.0%
inyofu サクラバクシンオー(20-7-11-155)10.4% 14.0% 19.7%
キングカメハメハ (7-8-5-60)  8.8% 18.8% 25.0%
ダイワメジャー  (8-13-5-81)  7.5% 19.6% 24.3%
サクラプレジデント(7-3-3-31)  15.9% 22.7% 29.5%
スウェプトオーヴァ(6-9-2-76)  6.5% 16.1% 18.3%

ディープインパクト(5-1-5-29)  12.5% 15.0% 27.5%
アドマイヤコジーン(3-5-4-22)  8.8% 23.5% 35.3%
キンシャサノキセキ(3-3-2-22)  10.0% 20.0% 26.7%
ヨハネスブルグ  (3-2-3-19)  11.1% 18.5% 29.6%
ストーミングホーム(0-2-3-22)  0.0% 7.4% 18.5%

アグネスタキオン (0-0-1-12)  0.0% 0.0% 7.7%
アルデバラン2   (0-0-0-9)   0.0% 0.0% 0.0%

連覇は濃厚 ビッグアーサー

inyofu 昨年のスプリンターズSは収得賞金不足で出走できず、しかしオパールSを余力を余して3馬身差で圧勝して意地を見せた。高松宮記念、セントウルSを連勝。スプリンターズステークスを制覇しスプリント界の絶対王者であることを示したいとこだ。前半が緩いカーブのため距離ロスの大きい外枠を引かない限りスプリントG1連覇は濃厚と思われる。
昨年のスプリンターズSは収得賞金不足で出走がかなわなかったが、今春の高松宮記念を制してスプリント王の座に輝いた。

使った方が好走できないタイプ ミッキーアイル

inyofu 高松宮記念からの直行というローテーションが気になる方がいるかもしれませんが、休み明けの成績は決して悪くなく、むしろ色気を出して2戦目、3戦目と使った方が好走できないタイプです。 昨年のスプリンターズステークスは行きたがるところを無理に抑えての凡走でした。 この馬は陣営の逃がしたくないという考えから無理に抑え込む競馬が続いており、凡走を繰り返していました。それがようやく今年に入り、積極的な競馬をするようになりました。 そして阪急杯1着、高松宮記念2着と結果が出ております。 こういった背景から今回もこの馬の行く気に任せる競馬をしてくると思います。 高松宮記念は前半3ハロン33.0という厳しいペースを先行しながらも粘り切こんで2着となりました。 前半から飛ばしていく競馬で結果が出ているのは、今回のメンバー構成を見る限り、プラスと捕らえていいと思います。
前走の高松宮記念(2着)以来約6か月ぶりの実戦になる。キャリアを重ねるごとにスピードに磨きをかけており、昨年(4着)以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

スタート次第 ダンスディレクター

inyofu 依然としてスタートに課題が残る馬で前走は脆さが出てしまった感じ。
笹田厩舎自体は一つ叩いて状態面を上げて来る厩舎なので今回は期待ですが
前走でも仕上がりは良かったと思うので状態云々よりスタート次第だろう。
上手くスタートを切って好位置で競馬できれば鋭い脚を持っているし
この馬が仮に突き抜けて勝ったとしても驚きはしない。
2度ビッグアーサーに先着した実力馬。脚部不安による約7か月半の休み明けだった前走のセントウルSは7着に敗れたが、今回は1度使われた上積みが見込めるだけに、本領発揮が期待できそうだ。

まだ隠し持ったギアがある シュウジ

inyofu 3歳春シーズンはマイル路線を歩んだこともあり不発が多かったが、スプリント路線に戻ってからは本来の力を発揮して重賞で連続2着と一定の力を示してはいる。ただ、近走の走りを見るとまだ隠し持ったギアがある…というか本来の力を発揮できていない感も。前走のパフォーマンスが現状の能力ならば今回は苦戦だが、もっと脚を溜めて運ぶことができればもうワンランク上の能力を発揮できる可能性もある。
函館スプリントS、キーンランドC2着とスプリンターとして頭角を現し始めた3歳馬。夏場を順調に使われて体調面は万全だ。

内枠の方がベター ブランボヌール

inyofu 古馬混合のGIは初ですのでディープインパクト産駒としてはプラス材料です。前走+20キロで勝った反動が心配なので大幅な馬体重の増減だけは心配したいです。それなりに集中力もあるので内枠でも全然問題ないです。むしろ鮮度もありますので内枠のほうがベターだと考えます。ペースが速くなっての差しに回る位置取りショックも有効的だと考えます。楽しみな一頭です。
1200mの距離は負け知らずと、3歳世代屈指のスプリンター。全3勝を函館と札幌で挙げ、洋芝への適性の高さを示している分、今回は時計勝負への対応が鍵になる。

枠順に注文がつかない差し馬 レッドファルクス

inyofu スウェプトオーヴァーボード産駒。母の父サンデーサイレンス。
欅S(ダ1200m)、CBC賞を連勝。特にCBC賞に勝ち方は圧巻、4角9番手から32秒7の豪脚で豪快に差しり、芝重賞でも勝ち負けできる実力があることを示した。末脚を生かせる厳しい展開になることが多いG1スプリンターズステークス、枠順に注文がつかない差し馬。外枠でも良し、内なら高速コーナーの3・4コーナーで馬群全体が外に膨らんだとこを内から差しきることも出きる。
前々走の欅S→前走のCBC賞を連勝。ここにきての充実ぶりは目を見張るものがある。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回の神戸新聞杯でまたもや紐抜け。。。。
セントライト記念といい、不動の軸はしっかりしているし押さえる馬も合っているが買い方が下手
回顧するとサトノダイヤモンドは順当。ミッキーロケットは正直ここまでやれると思っていなかった
対抗のカフジプリンスも4着と奮闘、長距離適正はあるので菊花賞も狙いたい
エアスピネルは後ろから行って5着。なんとかしようと陣営が試行錯誤してるが
元気なうちにマイルに戻して欲しいと願うばかりだ。

今回は久しぶりのGIスプリンターズステークス
ここも一頭不動の軸がいるが予想は

①◎ビッグアーサー
➄〇シュウジ
⑮▲ミッキーアイル
⑬△レッドファルクス
⑪×ダンスディレクター
②☆ブランボヌール
④☆ソルヴェイグ
⑫☆レッツゴードンキ
⑭☆ウリウリ

本命はビッグアーサー
消去法でどうしても軸にせざるを得ない
要因としては1200mには絶対的な自信を持っている事。
今年に入ってずっと1200m戦を使い続けている馬は本馬含めて3頭のみ
ようやく距離適正を掴み始めた他馬達に負けるとは思えない。その証拠が前走のセントウルS
休み明けで58kgを背負って逃げて勝った馬は少なくとも距離改正以降、前例がない。
また他のメンバーの大半が乗り代わり、乗り代わりでのVは07年アストンマーチャンのみ
崩れる要因を揚げるなら、初めての中山コースと騎手が守りの競馬をした時だろう。
あと父サクラバクシンオー産駒の成績が0-0-1-23の血統面これがネックで1倍台はなさそう

対抗はシュウジ
函館SS、キーンランドCで2着。
先行して結果を残しているだけに、このメンバー構成では優位に立てそう。
1200mならこの中に入ってもヒケを取らない力を持っている。
モレイラ騎手曰く前走負けたのは能力の差じゃないとの事
不安は55kg以上での良績を残していないので
来年のスプリント界を引っ張る存在になる為にも好結果を残してほしい。

単穴はミッキーアイル
高松宮記念は、あと一歩のところで交わされての2着で、力差はないだろう。
先行好位の競馬より逃げた方が8戦7勝と安定している
逃げてしまえば、そのまま勝ち切る可能性も高いため、侮れない1頭だろう。
またスプリンターズステークス直行は〇
この馬は間隔をあけたほうが良いタイプ。ローテに関しては問題ないと思っている。
不安はロードカナロアしか勝っていない8枠

馬券はビッグアーサー軸も頭固定は禁物

◎→〇▲△の馬連3点が本線

◎→〇▲→〇▲△×☆☆☆☆の3連複フォーメーション せめてGIくらいは当てたい!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line